マラソンなかちゃん

フルマラソンのベストは40歳の時の2時間28分55秒。
55歳を過ぎて最近は愉しみながら走っています。

大学部活OBで下田へ

2018-02-18 20:21:40 | 旅行記

2月の17日18日は、恒例の大学のスケート部のOB会で、伊東温泉に行って来た。

1日目は午後3時に伊東駅前に集合というパターンが多かったが、今回は12時に下田に集合。ということでちょっと早めに家を出た。着いてみると下田はかなりの強風。ロープウエイは営業中止。とりあえず昼食をということで店に入ったが、ここで平昌オリンピックをテレビ観戦。1時間以上粘って羽生選手の金メダル獲得をじっくり観戦することが出来た。

食後は、ペリー上陸の地ペリーロードを散策したが、観光客はまばら。大河ドラマ「花燃ゆ」の頃は、吉田松陰関連で盛り上がったのだろうかと考えてしまった。

ロードの突き当りには、なまこ壁の蔵を改装した資料館があり見学したが、梅がちょうど見ごろでいい感じ。

下田へ行く途中の河津桜を電車から眺めたがまだ1分咲き。2年前に見たときは満開だったが、今年の見ごろはまだ2週間はかかりそうだね。 

夜はいつものとおり懐かしい話に盛り上がったが、今までと違う点は2つ。

1つは平昌オリンピックをみんなでテレビ観戦したこと。もう一つは札幌オリンピック最終聖火ランナーの辻村(旧姓)さんが参加したこと。

後は、日曜の夜、小平選手が500mで優勝すれば最高だね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念日といえば?

2018-02-12 10:04:56 | 日記・エッセイ・コラム

2月11日は建国記念日。この日は勝田マラソンの開催日だったが、2005年からは1月の最終日曜に変更となってしまった。私も今から16・17年前は勝田に参加し総合10位になったこともあり、この時期になると懐かしく思い出す。

今年、2月11日は館林シャトルマラソンが開催され、私も審判として参加した。

そこで懐かしい人にあった。昔、群馬100キロ駅伝の館林邑楽チームのけん引役として参加していた斎藤選手である。現在も大泉町の会社に勤めているとのことであったが、今は結婚し館林市内に住んでいるとのこと。

彼は当時、山登りのエース区間で区間賞を取り活躍したのを覚えている。まだ走っていたとは本当に懐かしい。

私も今年は正月早々から走る事ができて調子がいいと思っていたが、1週間もしないうちに左ひざを痛め、それ以来走ることが出来ない。既に1か月休んだのでそろそろ走りはじめたいと考えている。

もう一つ出来事があった。それは週末には娘が帰って来て、私にマルコリーニというベルギーチョコレートを持ってきてくれたことだ。値段は高級酒並みかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のe-tax

2018-02-04 14:57:08 | 日記・エッセイ・コラム

金のなる木に花が咲く頃は、確定申告の季節。

今年もe-taxの季節となったが、今年の申告は初めて2月にずれ込んでしまった。

というのも、東電の「不動産の使用料等の支払調書」には30年分を含んだ額が記載されており、それを含めて申告すべきか悩んでいたからだ。

だが、国税庁の次の一文をもって東電の支払調書と同額で申告とすることとした。

***「不動産の使用料等の支払調書」の支払金額は、所得税法施行規則第90条第1項第2号において「その年中に支払の確定した対価の金額」とする。***

今回の支払調書には、工事用地の一時借地料と高圧線の線下補償料の2つの料金がある。

まず、工事用地の一時借地料については、29年11月から30年7月まで借地料を一括して契約後速やかに支払うとなっている。したがって29年に支払いが確定した額は工事終了の翌年分を含めた全額。よって全額が支払調書に記載されている。

また高圧線の線下補償料については、年度(4月から翌年3月)単位で1年分を支払うとなっていて、開始日は30年1月1日。したがって、30年1月から3月の支払額も29年中に支払いが確定したことのなる。よって、30年1月から3月分も支払調書に書かれている。

支払調書に書かれた金額を確定申告しなければならないことはないのだが、一致させた方が無難と考え今回は同額で申告した。

データ送信した後、新たな問題が発生。それは納税方法。

今まで還付申告が多かったので、銀行口座に振り込んでもらっていたが今回は納付。そこで納付方法を調べたら、次の4つがあることが分かった。

  1. インターネットバンキング
  2. クレジットカード
  3. 振替納税(銀行口座)
  4. 現金納付(税務署、金融機関、コンビニ)

