goo

8年目に突入 / Fブレーキパッド交換(8年・72,690km)


※作業日:2017年4月7日

高速の出口などのブレーキングで、フロントから軽いジャダーが出て来た上に、
踏み始めの効きが悪くなったので、パッドを交換する事にしました。



外して頂いたパッドを見れば一目瞭然。



左はローターの傷が付いて居るものの、スリットは健在です。



右は完全にスリットが見えません。



厚さ的には、まだまだ使えるものの、
ハイスピード走行では不満が出るレベルです。



今回用意したパッドは、前回64,503km時にリアでも採用したイギリスEBC製。
こちらもレース走行にも耐える「イエロースタッフ」をチョイス。
(実は一緒に買ってありました)



前回も書いたようにEBC製品は世界でも珍しく「ブレークイン加工」
が施されています。これはディスク面とパッドの擦り合わせを良くするために
表面にヤスリのような加工がしてあるので、最初の数キロでのブレーキングでは、
妙なゴリゴリ感が出ますが、それからの落ち着きようは中々の物です。



毎度の通り、ミスリルコートをして放熱を促します。
今回もメーカーさんの事情でシルバー色ではなく黒色を使用。
(うーん、何処かのメーカーは黒でオーダーしたのかしらん?)
装着時には、一切の鳴き止めグリスを塗らないコトがポイントです。

<試乗>
数日は、ありがちなスポーツパッドのキーキー音に閉口しましたが
高速で熱を数回加えてあげたらパッタリと音は消えました。
何事も無く、スムースに減速や停車が出来る事は嬉しいですね。

<8年目に突入>
さて我がピレリも4月上旬で納車から8年が経過しました。
僕の愛車遍歴で、新車をここまで長く乗ったのは初めてです。
最近、新型フォルクスワーゲンを試乗させて頂く事が増えましたが、
気に入ったモデルがあっても、乗り換えようという気がしないのは、
愛情が深くなってしまったからだけでは無い気がします。
その謎が解けた時、僕は新しい車に行くのでしょう。

ここまで安心して乗れるのは、いつも相談に乗って下さるプロの皆様のお陰。
本当に嬉しいですね。

<作業工場>
Volkswagen港北(VJS系列)
〒224-0045 神奈川県横浜市都筑区東方町418
TEL : 045-470-9911 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« フォルクスワ... 働くフォルク... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。