中坊進二おすすめの京都の名所の数々

中坊進二が京都でお勧めの観光名所をどしどし紹介していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都大学で使われた多言語翻訳システムが気になる中坊進二

2016-08-22 18:20:59 | 日記

ドラえもんの秘密道具は夢いっぱいです。
どこでもドアやタケコプターが完成するにはあと一世紀必要ですが、
翻訳こんにゃくくらいはそろそろ欲しいところだと中坊進二は考えます。
蒟蒻にそんなファンタジーは求めていませんが先日、
京都大学にて多言語翻訳システムを使った意見交換会が行われました。

この京都大学での意見交換会では、
日本、韓国、オーストリア、ケニア、カンボジアの5ヵ国が参加したそうです。
韓国を除き、それぞれかなりの遠方の地域から京都にやってきましたので、
その言語体系は非常に異なると言えます。
使用された多言語翻訳システムが
どこまでの精度かは中坊進二には分かりませんが、
ある程度の意思疎通は可能だったかと思います。

翻訳のシステムは非常に複雑です。
そもそも、日本語はSOV(主語・修飾語・述語)の順に並んでいますが、
ラテン語の派生系の多くがSVO(主語・述語・修飾語)です。
こうした文法の違いも、自動翻訳を複雑にしている要因とも言えます。
ちなみにハングルはSOV(主語・修飾語・述語)なので、
実は日本語からの翻訳がしやすいです。
そして基本的に、無料で使用できる翻訳ソフトの精度は低いです。
ちょっと難しい固有名詞が使われるだけで、それは原文のまま通されます。

また、正しい文法で入力しないと、
良く分からないところで区切られてしまいます。
そもそも、文法という概念があるかどうかも怪しいです。
中3の英文法ぐらいは大丈夫ですが、
少し複雑になると謎の翻訳をされてしまいます。
だからこそ、翻訳士という仕事があるのです。

中坊進二も京都の大学時代に、
英語の先生にはよくお世話になりました。
翻訳ソフトは全く役に立ちませんので、
中坊進二は自分で辞書を使ってライティングしました。
読むのは慣れていたんですが、英語を書くのは非常に難しいです。
僅か10行に満たない要約を書くのに数日かかりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の河原でのBBQが気になる中坊進二

2016-08-11 11:55:29 | 日記

京都の鴨川でのバーベキューが全面禁止になるか一部容認になるか議論が始まりました。

既に京都市北区(柊野地区)と上京区、左京区あたりは禁止区域になっていますが、

それ以外の地域をどうするかを決めるそうです。

 

禁止する理由は単純に、騒音およびゴミ問題です。

中坊進二は深夜に徘徊する趣味がありませんので、

夜の鴨川周辺がどうなっているか見たことがありませんが、

もしかしたら、毎日が花見の様にどんちゃん騒ぎになっているのかもしれません。

夜とは限らず、休日の昼間も多そうです。

禁止地区以外にて、昨年だけで55件も問題が起きました。

 

一方で、積極的にバーベキュー実施を受け入れているエリアもあります。

京都の宇治川になりますが、

背割堤あたりではよくバーベキューに興じる団体や家族の姿が見られます。

また、鴨川の下流の方では普通に食事を楽しむ家族の姿が見られます。

バーベキューを禁止にした場合、普通の食事も出来なくなる恐れがありますので、

全面禁止に反対する声は少なくなさそうです。

 

大学時代、京都の鴨川とは別なところですが、

中坊進二も河原でバーベキューをしたことがあります。

もちろん、バーベキューしていいエリアで、ちゃんと許可も取っていました。

中坊進二としては、あまりはしゃいだつもりはありませんが、

近隣住民からしたら、騒音になるのかもしれませんね。

今はもう、中坊進二は河原で食事をすることはありませんが、

この議論の行方には注目したいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の舞鶴赤れんがパークを見学する中坊進二

2016-08-04 19:17:03 | 日記

京都府舞鶴市にある赤れんが博物館はご存知でしょうか。
中坊進二も行くまでは全く知りませんでした。
全国的な知名度は、天橋立や京都タワーと比べると劣りますが、
舞鶴赤レンガ倉庫群は国の重要文化財および
近代化産業遺産として登録されています。
特徴として、鉄骨とレンガを組み合わせた建造物の中で、
日本で最も古いと言われています。

http://www.meitenkan.com/spots/maiduru/akarenga/main.jpg

1903年に建てられた施設で、
中坊進二の好きな金閣寺や京都御所と比べると歴史は浅い方ですが、
近代的な建築様式における建物としては最も古い歴史を有しているのです。
また、この赤レンガ倉庫群は文化財ですが、
その用途は戦争の為の武器庫でした。
魚雷の倉庫として運用されていました。

