goo

190E (28年 18万6200㎞)


新車で納車されてから28年目。
「1ファミリーオーナー」という言葉があるかどうか知らないけれど、
今年もセレブレーションな月を迎えました。

いつもこの車は実家にあり、僕はこの車で運転を覚えましたので、
友達というより教官みないな気分になります。
それだけではありません。父は僕に、

「40歳までベンツは乗っちゃだめだよ。
相応の運転技術が出来るまでお前に乗る資格は無い車だよ」

そんな事をいつものソフトな言葉で語られていましたから、
僕は多少反発気味にワーゲン系になりましたし、
未だにこの車のオイル交換を自分でしたこともありません。
そんな僕も運転歴は27年目に入ります。



昨年までにエンジンのフルオーバーホールを終えて、
準備万端の190で、灼熱のドライブに出掛けました。
行先は、空調修理中のカラヴェルが居る安城と
お肉を食べに名古屋へ。



ユタカモータースさんが何度もテストを繰り返して下さいましたし、
僕も通勤や深夜のドライブで徘徊をしたものの、
修理したエンジンとクーラーが新車並みに作動するかの厳しいテスト
ですから、何処かドキドキ感覚が残りながらの走行です。



制限速度厳守で、時には下回る速度を一定に走る特に重宝したのは
購入時に工場オプションで選んだクルーズコントロールのお陰です。
大体が80km/h~100km/h(工事規制区間を除く)で走行。



フロントエンドブラは異彩を放ちますが、この効果は絶大で
走行中の飛び石や虫、ゴミから車を守ってくれます。
またボンネット上部のバグプロテクターが虫を上に弾いてくれるので
フロントウインドーも綺麗なまま走行出来ます。



不思議な目をして見るドライバーも多く、恥ずかしいのが本音。
でも走行後に撮影したフロントグリル部を見れば、
どれだけの効果があるか分かるでしょう。



画像は34.5℃の時の休憩中に撮影。
水温は危険水域を超えず、絶えず90℃前後で上下。
100℃を超える事は、ありませんでした。(メーター読み)

いつも驚くのはメルセデスの外気温度計。
こんなに正確な温度計は見たことがありません。
どんな場所でもNHKニュースの報道する気温と同じで、
わざわざ気温計を使って計測しても同じなのです。

それに比べてフォルクスワーゲンは最新型でも
夏は+2℃程多く表示されることは珍しくありません。
この辺はコストの違いかも知れませんね。



嬉しいのは、10年目を迎えたヤナセ・横浜デポーでの塗装。
そしてオートサービスヤマダさんによる定期的ケアにより、
ボンネットには空と雲、電線が綺麗に映り込んでいます。
もう、外観で言う事はありません。



途中で36.5℃を経験した190E。
クーラーはガンガンに効いたものの、オリジナルを重視するあまり
後付けのウインドーフィルムやUVカット類は貼っていないので
大きなグラスエリアから熱を浴びる傾向になります。
仕方なく休憩時は、サービスエリアに逃げ込むか、
仕事の連絡中は、リアシートで過ごしていました。



これといった大きなトラブルも無く終了した今回のプチテスト旅行。
すべて合格でした。
しかし課題も残ります。
100km/h以下でも甘い直進性と柔らかすぎるサスペンションを
体感すると、足回りオーバーホールの時期を強く認識します。
これを直したら、更に新車同様に戻るのかも知れません。



たかがメルセデス、されどメルセデス。
40代になった僕にとって、大きな教科書を渡された気がするのです。



そうそう、名古屋で食べたスギモトのお肉は美味しかった・・・。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 4輪タイア交...   
 
コメント
 
 
 
ブルーノ・サッコ (太郎)
2017-07-16 09:15:00
サッコ プレートが、鉄板(金属部)と
樹脂であろうプレート部で 同じ 赤でも
下地の材質ゆえか、色味が 異なっている
のが アクセントになっていて、そこが
また いい ですね。
 
 
 
太郎さまへ (H.Nakazawa)
2017-07-17 13:12:04
コメントありがとうございます。

この車のサッコプレートは本国で選んで頂き、半艶消しのワインレッドメタリックになっています。その後、正規輸入された多くがこの色で輸入されたようです。
本国では完全同色からツートーンまで任意で選べたようです。

前期の190に比べると、サッコがあると重厚感がありますね。同時にほんの少し出っ張ったフロントバンパー下部が直進性を明らかに向上してくれます。前期の直進性に不満を持たれていた故小林章太郎先生の指摘された部分は改善されています。ただし140km/hまでなんですけどね(笑)。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。