中流階級の食寝言 ~それでも上流階級の夢をみる~

普段、人様は何を召し上がっているのか気になりませんか?自分は物凄い気になる。。。

庵 浮雨 (un peu)@浦和

2017-04-19 21:00:33 | 蕎麦
先日、仕事の関係でグループ会社の工場見学に行って参りました。



そこで驚きましたのは、



製造ライン、全てロボット。
本当に人間の手が加わるコトなく、最初から最後までロボットが製品を作っており、極め付けは最後、出荷のための梱包のヒモを結くトコまでロボットがやってたコト。



…人間はもういらないねぇ、なんて笑いながらも肩を落として帰って参りましたが、こちらのお店に後日参りまして、人間もまだまだヤレると元気になりました。




庵 浮雨
浦和で最近ホットなナカギンザにございます。




1軒目のビール半額の店でビール4杯を片付けておりますので、ワインスタート。




カラッとドライな白で中々イケます。んで、メニューを見てみますと






食わせそう!!!
昨晩の酒も吹っ飛ぶラインナップにテンション上がります↑↑↑



そして、更にテンション上がりますのは



お通し
自家製豆腐とのコトで、好みで塩とオリーブオイルでいただく仕様。んでコレが



美味い!!!★★★★☆
力強く濃いい大豆の味がします。塩でいただけば、よりエッジが効いたお味に。オリーブオイルでいただけば、フワリと味が弾みます。



焼ねぎのマリネ
タパス5種盛は、好きなタパス5種を選んで1,850円也。んで、こちらは最初の1種目。甘いネギにマリネ液の酸味がちょうど良くて非常に美味★★★★☆ 丁寧に作られているのが分かります。



梅くらげクリームチーズ
2種目。最近、クリームチーズに燻りがっこだとか、味噌だとかが流行ってますが梅くらげとクリームチーズとは。梅干しの酸味は乳製品合うのか心配でしたが、その心配無し★★★☆☆ アテとして中々。




ホタテのムース 洋風板わさ
3種目。ホタテの甘さが際立って美味い★★★★☆ 板わさ風に食わせるやり方も非凡で素晴らしいです。




アジの洋風なめろう
4種目。コレまた美味いっ!★★★★☆ 鮮度の良いブリブリなアジを叩いて、アンチョビでなめろう風に和えてます。もーコレ以上泣かすコトせんで欲しいわぁ




ホタルイカのスモーク
いよいよ5種目。スモークの香り高さとホタルイカの肝の濃厚さといったらないです★★★☆☆




さて、この辺でやはり蕎麦屋ですので蕎麦を食いたくなり、




蕎麦メニューを手配




肝せいろ、なるスペシャリテに超絶惹かれ、普通のせいろとともに注文いたします。




んで、待つコト30分。まだかなぁ〜、遅いなぁ〜なんてやってましたら、




肝せいろ




なるほど、蕎麦つゆに裏ごししたレバーを合わせてるんだ。美味そうじゃないか!んじゃ、早速




おー、期待通り美味い★★★★☆
濃厚なレバーはともするとキツくなってしまいますが、巧みに蕎麦つゆでかえすコトで絶妙な塩梅に仕上げてます。蕎麦自体の出来もかなりのモノ。ってコトは




普通にせいろで食うのが一番じゃないか!!!★★★★★
すんげー美味い蕎麦です。味、香り、コシ全て二重丸。肝せいろも美味いですが、純粋にこちらのお店の美味い蕎麦を食うなら断然コッチ!!!




蕎麦湯で埋めると流石に肝が際立って美味いです。



いやーどれもこれも、一見格好付け料理みたいですが、トンデモナイ。どれもこれも、ちゃんと作り込まれていてハズレ無し。



…ただ、唯一難を言えば、料理が出てくるのが遅いかな。。。確かに店内は満席ですが、キャパ自体が大きくないので、もっと早く出来んだろ⁈一体、こちらのお店の製造ラインはどーなってんの?と厨房を覗き込みますと







この店、1人でやってる!!!!!!!
オーダーから料理・酒の提供、調理、会計、電話対応等





全部、1人の人間がやってる!!!!!!!!!
人間はまだまだロボットに負けてない、そー思った春の或日。。。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名酒センター@大門 | トップ | 北海道@浦和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。