自然大好き!デジカメ散歩

デジカメ片手にウォーキングの日々…

広場にて...

2017年03月28日 | Weblog





広々とした親水広場に集う鳥たち...

先ずは優雅にふわりと舞い下りた大きな「アオサギ」





そして「トラツグミ」...

今年は例年に比べ当たり年?と思えるほど、よく現れてモデルになってくれました。
この広場でも他の広場でも確認、まだまだいたかもしれません。





「シロハラ」には追い払われますが「ツグミ」とは同じ仲間、仲良く一緒に歩いています。




オット!餌をゲットしたようですよ。




こちらは姿勢よく立ち尽くす「ツグミ」




力関係はトラツグミたちより上の「シロハラ」...いつもながらの強面です。




争わずにただ無心に餌を探している「ハト」




遠い目の「ハクセキレイ」と...




「キセキレイ」




広場には猫もいます。

以前、トラツグミの腹部の羽が痛々しい状態になっていました。
全体的に動作がゆっくりモードなので狙われたらしいです。

先日来より姿を見せなくなったので、旅立ったのだと思います。
長~い旅を、支障なく飛び続けられることを願うばかりです。






スズランのようなかわいい花「馬酔木」が満開です。
「メジロ」がやって来て...





背伸びして吸蜜しています。




「ヤマガラ」は梅の枝で一休み。




「サンシュ」と...




「トサミズキ」




そして「ミモザ」...それぞれの黄色がきれいです。




「カワヅサクラ」も咲きました いよいよ待望の春本番!




この記事をはてなブックマークに追加

奈良の旅 2

2017年03月17日 | Weblog


さて、翌日は奈良公園地区へ...



先ずは「興福寺」...いきなり鹿さんが迎えてくれました。




法隆寺の五重塔に次いで興福寺の五重塔...
2日間とも快晴に恵まれたので、くっきりと青空に映えています。





興福寺・東金堂の石碑の前に、置物のように鹿さんが鎮座、横に並んで記念撮影...
な~んてサービス?をしてくれました。





そして、奈良公園へ...




みんな揃ってゆっくりのんびり日向ぼこ。
おとなしくて鹿せんべいを食べる仕草もスマートだし、それにかわいい!
私もしばらく楽しませてもらいました。

思い起こせば、小学校の修学旅行で訪れたものゝ、あまりに昔なので思い出は忘却の彼方...
でも、半世紀前(これも古い!)今は亡き夫とデートしたことは、懐かしく蘇ってきました。





当然のように観光客と一緒に歩いてます。




東大寺の門前にも集まっています。




大きな中門をくぐりぬけると...




世界最大級の木造建築、大仏殿が目の前に...




穏やかなお顔の大仏さま、その大きさに圧倒されます。




大柱の穴は子供だと楽々と潜り抜けられるよね。




大仏殿の内部は撮影可...なので、皆一様に上を向いてカメラを構えています。

東大寺2月堂、法華堂などを経て次は春日大社に向かいます。





行く道筋にも鹿がいて...




見送ってくれます。




山焼きで黒くなった「若草山」を眺めながら通り過ぎ...




春日大社に到着!けっこう遠かったね、ここも大勢の人で賑わっています




本殿の前で撮影準備中の白無垢姿の花嫁さんがいました。
幾久しいお幸せを祈っています。




ずらり並んだ燈篭が美しい!




あちこちで迎えてくれた、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」




奈良観光の玄関口、近鉄奈良駅前の噴水の真ん中に、奈良時代の僧「行基」の像があります。
待ち合わせの目印としても親しまれているそうな。

ここで旅は終わりです。
それにしても、奈良公園地区を歩いた歩数は14000歩余り...
好天と穏やかな日差しに恵まれ、娘たちと一緒に見て食べて歩いた、
楽しい二日間でした。




この記事をはてなブックマークに追加

奈良の旅 1

2017年03月15日 | Weblog



先月末、娘たちに連れられて奈良へ行ってきました!

