リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

リュート音楽のひととき17

2017年03月20日 21時29分59秒 | 音楽系
リュート音楽のひとときシリーズも17回目になりました。第1回は2006年頃でしたから、もう10年以上やっています。会場もほとんどが名古屋市内のミューズ音楽館内のミューズ・サロンです。リサイタルがある年は、この「ひととき」は年1回またはナシというときもありましたが、年2回開催というのを目標にしています。

19日のコンサートではアーチ・リュートを取り上げてみました。ルールデス・モレーノ・ウンシージャ作のアーチ・リュートはアンサンブルで使うことが多かったのですが、今回は12月からのソロコンサートではずっとソロ楽器として使用しています。この「ひととき17」は、一連のコンサートシリーズの第5回目にあたります。

この一連のソロコンサートは、ほぼ同じ曲目で会場を変えて7回行う予定です。実はプログラムは、各回少しずつ異なっています。2月のコンサートではテオルボも演奏しましたし、12月はクリスマスソングやヴァイオリンとのデュエットも演奏しました。1回分のコンサートより少し多めの曲を用意しておいて、その中から各会場向けに少しずつ異なるものを組んでいくというやり方をとっています。

会場は、名古屋市内が3回(非公開のコンサートも含む)、あとは碧南、桑名、豊橋、東京です。次は東京です。ひととき17とほぼ同じですが、少し変えたものでいく予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修理完了 | トップ | 東京公演 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまねこ)
2017-03-21 10:49:15
リュート協会さんから、先生の東京公演の案内が来ました。26日ですね。
ぜひ行こうと思います。
特に、バッハの997については、私も長年苦労の多い曲でありましたし、先生の演奏を最前列でお聴きしたいと存じます。
それと演奏会は19時からですが、その後はすぐにご帰宅または都内宿泊先へ向かわれますでしょうか。

大変に不躾がましいいのですが、お疲れだと思いますが、もし、お時間ちょとでも許せるのでしたら、軽く一杯(軽くお食事)でもしながら、お話できませんか。
先生に一度お目にかかって、ご挨拶申し上げたいですし、楽器や演奏、ご高説を拝聴したく思います。

お時間取れずでしたら、開演前に楽屋にてご挨拶だけでも。
re (nakagawa)
2017-03-21 23:49:41
26日のコンサート是非お越し下さい。終演後どこかで食事でもしようかと考えていますので、ご一緒にどうぞ。当日は東京泊(本郷の近くの東京ドームホテル)ですので、ゆっくりとお話できたらと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む