柊じいさんの、ぼ・や・き・

年寄りが日向で居眠りしながら、色々と、昔のこと、これからのことなどなど、ぼやきます。

ゴトンゴトン、睡魔がきたね

2017-02-22 09:57:08 | 日記
お題「寝台列車に乗ったことある?」に参加中!

 いい「お題」ですね。
 じいさんも年をとってしまったけれど、、「寝台列車」というのはロマンがあったね。
 じいさんが乗ったのは、40~50年も昔だ。
 レールの節目で、車輪の音がした。たぶん、1秒に1回だったかな。
 そのゴトンゴトン出、眠りにつく。良いリズムだった。
 当時のレールは、たぶん30メートルくらいだったか。それをボルトで繋いであった。
 今はそのつなぎ目を溶接してあるから、たぶん、「すーーーーー」という音しか聞こえないだろう。
 つなぎ目は、夏の気温でレールが延びて変形するのをカバーする隙間だった。「遊び」という言葉も聞こえた来たな。
 1秒に1回だから、その3.600倍(60×60)で、時速は約100キロか、なんて、足りない知恵を絞っていると、睡魔が訪ねてきたね。
 ーーーー目覚めると、車窓に水芭蕉の花が見えたっけ。
 遙かな昔だ。2017.2.22/

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり18世紀を引きずって... | トップ | 「口下手」の効用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL