柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・

年寄りが日向で居眠りしながら、色々と、昔のこと、これからのことなどなど、ぼやきます。

まさか? 「人生、色々あらぁな」でいいの、慎太郎さん-改10/20

2016-10-20 14:32:19 | なあ、せんせ。

 <このところ、オリンピックのボート会場で騒がしくなっているみたいだけれど・・・>
 <10.8初稿>

 なあ、せんせ。
 時雨がわびしいねぇ。
 桜の葉も、柿の美しいグラデーションも、バラバラと風情なく散って、庭を埋めている。
 ボロ屋根を叩いている雨音も滲みるね。
 じいさんはテレビを見ている。
 世の中も、やたらと時雨れてるじゃあないか。
 昼のバラエティは騒々しいが、どこも似たような話題だ。
 
 東京問題が続いているな。
 豊洲の空洞・オリンピック問題。
 政治家の問題なのか、役所の問題なのか。
 知事になったばかりの小池さんが、一人奮闘している。
 小池さんは、バックに一身を擲ってモヤモヤを晴らそうという地位もある幹部を揃えないといけないだろうが、組織はそんなに理屈でうごくものでもないよ。
 
 なあ、せんせ。
 とくに、豊洲の問題は、ありゃあ、なんだね。
 知事がころころと変わったこともあるだろうが、それぞれのお役人が「仕事」をしてないじゃあないか。
 ボロが出てくる。
 それを説明すると、また繕った跡がでてくる。

 小池知事の答弁だって、その基をつくるのは役人からのレポートだ。
 それが信用できなくなってきたら、どこに真っ当な「芯」があるのだ。
 そうなると、小池さんが壊れてしまうぜよ。
 ウソを完遂させるには、次から次へとウソを重ねなくてはならないが、それが政治かい。
 
 じいさんは、元凶は石原の時代にあると睨んだ。
 石原は、小池の探求のターゲットにも入っている。
 そのあたりにおける、石原の言動も変だよなあ。
 最近、突撃レポートは拒否するという
 <レポーターのカメラはそんな堕言(駄弁か?)も、みんな拾って、世界中に発信されるんだぜ。ご存じないの>

 それで、「紙での質問に紙で答える・・・」だって、
 その言や、小説家らしいが、創作でもするつもりか。
 そりゃあダメだよ。
 慎さん! 
 あの、当意即妙にカッコいい応答をしてきた人とは別人になったのか。

 この問題は、フィクションではダメ。報告は全部事実でなければならない。
 かつての偉丈夫然とした男はどこに行ったのだ。
 あの参院全国区で何百万の票を稼いだ巨星は、内部崩壊して、腑抜けの矮星になったか。
 じいさんは、それで、一句ひねった。

  石原は障子に孔を開けただけ

  これでは可哀想なので、もう一句。

  裕次郎そっと叱りに出て来ぬか

 芯になるところを、自分で答えなくてはならない。
 お役人たちの、しどろもどろは、誰かをガードしようとしているのかと邪推する。
 
 もう叱れる人は、裕次郎さんしかいなくなった。
 天国から召還して、
 「なあ、兄貴。そりゃあ、だめだぜ」といってほしいだろうな。
 
 小説家は、「人生、いろいろあらあな」でいいかもしれないが、先生の真価が問われることになりそうだ。
 ここで「漢(おとこ)」になれるか、ただの「お騒がせマン」で終わるか。
 外野のじいさんの邪推が当たるか。
 さてさて、雨は止みそうもないな。2016.10.8/10.9/10.19/

 小池さんが文書で質問した、要求通りに。
 先ほどのニュースで、回答があったようだ。中味はまだ「精査してないから、コメントできない」らしい。
 でも、「そんな昔のことは、覚えていないね」ということらしいな。
 「カサ・ブランカ」かい。
 ぬらくらと逃げ回る準備をしても、そうはいくまい。
 
 小池さんが、「過去の栄光にキズがつかないようにふるまえ」と、きついことを言ったようだ。
 本当に言葉巧みだねえ。
 ひるおびでも、誰かが褒めていた。天性だね、きっと。
 
 もしさあ、なあ、せんせ。
 せんせが小池さんだったら、次はどう攻める。
 慎太郎さんが行き詰まる手はあるかい。

 彼は震央なんだ。
 昔の部下が、キズが表に出ないように、必死で、自分も責められ、場合によっては刑事責任まで問われようとしているのに、ハンフリー・ボガードの真似なんかしている。
 そこでだ、なあ、せんせ。
 
 こんなのは、どうだ。
 石原に「質問状を公開する」がどうだ、と伝えるんだ。
 いままでに明らかになった事実を、きちんと時系列で示して元知事の「意向」のようはものが現場に及んだのではないかとおもうんだが、それを「きちんとした回答がなければ、公開するがどうか」と、やるのさ。
 <その動き、出てきたね。じいさんより1week遅れてるぜ。これじゃあ追及の矛先もweakになるぜ。ふふふ 10/20>

 だれが元凶かを追求するのが一番ではない。
 新しい豊洲を「安全・大丈夫」にするためにどうするかが一番のはずだ。
 裕次郎は戻ってはこない。
 慎さんは、自分ではっきりさせなければならない。
 「記憶に残ってない」なんて、ロッキード事件みたいに言い逃れしないで、当時の役人も含めて、きちっと答えなよ。
 逃げるなよなあ。
 人間なんてマシンはいいかげんなものだが、記録は残されている。それを明らかにしろ。それで、自分が追及されても致し方あるまい(10/20)。
 
 石原よ、「漢」になれ。
 裕次郎に合わす顔つくっておけよ、生きているうちだ。
 この対応次第では、裕ちゃんのいる天国には行けないぞ。2016.10.14/

  じいさんは、
 
 慎太郎イグ・ノーベルを狙ってる  なあんて遊んでるが・・・10/17

 

 

 

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「天気予報」のことば改訂 1... | トップ | 惑星ニビルのはなし+α »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。