新大阪で長女と落ち合い3人揃ったところで、いざ出発...
その途中 「次は法隆寺~!」という車内アナウンスに急遽下車、法隆寺に参拝することに。






しかし到着したときはすでに4時半、5時閉館までにはとても全部を回りきれない。
ということで拝観料は割引扱い、人影もまばらで静かな雰囲気でした。





その静かさの中で古の仏像を拝観することができ...




時間を気にしながらでしたが、充実のひとときを持つことが出来ました。




駅で迎えてくれた「セントクン」、広々とした境内、どこまでも続く参道。
おみやげ屋さん通りは、5時過ぎのせいで人影もなく、客は私たちだけの貸し切り状態でした。





さて、今夜の宿泊先は小高い丘の上にある「奈良ホテル」




明治42年に創業の奈良を代表するクラシックホテル。
皇族方も利用される格式のあるホテルで、歴史的な和風建築の建物です。
本館の正面玄関は(左方の人が立っているところ)桃山御殿風だそうです。





今は何処でも自動ドアですが、ここでは入り口の重厚な玄関扉はドアマンが
手動で開けてくれます。
中へ入るとロビー正面に赤絨毯の階段があります。

お部屋へはこの階段を上って案内されました。





壁には宿泊された皇室の方々の写真がずらりと飾られています。




夜のホテルも趣がありますね。




物理学者アインシュタイン博士が弾いたピアノがあり、
数々の名画などが飾られています。
奈良公園からほど近いとあってお庭に鹿も来るそうな...

伝統と風格そして歴史ある雰囲気の中で過ごせたことは、よき思い出となりました。
素敵なホテルを予約してくれたことに感謝々!




この記事をはてなブックマークに追加

あ!

2017年03月05日 | Weblog





鋭い眼差しで見つめていた「カワセミ」が素早く飛び込んだと思ったら...




あっという間に魚を咥えて戻ってきました。




獲物を誇示するように?くちばしの先に高々と上げ...




ピチピチ暴れる魚をブルンブルンと振り回したり、叩きつけたりしている内に...




何ということでしょう~! 魚が飛んだではありませんか。




あぁ~!無情...




しまった!待てぇ~と大慌てで追いかけてみたけれど...




逃がした魚は大きいよね 
無念の表情で水面を見つめ続ける「カワセミ」ではありました。





そんな出来事を知るはずもなく、のどかな表情で泳ぐ「カルガモ」のペアと...




水にのびた枝で、まったり丸くなって寛ぐ「オオバン」




浅瀬で佇む「ジョウビタキ♂」




「キセキレイ」は...




岩に上がってすまし顔...すずしげな目元と菜の花色の腹部がきれいです。




「アオサギ」も大きな羽を広げて上がろうとしています。




スズランのような可愛い花「馬酔木」が咲き始めました。




この記事をはてなブックマークに追加

モズ(百舌)など...

2017年02月24日 | Weblog





親水公園遊歩道の鉄柵にとまっている小さな猛禽「モズ♂」...
いつ見ても凛々しいイケメンですよね。





アカメモチの生垣の上から鋭い視線を投げかけています。




しばし遠い目になっているようですが...




正面顔はかわいい雰囲気...でもやっぱりハンターの顔つきだよね。




後姿も気にかかる、それによくよく見れば何かを咥えている様子...?




画像をアップしてみると...
干からびた爬虫類のような、昆虫のようなものを咥えているんだけど...?

モズは捕えた獲物をその場で食べずに、木の棘や有棘鉄線などに突きさしておく習性があり、
「モズ」のはやにえ(速贄)」「モズのはりつけ」などと呼ばれています。
これは、以前突き刺して保存していた獲物なのでしょうか?





「シジュウカラ」も枝から枝へ移動しながら...




餌を探すのに大忙し。





ちょっと強面の「ムクドリ」も...




ウロウロ歩きながら餌を探しています。




石垣の上では「イソヒヨドリ♂」と...




「イソヒヨドリ」の♀です。




日差しに誘われて亀も上がって来ましたよ。




水辺に下りてきた消防車が...




勢いよく放水を始めました、水しぶきがすごい!




