小麦句会 on blog

俳句「麦の会」の句会のひとつです。
ネット句会を月二回行っています。
この句会は誰でも参加できます。

第366回小麦句会投句一覧(9/22選句締切日)

2017年09月17日 12時48分30秒 | 15日句会

こんにち。

大変お待たせいたしました。

兼題:語
秋たかし御籤に英語・台湾語   
帰る時芒が資材置き場揺れ    
法事終へ姉妹散り散り秋燕             
古語辞典ひらく夜長の物語  
ラジオより隠語噴き出る秋の暮   
語り部の手の深き皺昼ちちろ   
ミサイルの飛ぶ空を去る燕かな 
ご依頼が難解カンナ外来語 
夢語り愚痴もこぼして秋の酒      
イタリア語が似合う入江の月の舟      
猫語人語語れぬ同士秋麗ら 
チャイナ語の飛び交う異国十五夜会  
語り部は足袋に胡座の月見酒 
曼珠沙華梵語の彫られし五輪塔  
物語始まる予感星月夜  
虚報癖語る悲しさ草雲雀        
冷まじや英語教える幼稚園 
語り部の間合いちきちき飛蝗飛ぶ  
 
テーマ:帰る・去る
エアメール秋の波間に「左様なら」  
芒原牛舎へ帰る牛の群れ  
ビラ流す帰燕三駅巣がならび 
ふくれつつ海に傾く鷹柱   
去り際のひとことが好きラフランス  
燕帰る日よ覚えず涙せり 
我が笑顔待つ家の窓青葡萄     
帰去来の辞に吹く秋風飄々と  
旧友(とも)行きぬほろ酔ふコートひるがえし  
去ぬ燕核実験を避けるごと  
今年もいい年だったと蛇穴に   
秋燕逢いたき南十字星  
人去りてホームに残る虫の声     
青栗の雨に輝く村に帰ろう        
去る者は自働車の中虫が鳴く   
鼻濁音に手子摺る仏語蔦紅葉         
夕月に鳥は忍びて北帰行 
落蝉を拾い抛れば飛び去れり  
 
雑詠
ズーズー弁浴びてほっこり芋の秋  
掌に転がす言葉星月夜  
やさしい光に秋野の柵が朽ちてゆく      
加速する記憶の摩滅そぞろ寒         
靴下の穴の色々小鳥来る  
しばらくは帰燕の空を惜しみけり 

言い訳をして颱風圏の端に居る  

山眺め猫哲学す秋の暮  
主婦がする夜食の用意町工場  
秋の薔薇少女が耳に穴開ける  
生き残る竹馬の友と秋の酒  
スキャンダル誤魔化しようにも虫すだく  
体かはすバイクの街を夏の旅  
藤村が唾吐く派閥雁瘡と 
門響き秋のビールの酔ひ深し   
夜業の灯じやこ屋にじやこの匂ひして   
野の声を闇夜に残し鉦叩  
蟷螂の鎌は威嚇の異星人 
 
★★★
 
選句数(6句選です。)
特選◎1句
並選〇5句
コメントをお忘れなく。
もちろん選外の句で気になる句がありましたら、コメントしてください。
 
まきえっとあてメールで投句してください。
makietto@nifty.com
 
締切:9月22日(金)24時
 
↓選句前に再度確認しましょう。
☆カテゴリーにある小麦句会への参加方法をクリック☆よくお読みください
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第366回小麦句会告知(9/15投... | トップ | 第366回小麦句会結果発表 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

15日句会」カテゴリの最新記事