中流階級の食寝言 ~それでも上流階級の夢をみる~

普段、人様は何を召し上がっているのか気になりませんか?自分は物凄い気になる。。。

L’AMITIE(ラミティエ)@高田馬場

2017-07-13 12:25:59 | フレンチ
以前、曽呂利新左衛門のエピソードを書きましたが、



本日も彼のお話。




ある日、新左衛門の元にある武士が訪ねて参りまして、「殿(秀吉)に気に入られるためにはどーすれば良いか?」と問われたコトがございました。




すると、新左衛門は「貴方は米の飯をどう感じますか?」と逆に問い、この武士が「定まった味は無いが、美味いものです」と答えると「では、菓子はどう感じますか?」と再び問いました。




武士が「甘くて非常に美味く、大好きだ」と答えると新左衛門は言いました。「では、これから毎日菓子を食えば良いじゃないですか。」




コレに対して武士は「菓子は美味くて大好きだが、米の飯の代わりにはなりません。」と返すと新左衛門は語りました。



「皆さんは殿に毎日甘い菓子ばかりを勧める。だから飽きられる。しかし、自分は菓子では無く米の飯を勧めるコトが出来る。要は変わらぬ誠意、真心で奉公するコトが大切なのです。」








なるほどね!!
こんな流れで本日は、




ラミティエ
超ーーーー人気店であります。1ヶ月前から当日の予約をするコトが出来るのですが、まーー電話が繋がらない。数十回トライし、やっと繋がり平日18時半の席をゲットしたのでありました。



こちらのお店は前菜から1品、メインから1品選んで2,800円也のコース1本。どれもこれも美味そうで、おツレとシェア前提で悩み抜きました。ちなみにこちらのお店はメニューのみ撮影禁止だそうで、料理名はうろ覚えですのでご容赦下さい。。




ビールで先ずは乾杯。仕事上がりのビールは格別です。




格別過ぎて瞬殺。前菜が来る前にボトルに突入。3,700円のワインにしては、シトラス系特有のエッジが効いてて中々飲ませます。更にはちょっと飲むと店員さんが小まめに注ぎに来てくれちゃいますので、余計に飲めちゃいます。グビグビやってますと、前菜が到着。




パテとかリエットとかサラミとかプロシュートとか
すっげ盛り沢山!!コレで一人前とは恐れ入ります。




特にパテの厚さと言ったら堪りません。早速手を付けますと




もうこりゃハンバーグだ★★★☆☆
ゴリッゴリのパテは食べでがあり、「食ってる」って感じ。味付けもしっかりしていて酒泥棒的なヤツ。




サラミも厚手にカットされてます。種類の違うものが並べてあり違いが楽しいです。




んで、こちらが本日の問題物件・リエット。いただいてみますと




一風堂やんけ!!!★★★☆☆
まんま一風堂のラーメンのスープの味。一風堂のスープが個体になったらこうなるだろうなぁ、って味。一風堂に敢えて寄せたのかなぁ?って味。想像出来た方、その味で正解です。




こちらはおツレの帆立のポワレ




デッカいホタテが素敵に素敵★★★☆☆ 普段見慣れない野菜が沢山で楽しいです。



前菜からかなりの量。下手したらコレだけで腹いっぱいですが、そんな我らを他所にメインが登場




スズキのなんちゃら




伝わらないかもですが、かなりのデカさです。当然こちらも切り分けシェアします。どれ、お味はどーかな?






おー中々美味い★★★☆☆
若干スズキの状態が悪く、香りが気になりますがラタトゥイユ的なソースとクリームソースと絡めていただきますと、気にならない、つか美味いです。




お野菜と合わせると更に美味。





勿論、パンで卑しくソースを拭います。





この後の肉料理に備え、つかボトルの白を飲み尽くしましたので、赤のデキャンタをお願いします。




コレまた2,800円のクオリティではないくらいのフルボディのいいヤツ。ささ、受け入れ態勢も整いましたので、お肉をお迎えします。




牛舌のなんちゃら
またまたスゲー牛舌のデカさ。




キャンプファイヤー的ポテトにも圧倒されます。




切り分けまして(切り分けてもこの量!!)、いただきます





美味い!!★★★★☆
柔らかトロットロな牛舌は口の中でトロけます。お味も優しさの中に図太い芯があります。こりゃ正解です。




ポテトも揚げたて激アツで、美味い!こーゆー小さなところに誠意が見て取れます。




ぶへーーー腹がはち切れそう。噂通りの物凄いポーションの大きさ。お客に腹いっぱい食べてもらおう、というお店の誠意・真心みたいなものを感じました。特筆した絶品があるわけではありませんが、どれも安定したお味で客を寛がさせます。いや、人気の理由を垣間見ました。



曽呂利新左衛門の言う通り!!!
どうですかね、導入部分に繋がりましたかね。やってていつも不安なボクです。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PAPPON KITCHEN(パッポン キ... | トップ | Makan Makan(マカン マカン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フレンチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。