インターネットバンキングとクレジットカードは、国税庁HPのメッセージボックスから簡単に手続きをすることが出来る。特にインターネットバンキングは手数料も無料なので、いつも利用している人にとってはとても便利だ。

クレジットカードも便利だが、概ね税額1万円当たり82円の手数料が掛かる。

口座振替は事前の手続きが必要で、毎年納税する人にはいいが、還付の多い人には不向き。

私にとって一番いいのはnanacoを利用したコンビニ納付。手数料なしで、クレジットチャージでポイントが貯められる。ただし、このためにはコンビニ用の納付書が必要となる。国税庁のHPには、希望される方は申告書提出後、税務署にその旨を連絡することとなっている。

電話でいいのか、返信用封筒を送るのか、メールでいいのか、不明な点が多いがまずはチャレンジ。だめならいつものインターネットバンキングがいいかもね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真澄 あらばしり、うすにごり

2018-02-03 20:32:51 | お酒

先日、娘が真澄の純米吟醸「うすにごり」を買ってきた。

正月に私が真澄の純米酒「あらばしり」を買ってきたのを覚えていたのか、それとも、数年前、長野に家族旅行に行った際、真澄の蔵元に行ったことを思い出してか、それは定かではない。

でも、今回の「うすにごり」はなかなか旨い。2つのデータを比較すると次のとおり。

商品名

純米吟醸 うすにごり

純米 あらばしり

分類

純米吟醸原酒 生酒

純米生原酒

出荷時期

2018年は1月27日発売

11月23日より出荷

原材料

米・米こうじ

米・米こうじ

米の品種

長野県産美山錦、ひとごこち

長野県産美山錦、ひとごこち

精米歩合

55% 全て自社で精米

麹米55% 掛米60%

酵母

アルプス酵母

7号系、自社株

アルコール分

17度

17度

日本酒度

-1前後

±0前後

酸度

1.7前後

2.0前後

アミノ酸度

1.4前後

1.1前後

飲み方

◎冷酒、×常温、×燗酒

◎冷酒、×常温、×燗酒

保存方法

要冷蔵

要冷蔵

価格720ml箱無

1,728円

1,404円

私はこのところ宴会続きなので、度数の高い日本酒よりビールが良かったのだが、やはり出来の良い日本酒は旨いね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔と今、どっちが寒い

2018-01-26 21:01:59 | 環境問題

あまりの寒さに今までの館林の最低気温を調べてみた。

'80年代

気温

'90年代

気温

'00年代

気温

'10年代

気温

1980

-5.9

1990

-6.8

2000

-4.3

2010

-4.2

1981

-6.2

1991

-4.6

2001

-6.2

2011

-4.5

1982

-5.7

1992

-4.8

2002

-4.3

2012

-5.6

1983

-7.0

1993

-3.1

2003

-4.9

2013

-4.9

1984

-8.8

1994

-4.9

2004

-5.2

2014

-4.4

1985

-7.1

1995

-5.1

2005

-5.3

2015

-3.8

1986

-5.8

1996

-5.2

2006

-5.4

2016

-3.8

1987

-5.0

1997

-4.6

2007

-3.1

2017

-3.9

1988

-6.5

1998

-4.1

2008

-4.0

2018

-5.1

1989

-3.4

1999

-4.9

2009

-4.0

2019

 

平均

-6.1

平均

-4.8

平均

-4.7

平均

-4.5

結果はやはり昔の方が寒かった。

1980年代は-6.1℃、1990年代は-4.8℃、2000年代は-4.7℃、2010年代は-4.5℃で、年々高くなっている。

過去40年間の最低気温は1984年(昭和59年)の-8.8℃で、今月に入ってからの最低気温は-5.1℃。やはり昔の方が寒かった。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪、歩いて出勤

2018-01-23 21:00:26 | 日記・エッセイ・コラム

4年ぶりの大雪だ。庭の植木も雪にくるまってしまった。

今回の関東の積雪は、宇都宮27センチ、前橋29センチ、熊谷19センチ、東京23センチ

館林は計測はしていないが、20~25センチといったところか。

ところで、前橋の22日21時から23日9時まで風向と風速は表示が「×」となっていた。積雪で計測不能となったのだろうか。

今日は長靴を履いて徒歩で出勤した。明日は路面が凍結し、今日より危険度が高い。注意が必要だね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダカから金魚へ

