goo

働くフォルクスワーゲン(日本編)


昔から日本では働くフォルクスワーゲンが存在します。
古くは空冷ビートルのタクシー(メキシコではなく1950年代の東京!)
そして、広告看板として使われた1950~70年代のタイプⅡトランスポーターだ。
最近はレストアされて、移動カフェなどでも使われていますね。

法人登録されるフォルクスワーゲンのPKW(乗用車)は今でもあるものの
ステッカーなどで会社の広告がされており、役員ではなく従業員が
乗る車は数が極端に少ない。
そんな中、横浜を中心に走る「PC DEPO」のポロは異彩を放っている。



2016年仕様のこの車は、普通のポロ1.2ブルーモーション。
0Q(ピュアホワイト)の純正色を纏うこの車は完全なVGJ正規輸入の1台で、
確認しただけで同型車は2台、目撃者情報によると5台程度は居るようだ。



僕の記憶だと日本で大量にフォルクスワーゲンの乗用車が導入されたのは、
1980年代後半に北陸の製薬会社が営業社員用に300台購入した
ゴルフ2(右ハンドル、紺色)ですので、それ以来の快挙かも知れません。

これからも、こういったフォルクスワーゲンが増えることを期待しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 8年目に突入 /... 夏タイア&エ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。