goo

エンジンコーティングとミスリル塗装


更新がご無沙汰になっていました最近のお仕事。
ブログ掲載OKを頂いた方の作業をご紹介します。

<GOLF 7 GTI>


S氏所有のゴルフ7GTI。内外装、エンジンルーム、足回りの
数々の高価なアフターパーツは伊達でなく、
何とサーキットで走行されているそうだ。
問題は発熱(放熱)とのこと。



距離は15,000kmを超えているので、サーキットを走るには
車両に少しずつストレスがかかり始めていると思われるので、
先ずはエンジンオイルをいつもお使いのモチュール50番台から
30番台にワザワザ変更して頂き、エンジンコーティングを施工。
もちろんフューエルラインやクーラントも同時にコーティング。
特殊な入れ方をしたので普段お乗りにならなくてもコーティングが完全終了です。



「サーキットを走ったら全然伸びませんでしたよ」
と言われたものの、タイムは更新。
もちろんこれで終わる訳もなく、
今度はモチュールの50番台に入れ替えて頂き、
ピストンとシリンダーを詰める作業を行います。
お金を無暗に掛けないで、しかし効果的な施工、
これが僕のモットーです。



7月の走行会で良いタイムが出れば良いと願いつつ!


<GOLF 5 GTI Pirelli>


昨年深夜のガソリンスタンドで出会ったH氏のGTIピレリ。
僕には思い出深い車の1台です。
エンジンコーティング施工後の2,000kmを超えたそうです。
今回は正規ディーラーでの定期整備が終わったこともあり、
無料点検と調整を行います。
0.2ccずつ入れて調子を見るのはちょっと緊張です。



さてH氏は多くのゴルフ5オーナーが抱える内装天井の剥がれを経験されていました。
(個人的には、屋根無し駐車の濃色系が早くトラブルを抱えるらしい)



純正部品が9万円に工賃が掛かるので13万円程度の出費を
考えていたそうですが、ご近所の内装屋さんが半額以下で
作業をして下さったそうです。



断熱処理もして下さるこの会社の仕事は大変素晴らしく、
逆に純正ピラーや室内灯周りの成型バリの方が気になる程の
出来栄えです。



出張作業をしてくれたり、作業のお手伝いをすると
1万円引きになるとのことで、最近内装の怪しいカラヴェルの
天井施工を検討中です。



因みに日本仕様(X8A)のGTIピレリ(E6P)である、このお車のお誕生日は
2008年10月7日(2009年式)です。

<POLO 6R>


大阪のS氏所有のポロがついに訪問して下さいました。
既に17万キロ走行されているポロは、珍しく純正ホイールを履かせていると
思ったら、北海道旅行の帰りだったそうです。
エンジンコーティング系統は既に終わっているので、今回は新たなステージへ。



それは、排気マニホールドへのミスリル塗装施工。



耐熱カヴァーを外すと、等長されたマニホールドが出て来ます。



刷毛でペタペタと塗装です。ただ塗るのでなく、
排気の流れる方に塗ることがポイントです。
同時にその先にある触媒を塗ることが重要!



電気の流れも良くするので、こちらにも気持ち程度をポンポンと
塗っていきます。
時間があればヒューズ一個一個に塗れば、効果絶大です。

これでエンジンは高回転までストレスなく回り、
丁寧なアクセルワークをすれば燃費も確実に向上。
嘘みたいな本当の話。
ターボのタービンに塗ると・・・・・・・・。



さてS氏のポロは、普通のモデルがベースですが、内装は全てGTIになっており
ホイールもGTI(今回は冬用タイア)、サスペンションはKW、
マフラーも可変式が使われています。施工は三重の有名なストラーダさん。
何だか凄すぎる。見るところ全て純正とは異なり、興味をそそります。


父の入院で、何度も予約時間を変更させてしまった皆様、
ご協力に深く深く感謝致しております!

また今回、ブログ掲載を了解して下さった皆様、
ありがとうございました!
次回、無料点検でお会いできるのを楽しみにしております。

<施工連絡先>
中澤コレクション nakacolle@goo.jp
※数年前から北海道・帯広エリアでも施工を行っております。詳細は後日。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未来予想 202... 2年ぶりの磨き... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。