2018-01-21 19:23:49 | 日記・エッセイ・コラム

今までメダカを飼っていたが、今度は金魚を頂いたので飼うことにした。

水槽に水を入れただけでは可哀そうなので、石と水草を購入し、水は塩素入りの水道水でなく、我が家の井戸水にした。エサも、メダカ用のエサはあったが、どこが違うのかわからないが、金魚用のエサも改めて購入してみた。もしかすると、粒の大きさが違うだけで中身は同じかもしれない。

メダカの時は、猫はまったく手を出さなかったが、金魚の場合は狙うかもしれないので今回は蓋を付けた。

金魚のグッズを購入していた時、急に長靴も買うことにした。というのも、今までの長靴が穴が開いてしまったこと、農作業にも使うこと、そして何より月曜が大雪になりそうなことが購入の動機だ。

月曜の朝はさほどでもなさそうだが、夕方は本当にこの靴を使うことになるかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告の準備

2018-01-21 14:50:59 | 日記・エッセイ・コラム

今年もe-taxのシーズンがやってきた。

いつもの年なら、給与所得に、農業所得と不動産所得を加えて申告するだけだが、今年はちょっと状況が異なる。それは送電線の線下補償とその工事に伴う工事用地の一時使用に関する補償の2つの所得が加わったことである。

まず線下補償についてだが、契約日は29年4月、契約期間は30年1月から送電線路を必要とする期間、年間補償料はXXXXX円、支払日は4月から翌年3月を1年度分とし年度末までに支払うとなっており実際には29年5月、端数期間は月割計算する、複数年分を一括支払い出来るなどが記載されている。

そこで問題なのは29年分はいくらで申告するかということ。

私の考えでは、2年9か月分を一括して29年にして貰ったが、契約期間は30年1月からとなっているので29年分の申告は該当無しで、30年分の申告から1年分を毎年申告すればよいのではないかと考えていた。

税務署の判断も、詳細な契約条件は伝えなかったが、私と同じような考えだった。

しかし、東電に確認すると、4月から翌年3月を1年度として一括して払っているので、29年分には30年1月から3月も含まれる。したがって、29年分の申告にはその3か月分を申告して欲しいとのことだった。

次に工事用地の一時使用に関する補償についてだが、契約日は29年11月、契約期間は29年11月から30年7月まで、補償料はXXXXX円、支払日は29年11月、端数期間は日割計算する、支払いは一括支払いなどが記載されている。

そこで問題なのは、線下補償と同様に29年分はいくらで申告するかということ。

私の考えでは、9か月分か一括かして29年に振り込まれたが、契約期間は29年11月から翌年7月までなので、29年分の申告は2か月分で、残り9か月分は30年分の申告となるのではないかと考えていた。

税務署も私と同じような考えだった。

しかし東電は、契約期間は2か年にまたがっているが、29年の工事として一括して支払っているので、全額を29年分として申告して欲しいとのことだった。

いずれにしても、東電では、29年申告該当分については30年1月に支払調書を麹町税務署に報告すると言っており、その写しが私にも送付されてくるらしいので、その時には確定申告の内容が明らかになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫に噛まれる!

2018-01-18 20:30:44 | 日記・エッセイ・コラム

わが家の猫は、毎年お正月になると気持ちが高ぶってしまう。というのは娘が帰って来て、ちょっと張り合ってしまうからだ。

今年はそのホコ先が私に向かい、手を噛みつかれてしまった。しかも思いっきり。その後腫れてきたが、今はやっと引いてきた。

ところで「猫にかまれて国内初の死亡」とニュースに載っていた。病名は「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」というらしい。国では、犬や猫から人にうつるので、極度の接触は避けてほしいといっている。

その他の病気には、<猫ばあちゃん>によると、破傷風、猫ひっかき病、パツスレラ病という感染症があるらしい。

私は大丈夫だったが、あまりひどい場合は、医者に行くのがいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて医療費を集計

2018-01-13 22:00:40 | 健康・病気

今までは医療費を集計したことがなかった。でも、一昨年は結構かかったので、昨年は領収書を保管しておいた。

今日、その領収書を集計してみると、医療費の自己負担額は年間で34,300円。内訳は、病院が25,480円で、院外薬局が8,820円。

通院した日数は16日。このうち5日は歯科で、これは定期検診によるもの。

頻度は1月から9月は毎月通院していたが、10月から12月は通院なし。

1日当たりの平均医療費(投薬代を含む)は2,144円で、最も掛かったのは胃カメラ検査の日で6,300円だった。

所得税の医療費控除の対象は自己負担額が10万円だが、これは結構な金額だということが判明した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加