こんにちは「中川ひろじ」です。あなたの思いをつなげます。

中川ひろじが日々の活動や思いをつづっています。脱格差社会、一人ひとりの思いをつなげ自立したコミュニティをつくりましょう。

最大限効果を発揮するためのストレスマネジメント

2016-09-15 22:21:55 | 健康福祉

自身も後に発達障害であったと認識した臨床心理士の高山恵子さんのお話が、伊那中央病院であり出席してきました。

いくつか私の心に残ったキーワードを紹介します。

作業記憶障害というものがある。「うっかり」「気がそれる」=悪気はない=「待てない」

ダメな子、ダメなママはいない!

障害の受容ではなく特性の受容が必要。特性の理解=この子にあった条件があるのでは、いちばん能力が発揮できる条件は何?

マズローの欲求の階層=生理的・身体的欲求>安全欲求>所属・愛情欲求>セルフエスティーム(自尊心)欲求、これらの欲求が満たされていなければ、認知的欲求>審美的欲求>自己実現欲求は起きない。

「聞いていない」ではなく「聞こえてない」、「わからない」のではなく「わかる指示をだす」

失敗しても幸せになれる

やる気スイッチ

存在と行動を分ける=子どもの存在は常に〇、子どもの言動が時々△=否定形で命令しない、すべき行動を指示=「走っちゃダメ」→「歩こうね」、「大きい声を出しちゃダメ」→「声のボリュウムをゼロにしようね」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20160913 第15回信大シンポ... | トップ | 伊那三題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL