はじめに道があるのではない。

中川晃教さんの話が主です。スマホ用で書いているので、PC用で見る場合は見辛さがあるかと思います。

3/14 中川晃教Symphonic Ningt with L♡ve

2017-03-20 01:45:23 | 中川晃教コンサート









さて
行ってきました!
チケットがなく、どうしようかと思いましたが、優しいお声かけによりチケットが手元に♡
感謝申し上げる!

ありがとうございます


いろいろありまして…
個人的に…

どうなるかなー…という…
コンサート自体にはすごく行きたかった!
歌声が聴きたいもん
歌声好きだもん

でも、いろいろあると…ねぇ………

という感じでコンサートへ

入場時にパンフをいただいたけど、きっとセットリストが載っているだろうな…と思って
セットリストはお楽しみにしたいので我慢

席に着くまで
ファンの方々とトーク

会う方々に
「来られるようになったんですね!良かった〜」と声をかけていただけて♡
幸せだな〜と

そう言ってくださった方々にも感謝です


あっきーに会いたいより
ファンのみなさんに会いたい方が強い気がする♡
ファンのみなさんが温かい♡


あと中村獅童さんが来られてました。
きた瞬間に
まぁいい匂いがプワーンと 笑

パパ上だーーー!←個人的なあだ名ww
ラダール王子のパパ上だもんね







ファンからのお花が多いね♡



和樹マンからもきてた♡


Twitterをコンサート後に見てたら

和樹マンのお花が届く会場は
よく雨模様なようで 笑
そんなことまで言われちゃう和樹マンの雨男ぷりがすごい!笑


そんな和樹マンが好きだわ〜




そんな開場前でした。


着席して
会場内をぐるぐると見渡して

あ!お母様とお父様を発見!とか←邪念ww














始まったコンサート
オケの方々のチューニング音が非常に好き
Aの音の重なり合いが気持ち良いよね〜


✳︎セットリスト✳︎

第1部
1.歌劇「フィガロの結婚」~「交響曲第40番」
(オケのみ)
2.夢を支配する者(ミュージカル「ロックオペラモーツァルト」より)
3.NO.5
4.HAPPY DAY
5.バレエ「眠れる森の美女」よりワルツ
(オケのみ)
6.EARTH SONG

第2部
7.I'm gonna stay with you
(弦楽カルテット+ピアノ)
8.終わりのない愛
(弦楽カルテット+ピアノ+オーボエ)
9.My heart is calling you
10.LOVE NEVER DIES
11.Listen
12.I will Get Your Kiss

【アンコール】
En1.Can't take my eyes off you
En2.春













これから中川さんのコメントもちょいちょい出てくるかもしれませんが、全くメモを取っていません。脳内メモリーです。そして私の記憶と混ざっているので、中川さんの言葉通りではありません。雰囲気だけでも伝わればいいな〜と思っています。


あと今回、地味に
ブラックルラル登場かも!?しれません…
嫌な方、読んで不快になられる方もいると思います。そう思うなら書かなければいいじゃん!と言われても当然なのですが、ここは私が思いを記録する場所でもある。と思うと、素直に書こうと思いました。
不快になられた方がいたらすみません。

心が素直に感じるままに。








さてコンサートの感想へ行きます!!
いつも、ここまでが長い私のブログ…



東京オーケストラMIRAIさんの入場
コンマスさん入場
指揮者の藤原いくろうさん登場




✳︎歌劇「フィガロの結婚」~「交響曲第40番」✳︎

この2曲を
オーケストラのみで演奏
オケコンだな〜



久しぶりにオケを聴くな〜と思いつつ
交響曲が始まったあたりから

中川さんが登場して、歌うのかな?と……
でもそんなこともなくオケのみで曲が進み…


ん!?
今日は中川さんのコンサートだよね?
東京オーケストラMIRAIさんのコンサートじゃないよね?!
ん!?ん!?!?
となってました

セットリストをあらかじめみていれば、こういう風にも思わなかったのでしょうけど
何を歌うのか楽しみにしている側としては
ちょっとドキドキハラハラしてました。



2曲の演奏が終わると
中川さんの登場


まぁーーー♡シックなお衣装♡
いつもどこかがガチャガチャしているのに
今回はかなりシック!
強いて言えば
足元のゴールド&キラキラ靴がガチャガチャだったかな〜


ラペルピンも大人しめで♡
髪型もくるるんな感じで
たいそう好みな中川さんでした♡

インスタで
ヘアメイクさんが中川さんの写真をアップしてましたね♡有難や♡
中川さんのツイートがないので、そのお写真アップが嬉しい♡

中川さんのMCはなく始まった中川さんの歌

✳︎夢を支配する者✳︎

好きな1曲
CDの歌い方とはうってかわり、軽やかに弾むように歌っていた印象。
軽快なわけでもなく、サラサラと流れるように。


「ようこそ、おいでくださいました。中川晃教Symphonic Night with L♡ve。」

「僕にとってモーツァルトという役は大事なもの。ここでモーツァルトトークを繰り広げると、コンサートが終わっちゃいそうなくらいなんです!!」
と突然指揮者の藤原さんに言うから
藤原さんは気づかず…笑
でも雰囲気を察して、中川さんの方を向いてくれて、そこで目が合い、笑う2人 笑
で、さらに笑うコンマス

あたたかいな〜
ほんわかだな〜

「紀尾井ホールには思い入れがたくさんあります。それを語り出すと時間がなくなっちゃいますね。」


こっちを藤原さんに投げかけたんだっけ??