のんびり浮かんでいた鴨たちは、時ならぬ騒ぎに驚いて飛立ち、
一方、のんびり高見の見物としゃれているのは「ジョウビタキ♀」と散歩の人たちでした。




この記事をはてなブックマークに追加

ウグイス!

2017年02月17日 | Weblog
のち




「ウグイス」といえば春を告げる鳥ですが、今の時期は「時にあらず」と、あの美声を封印?
「チャッチャッ♪」と舌打ちするような地鳴きをしています。





「声はすれども姿は見えぬ」という場合がほとんどですが、この日は運よく地面でウロウロ...
餌を探しているところに出あえました。





ちょっと辺りを見回し...




「こんにちは!」な~んて窪みに入って行こうとしてますが...




収穫がなかったらしくすぐに出てきました。




松の木に...




一足飛びではなく、樹皮の下に潜む虫を探りながら上って行くようです?




やっぱり上が落ち着くわ...って感じですね。

あの華やかな美声に似合わず、目立たない地味~な出で立ちではありますが、
目元の涼しいイケメン?それとも女の子かな?(♀♂どちらか分からないです




ウグイスに似て地味な「ジョウビタキ♀」...かわいい女の子です。
枯れ葉を掻き分けて餌を探しています。





こちらは「ジョウビタキ♂」...はっきりした色合いの凛々しい男の子です。




同じ場所で「ルリビタキ♂」も背伸びしてみたり...




ホレボレするようなキリッとした表情を見せたりしています。




こちらは「ルリビタキ♀」...♂に比べて地味ですがかわいい女の子です。




枯れ色の中にハッと目を惹く赤い色、木瓜の花が寒さの中けなげに咲き...




赤いマンサクも縮れた花びらをほどき始めました。
黄色のマンサクは一足先に咲いています。





先月upの「ロウバイ」は、花全体が黄色の「ソシンロウバイ」(素心蝋梅)で、
花全体にボリュームがあり豪華でした。

今回のは花の中心部が暗紫色でその周囲が黄色で、これが蝋梅の基本種だそうです。

花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」など...
まだ花の少ない冬期にそっと黄色い花を咲かせ、ひかえめで奥ゆかしい姿にちなむそうです。





小さな庭園の池の鯉は、浅い水底で動きを止めています。




一方、元気いっぱいの鴨たちは、人が来ると一斉にワラワラワラ...
水から上がって集まって来ます。





押し合いへし合い、とにかく圧巻です。




時にはシンクロナイズドスイミング?を披露、サービス満点だよね。




逆光の水面が日に輝いてキラキラきれいです。

  ☆ 待春の水面はひかり煌かす
   (たいしゅんのみなもはひかりきらめかす)





この記事をはてなブックマークに追加

ミヤマホオジロ(深山頬白)など...

2017年02月08日 | Weblog





黒と黄色のコントラストがかっこいい「ミヤマホオジロ」のオス。




熱心に見つめてから...




あちこち目配りしながら餌を探しています。




ここかと思えばまたあちらへとウロウロウロ...




さてさて、ようやく探しあてたようですよ、パクッと種を咥えています。




木の上からも見つめてますが...




なんか気が散るな~って感じで、こちらを




オッ!枝に何かいるんでしょうか?
種子など植物食を主とする雑食性らしいですが、たまには虫も食べるの...?





ボクは草食系男子ですよ、って首をすくめています?




サザンカに来た「メジロ」が花の色に染まりました。




赤いかわいい実は何の実かしらね?






梅にウグイス...ならぬ「メジロ」です。




「ジョウビタキ♀」も来ましたよ。




ちょっと遠慮がちに?「シジュウカラ」もいます。




寒さが厳しいですが、先ずは「マンサク」が咲きました。




馬酔木や...




「ミモザ」の蕾はまだまだ硬そうですが、ほんのり色づいています。




そして、ドライフラワー化した「ガクアジサイ」...でもしっかり芽は出ています。

   ☆  時を待つ冬芽眩しきひかりかな




この記事をはてなブックマークに追加

トラツグミ(虎鶫)など...

