goo

オイル交換(8年2ヶ月・74,350km)

ボディーのリフレッシュが終わったら、今度はエンジンオイル。 僅か3,000kmでの交換は、サブコン(レースチップ・アルティメイト) を頻繁に使って居る事や、最近、長距離日帰り出張が続いていて、 オイル交換のチャンスを逃したく無かったので、その予防策です。 次はDSGオイル交換も視野に入れています。 ドイツ情報だと、高性能エンジンの場合、 20,000km毎の交換が長持ちのポイントだとか。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2年ぶりの磨き(8年2ヶ月・74,330km)

カラヴェルの入院や、父の入院なども重なり、 お肌のお手入れが疎かになってしまったピレリ。 父の体調が若干安定したこの時期に入庫しました。 <入庫前> 会う方から「いつも綺麗ですね」とお世辞でも言われると嬉しくなりますが、 最近は億劫になって機械洗車ばかり。時には深夜のタクシー洗車に突っ込んで 泡アワで洗ってもらう時もありますが、基本はお肌に良くない機械洗車・・・。 機械洗車だと、細か . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エンジンコーティングとミスリル塗装

更新がご無沙汰になっていました最近のお仕事。 ブログ掲載OKを頂いた方の作業をご紹介します。 <GOLF 7 GTI> S氏所有のゴルフ7GTI。内外装、エンジンルーム、足回りの 数々の高価なアフターパーツは伊達でなく、 何とサーキットで走行されているそうだ。 問題は発熱(放熱)とのこと。 距離は15,000kmを超えているので、サーキットを走るには 車両に少しずつストレスがかかり始 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

未来予想 2020年代前半

※6月3日追記。 <序章> フォルクスワーゲングループは、いつも世界的ヒット作品を出しますので 次のモデルが出るには、大変な苦労と大量の試作が行われます。 また同時期に極端に方向性の違う二つのモデルを作らせて、 それによる社内派閥をもあえて作らせてしまう企業体質が特徴です。 (負けた派閥は優秀な技術者や有力者でもアウディ行きなんですけどね) これは一見、無意味な行動に見えますが、ナショナリズム . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォルクスワーゲンDAY 2017

先週末、お台場で3日間行われた「フォルクスワーゲン・デイ」に行って来ました。 (※VGJ社員日は27日に開催) 僕が行ったのは初日の5月28日(土)の夕方5時半。 閉園まで30分前に到着したので、多くのクラブブースはお帰りの時間。 ガラーンとした空間に、痛車のゴルフが! (初めて見るゴルフの痛車に衝撃を受け近くに行けず・・・) 反対側のポロクラブの皆さんに寄りそう僕。 園 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

奥三河をちょっとドライブ

5時過ぎに東京で友人をピックアップして東名で西へ。 朝食頃には浜松に到着。 午前中には所用を終えて、新城辺りをドライブしてみました。 車好きにはラリーで有名な場所ですね。 旅好きの方には、奥三河という表現が良いのかしら。 どうやら名古屋市内の人も普段は訪れない場所のようですが、 新東名が出来てからアクセスが格段に良くなったそうです。 以前、南信方面から豊橋までこの辺をドライブしながら走った事 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オイル交換・・・

【88,900km+94,614km=183,514km】 作業日:2017年5月9日 レカロシートを導入してから、本当に疲れ知らずのカラヴェル。 レカロヴェントは背中に汗を貯めないので、不快を感じず助かります。 オーバーヒートしがちなエンジンの冷却も抜群で、 気になり始めたのはオイルかな? という程度。 今回もオートサービスヤマダさんの所でボトルキープしている 「バーダル・スーパー . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夏タイア&エアコンフィルターを交換

【88,900km+94,400km=183,300km】 作業日:4月30日 もう雪は降らないだろうと、夏タイアを倉庫から出して来ました。 パサートW8純正(BBS RS800)にミシュランといういつもの夏パターン。 プライマシーなので雨には多少弱い気がしますが、それはパイロットスポーツとの比較で ゲリラ豪雨の中、140km/hで巡行しないのなら(日本ではあり得ない)問題ありません。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

働くフォルクスワーゲン(日本編)

昔から日本では働くフォルクスワーゲンが存在します。 古くは空冷ビートルのタクシー(メキシコではなく1950年代の東京!) そして、広告看板として使われた1950~70年代のタイプⅡトランスポーターだ。 最近はレストアされて、移動カフェなどでも使われていますね。 法人登録されるフォルクスワーゲンのPKW(乗用車)は今でもあるものの ステッカーなどで会社の広告がされており、役員ではなく従業員が 乗 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8年目に突入 / Fブレーキパッド交換(8年・72,690km)

※作業日:2017年4月7日 高速の出口などのブレーキングで、フロントから軽いジャダーが出て来た上に、 踏み始めの効きが悪くなったので、パッドを交換する事にしました。 外して頂いたパッドを見れば一目瞭然。 左はローターの傷が付いて居るものの、スリットは健在です。 右は完全にスリットが見えません。 厚さ的には、まだまだ使えるものの、 ハイスピード走行では不満が出るレベルで . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォルクスワーゲン、再編とともに急速に前進

VPR17-033 2017年5月8日(月) フォルクスワーゲン、再編とともに急速に前進 → ブランドCEOディース:自動車業界で主導的役割を目指す → ブランド史上最大のニューモデル攻勢を開始 → 2017年第1四半期の業績は、年間を通じての追い風となる → 未来のための協定:対策を早急に実施 → SUV攻勢とeモビリティを引き続き強化 → 各地域における再編プ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レカロ装着と各種整備(2)

【88,900km+92,967km=181,867km】 ユタカモータース滞在期間⇒ 2016年3月5日~20日 <ついにカイパーレカロ製品を導入> 長年の懸案だったのは、純正のフロントシート。 欧米の大男がラフに乗り降りしてもトラブルの出ないシートには、 アームレストが左右に装備され、ランバーサポートとVR6エンジンとが相まって ロングクルージングには最高のコンビネーションです。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

レカロ装着と各種整備(1)

【88,900km+92,967km=181,867km】 ユタカモータース滞在期間⇒ 2016年3月5日~20日 ある日、大きなVA純正箱がドイツカッセルから豊橋本社経由の航空便で自宅に届いた。 マニアックな話を書けば、ドイツからコンテナで運ばれ、 豊橋本社内パーツセンターで検品を受けて 日本のVA箱に入れられて発送されて来ます。 皆さんのワーゲンやアウディもこのような丁寧な作業をを . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新型「up!」 (2017年)

Volkswagen Press Information The New up! 2017 年 4 月 注記:  本資料は VWAGが製作した原稿に基づき、日本仕様にあわせて装備、数値などを加筆修正しています。  以下、表中で車両名を短縮して表現する場合があります。 「move up!(2Dr)」を「mu2」、「move up!(4Dr)」を「mu4」、「high . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)

Auto Shanghai 2017 「I.D. CROZZ」 - World premiere - 概要 フォルクスワーゲンが中国でゼロエミッションのクロスオーバーを公開 SUV とクーペの世界を融合した「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」 500km の航続距離、4 輪駆動、自動運転モードを備えた電気自動車のコンセプトカー 新しい“CleanAir”シス . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