いくつかの赤レンガ倉庫は、耐震補強を含み、
現代風に内装を改築しています。
赤レンガ2号棟はホールとカフェ、3号棟は展示室と小売店、
4号棟はフリースペースとスタジオなど、様々なことに使われています。
広いスペースが確保されているため、
音楽イベントやバザールの会場としても使われています。
また、レンガを敷き詰めた道は赤レンガロードとも呼ばれ、
当時の情景を残す貴重な空間として、
ドラマのロケに利用することもあるそうです。
中坊進二のお気に入りは広場の芝生です。
ドリンクや軽食を楽しむことができます。

赤レンガ倉庫は魚雷を保管していただけはあり、直ぐ近くが海です。
軍事用の漁港として機能していただけはあり、
この近くには現代の海上自衛隊の艦が停泊しています。
それを見学するための遊覧船ツアーもあり、
多くの方を楽しませています。
中坊進二も大はしゃぎでした。
気になる方は是非、
京都府舞鶴市にある赤れんが倉庫群に行ってみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の水族館に居る青いアマガエルを見たい中坊進二

2016-07-28 15:05:35 | 日記

アルビノは先天的に色素が欠落してしまう症状です。
一般的には真っ白になることとして認知されていますが、
真っ白にならない種もあります。
有名なのはイルカでしょうか。
ピンクイルカなんかはアルビノが原因だそうです。
色は、赤と黄色と青で構成されていて、
その全部が失われると真っ白になりますが、
黄色だけが欠如すると、全身がブルーになる突然変異種が生まれるそうです。

http://nazo108.sakura.ne.jp/sblo_files/nazo108/1371905598.jpg

京都府与謝野町にある「丹後魚っ知館」にて青いアマガエルが展示されています。
通常、アマガエルは鮮やかなグリーンですが、
この固体は黄色の色素が抜けているのか、青っぽくなっています。
これも一種のアルビノと言えそうです。
与謝野町は京都府の海岸沿いなので、
京都市中に居る中坊進二はなかなか行けませんが、
機会があれば是非見に行きたいと考えています。

青いアマガエルはとても希少ですが、何も絶対に見つからないとは限りません。
中坊進二は時期が合わず見に行けなかったのですが、
京都水族館でも青いニホンアマガエルを展示していたそうです。
アマガエルの寿命は飼育下で5年なのでまだ生きていると思いますが、
今はもう展示を終了しています。
当時は「青いカエルの卵風スープ」を販売していて、
興味のある方は試しに飲んだと思います。
青い食べ物は、意外と食べるのに勇気が入ります。
中坊進二が食べられるのは、ブルーハワイのかき氷くらいです。

冬場は冬眠するので、それまでにどなたか中坊進二の代わりに
「丹後魚っ知館」に行って、青いアマガエルを見てやってください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中坊進二も訪れた京都のキザクラカッパカントリー

2016-07-20 20:00:36 | 日記

京都には有名な酒造がたくさんあります。
観光名所として賑わっている場所もあります。
京都の伏見にあるのが黄桜直営施設のキザクラカッパカントリーです。
施設内に麦酒工房や料理も味わえるレストランがあります。
中坊進二は京都のキザクラカッパカントリーを訪れた祭は、
出来立て地ビールを堪能しました。

http://homepage1.nifty.com/hon/2/2-066/2-066-01.jpg

出来たてなので非常に美味しく、
五臓六腑に染み渡ったと話していました。
飲み比べセットもあり、味の違いも楽しめるそうです。
さらに地ビールに合うつまみも数々用意されているので、
お酒好きにはたまらない施設だそうです。
レストランはかつて酒蔵であった建物の構造を生かしており、
雰囲気もいいそうです。

中坊進二も訪れた京都のキザクラカッパカントリーの魅力は
これだけではありません。
黄桜記念館があり、日本有数の河童の資料館やCMギャラリーがあります。
河童の資料館は河童の起源から歴史、
各地の伝承などをわかりやすく展示しています。
お酒だけでなくまさかの河童の資料の充実に、
京都の中坊進二も度肝を抜かれました。
しかも見ごたえがあるそうなので、
「一見の価値がある」と熱く語っていました。
CMギャラリーは昭和30年代からのカッパCMなどを見ることが出来ます。
リアルタイムで観ていた方には懐かしく、
初めて見る方には新鮮な内容となっています。

見ごたえがある資料と、
何よりも美味しい地ビールがあるのが中坊進二も訪れた
京都のキザクラカッパカントリーです。
目と舌で楽しめる素晴らしい場所といえます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加