2017年01月31日 | Weblog





遊具の下を歩いているのは...? 遠目には一瞬「キジバト」かと思いました。




オッ!これは待望久しい「トラツグミ」ではありませんか。
餌を探しながらあちこちゆっくり歩き回っています。





黒と黄の虎模様が身体全体にあります。

ところで「トラツグミ」は漂鳥なので、この時期になると姿を見せてくれます。
とはいえ毎年という訳ではなく、今年はどうなのかしら?と心配していました。
来てくれてありがとう!嬉しいです。





歩いては立ち止まり、身体を揺らすユーモラスでかわいいトラダンス?を
披露しながら、土中にいるミミズをゲットしています。





夜中に「ヒィーヒィー」とか「ヒョーヒョー」と細い声で鳴くため、
鵺(ぬえ)または鵺鳥(ぬえどり)とも呼ばれ、気味悪がられたということです。
(まだ一度も声を聞いたことはないですが...)





横溝正史原作の映画「悪霊島」の「鵺の鳴く夜は恐ろしい」の、キャッチコピーが有名です。
エッ!そんなのがあるの?ってきょとんとした顔をしてます?





昔はその不気味な鳴き声から、架空の妖怪を色々と想像したようですが、
実物はといえば、姿も仕草もかわいくて、同じように地面で採餌する「シロハラ」に
追われては逃げる、気弱?でおとなしい鳥さんです。





その「シロハラ」です、見るからに強そうで精悍な顔つきですよね。




「ビンズイ」も歩きながら餌を探しています。




木から実を啄んでいた「アトリ」も、今は地面に落ちた実を...




くちばしに溢れんばかり咥えています。




「サザンカ」の葉も花も霜のお化粧...




そして、結晶!




広場は雪景色ならぬ霜景色です! 



この記事をはてなブックマークに追加

エナガとメジロ

2017年01月22日 | Weblog





ナンキンハゼの木で「エナガ」の群が一斉にお食事中!




先ずはどれを食べようかと見つめ...




逆さになっても見つめています。




白膠木(ヌルデ)の実には「メジロ」も来ています。
でも1羽が飛び立てば、我も我もと次々と飛び立ち、あっという間にいなくなってしまいます。





白膠木の実は「ジョウビタキ♀」も好物のようです。




「メジロ」は甘い蜜も大好き!花や葉の陰に隠れながら、忙しなく飛び回って吸蜜します。




上半身をちらっちらっと見せて、まるでもぐらたたきのようです?




「エナガ」も来てます。




サザンカの真ん中で「ヒヨドリ」が満足そうに?見上げています。




熟した柿にやって来た「メジロ」...




早速に頭から突っ込んで...




甘そうな果肉を引っ張り出しています...おいしそうね!




淡いピンクの梅がほころび始め...




今が盛りの蠟梅は甘い香りを漂わせています。




でも池にはうっすらと氷が張り寒々しい風景です。

  ☆ 薄氷に閉じ込められし湖の黙
   (うすらひにとじこめられしうみのもだ)   




この記事をはてなブックマークに追加

大空に...

2017年01月16日 | Weblog


先日写真友に誘われ、田園地帯に隣接の公園へとGO~!
しかし寒いね~ブルブル...




いきなり出迎えてくれたのは、勇壮に飛ぶ猛禽類の「ミサゴ」...
あ!少し離れたところにもう1羽います!





鋭い目つきで飛んでいます。




大きな羽だね~!




獲物を見つけたのでしょうか?
下りる態勢のように見えましたが、期待したことは起きず...





しばらくしてから手ぶら?で飛び去りました でもかっこいい~!




ミサゴに似ていますが、腹部が茶色っぽいので「トビ」のようです。




空は大きな羽ばたきで賑わいましたが、公園に人影はありません。

     ☆ 枯芝や景やはらかに静もりぬ 





でも、ひょいと「ジョウビタキ♀」が現れて、お辞儀の仕草で愛嬌を振りまいてくれました。




岸辺にいたらしき「カワセミ」が、矢のように橋をくぐって飛び去りました。




遠くの杭に白っぽい鳥がいたので、てっきり「ハクセキレイ」だと思って撮り...




パソコンに取り込んだところ...
アララ!お腹ぷっくりのかわいい子が写っているじゃありませんか。
しかも久方ぶりの初見初撮りの鳥ですよ! ところでくちばしの長い君の名は...?
これは「イソシギ」ですよ、と教えてもらいました。





公園周辺には冬の田園風景が広がっています。





この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながら...

2017年01月09日 | Weblog
のちのち

新年のご挨拶を申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





このところだらだらと過ごしていたので、足慣らしにわが家近くの公園へと出かけました。
ここへは以前よく行っていたのに長らくのご無沙汰...本当にお久しぶりな感じです。
 
公園入口の石段を下り、何げなく池に目をやると...




飛び込んできたのは目にも鮮やかなコバルトブルー!
初撮りが「カワセミ」とはあまりに嬉しすぎる一瞬夢かと思いました。





カメラの用意もそこそこに逸る気持ちを抑え、そろり足音を忍ばせ近付いて行きます。
オッ!ちらりと目線が動いたような気が...





鴨が来ても意に介さず水面を見つめています。




今度はすぃ~っと飛んで枯れ葦のジャングル?に...




あちこち移動しながら魚を求め鋭い視線をそそいでいます。




同じ目的の「アオサギ」も辛抱強く佇んでいます。




「バン」や...




「オオバン」...




「ヒドリガモ」や「オナガガモ」たちが...




それぞれの動きを見せてくれます。




水辺に気を取られていると、対岸の木に何かが飛んできた気配...オ~!小さな猛禽「モズ」の♂です。
かぎ状の嘴と目元の凛々しい 超~!イケメンです。





最高の誉め言葉を謝すように深々と頭を垂れる...って、単に毛づくろいをしているだけですよ




空には悠々と旋回の「鳶」...




のどかな風景の親水公園を巡り、色々と収穫がありました。

こいつぁ~春から縁起がいいわい~!な~んて思わず大見得を切りたくなりました。
干支にちなんで今年はよりいっそう鳥撮りに励もうと張り切っています?

相変わらずのゆっくり更新となりそうですが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




この記事をはてなブックマークに追加

彩りの水面!

2016年12月31日 | Weblog





これは何...?というように黄葉が染めた波紋を見つめる「カワセミ」...
自然が織りなすアートが素敵です。





同感...!な~んて言ってるの...?




変化する波紋に、心なし放心状態のようにも見えるけど、どうなの...?




仲良く泳ぐ「カルガモ」が...




水に浸かった枝に乗って毛づくろい...




羽を広げたり畳んだり、入念にお手入れしています。




「カイツブリ」が波紋を広げて浮かび上がってきました。




いつも一緒にグループ行動する仲良し「コガモ」たち。




ナポレオンハットのような頭部がメタリックに輝く「ヨシガモ」




目の赤い「ホシハジロ」...潜水が得意です。




夜行性の「ゴイサギ」は、夜働き過ぎたのか、疲れて眠っています。




水辺で獲物を探している「アオサギ」




ぷっくり膨れて水辺の枝で寛いでいた「ジョウビタキ♀」が...




前向きになったら、踏ん張った足や丸い腹部が何とも可愛すぎる!




膨れてるとか丸いとか言うけど、この角度だと、ホラ!見て見て!結構スマートでしょ。
な~んて、ピシッとポーズを決めてくれました。





手の上のから、直接ヒマワリの種を食べる人懐っこい「ヤマガラ」




枝から枝へ忙しなげに素早く飛び交う「エナガ」




「ルリビタキ♂」は腰を落ち着けてのんびり寛いでいます。
来年もあなたたちを追い求めウロウロするけど友好的に付き合ってね、切なる願いです。

  さて2016年もいよいよ今日で終わりですね。
  拙いブログにお越し下さった皆さまありがとうございました。
  心よりお礼申し上げます。

  どうぞよいお年を...




この記事をはてなブックマークに追加

木の実に...

2016年12月13日 | Weblog





赤く色づいた鈴生りのサンゴジュ(珊瑚樹)の実を食べにやって来た「エナガ」...




完熟の実はどれかな?な~んて真剣な目つきで見つめています。




うん!あれが美味しそうだぞ!足を踏ん張って背伸びしてますが...




でもこの子は宙ぶらりんでかぶりついています、不安定だけど大丈夫なの?




一方安定感ばっちり!の「ジョウビタキ♂」...
大股でどっかと足を踏ん張り、ヒサカキの熟れた実を食べる態勢を整えてますよ?





ウメモドキの実で顔が隠れてるけど「ジョウビタキ♀」もしっかり食べています。




「メジロ」もやって来て早速食べ始めましたよ。




大きく口を開けて実を咥え...




素早くゴックン! 満足そうな顔ね。




ヒサカキの実を嘴の先にくっつけている「アトリ」はちょっと強面...




すぐ傍のサンゴジュの木に移っても食欲旺盛ですよ。




みんな食べてるときは幸せそうね。




ギョロ目で個性的な衣装のイケメン「アトリ」...かっこいいです!




お正月の縁起物「万両」が真っ赤に色づき...




真っ赤な紅葉と竹笹の緑が鮮やかな対比を見せています。


この記事をはてなブックマークに追加

アオジ(青 鵐)など... 

2016年12月06日 | Weblog
のち




ちょっと強面で分別臭いオヤジな感じ?の「アオジ」(青 鵐)





エッ!なんですと?と、いう顔で見つめられたので...




きりっとして凛々しいイケメン!と、即訂正したところ...
うん!それならよろしい!って得意そうな顔になったよね





細い枝まみれのところにいる「ルリビタキ♂」...




ごちゃごちゃしたところが好きなのね?と思ったら...




フンッ!って顔で、上から目線で否定されたような気が...?




ちょっと心細そうな雰囲気の「モズ」の♀...




幼く見えるので巣立ったばかりの幼鳥でしょうか?
真剣な眼差しで獲物を探しています。





ちらっと流し目?の「カワセミ」




黄葉が黄色く染めた水面に浮かぶ「カイツブリ」と「コガモ」




地面を赤く染めた落ち葉と「キジバト」




陽に映えて燃えるような紅葉!




山路に枯れ葉が敷き詰められています。




「ビナンカズラ」の葉と実が赤く艶やかに...




そして、枯れ色の中に「ツワブキ」の黄が鮮やかです。

   ☆ 亡き人の思い出話石蕗の花 
 




この記事をはてなブックマークに追加

ルリビタキ(瑠璃鶲)

2016年11月30日 | Weblog





幸せの青い鳥「ルリビタキ」が渡って来ました、冬鳥が次々に来てくれて嬉しい!




ここにいるよ~♪ というように囀っています。




気づいてくれましたか?な~んて見つめられたような...?




きれいにに撮りなさいよ!と、ばっちりポーズを決めてくれた?ハンサムなルリ君。




これからもモデルになってよね、よろしく!




一足先に渡って来た「ジョウビタキ♂」は、もうすっかりここに馴染んでいるようです。




こんなに可愛い仕草で、撮り手の心をわしづかみです。




とぼけた感じの?立ち姿もかわいいよね。




遠くを見つめる「ジョウビタキ」の♀...勝気そうな女の子です。




チャッ・チャッ・チャッ♪ と地鳴きしながら、葉や枝の陰に隠れながら素早く移動する「ウグイス」




「エナガ」の群れの中に、1羽だけ混じって飛び回っていた「キクイタダキ」




掌にすっぽり収まりそうな、小さくて丸っこい「エナガ」...




飛び出す寸前のポーズもかわいいよね。




ところでこの猫たちは、人が通ってもじ~っと動かず、睨み合っていましたが...




先に視線を逸らした方がすごすごと退散しました。




残った猫は何事もなかったように、威風堂々?座り続けていました。
でもその顔から体から、そこはかとない哀愁が漂っているように思えたりして...?




雲一つなく気持ちよく晴れ渡りました。

   ☆ 青空に赤き一葉冬木立




この記事をはてなブックマークに追加