すでの序盤なのに記憶が曖昧すぎる…
今回のコンサート…
最後まで感想が書けるかな〜
不安だ…

「今日はリハから、この会場に立たせてもらっている。リハをしながら、この会場にお客さんが入って席が満席になったら、どうなるんだろう と思っていた」


この満席発言は
中村獅童さんがいるからの
意識的発言なのかな〜と思っちゃった私です 笑




「次にお送りする曲はPOPSSICというCDにも入っている曲です。僕が作った造語でポップスのPOPとクラシックのSSICをとって、ポップチック 笑」

わざとポップチックという中川さん 笑

「なんとよんでもいいですよ 笑」



ポップチックがファンの中で流行りそうな予感…笑

コンサートのレポ&翌日のTLで
ポップチック使用の方の多いこと 笑




「POPSSICの中からNO.5とHAPPY DAY。聴いてください」


MC中、ずっと藤原さんがあっきー方を見ていたの。最初の喋りで突然話しかけられたからね。きっと注意して聞いていた模様
でも話しかけられず曲入り

中川さん自由すぎる 笑




✳︎NO.5✳︎
間奏中にあっきーが言う「No.5」のセクシーさ♡
基本的にエロいよね 笑

こちらも前曲に続き
穏やかに流れていく音だったな〜
音を大事にしながら言葉を大事にしている感じ

今回どの曲も
言葉がよく聴こえてくる実感

聴き取りやすさ という意味ではなく
丁寧に言葉を届けてくれている と言ったらいいかな〜

✳︎HAPPY DAY✳︎
声の音が好きな1曲でした。
口をあけて、歌おうとする瞬間に出る音
それがよく聴こえる1曲
トルコ行進曲だからかな〜
歌詞が好きなのもあるかな〜
まさにHAPPY DAY



「2曲お届けしました。」

ここで…たしか…
HAPPY DAYがどうとか…の話をした気も…
でも記憶がない

あと
オケコンのようですよね〜みたいなトークもあったっけ??
これは偽造したかも…

「次の曲は、チャイコフスキーの」


お!
旅人きちゃう!?とソワソワしちゃったけど 笑

「ワルツです」


旅人ちがったーーーー
セットリストを見ていれば、こういう感情はないよね〜




✳︎バレエ「眠れる森の美女」よりワルツ(オケのみ)✳︎

中川さんは曲紹介をすると裏へ


この時の私の脳内が1番ブラックだったかもね…

え!?ってなってたよ
このコンサートって中川さんのコンサートだよねって
オケさんたちのコンサートのような実感…
なにぶんセットリストを見ていないので
このあと 何を歌うのか知らないからさ
このままのペースで行かれると
困っちゃう!ってなってた…

MIRAIさんたちのこともよく知らないので
なんだか
客寄せパンダ感…

とか

お披露目公演!?

とか
思っちゃいました…
なんて、ブラックなんでしょう…
申し訳ない…
自分にゆとりがないとこういう悪い方にいってしまいますね…
音楽を楽しめばよかったな…と反省も…


ただなぜ音楽を楽しめなかったのか…
オケの音が好みじゃない というのがおおいのかもしれない


すごく穏やかで温かい音だったんです
オケの方々も笑顔いっぱいで
温かい方がいっぱいいるんだろうな〜という印象

ただ音の多彩さがほしいな〜とか
偉そうに思ってしまった若造です…
音楽の「お」の字もわかっていないだろうに
偉そうにすみません…


オケの人数を言っているんじゃなくて
膨らみ…というか奥行き…というか…

こんなことを言うと何を偉そうに…と
ホント思っちゃいますね…


きっと個人的に好みじゃなかっただけです

穏やかで温かい音でしたもん
そこが好きだったかたも多いはず!

きっと今自分自身の闇が大きすぎるから
その穏やかさが辛かっただけなのかも…
きっとそうなんだろうな





再び登場してきた中川さん


何かMCしてた…

「カンペ見てます!」

とか言ってた気がするので
MCしてると思う…



記憶が…


✳︎アースソング✳︎

予定曲にあったので新幹線の中で予習しててよかった〜!

予習でアースソングを聴きながら
和訳をチェック!
なにぶん英語が全くわからないので、和訳を読まなければ難しい!!

和訳を読んでいたら
コンサート前のサンデーメールの内容を思いだし

中川さんは
それをサンデーメールで伝えたかったのかな…と思っちゃった予習タイム

あと
予習中の
邪念が湧きそうなワードがありまして…

どこのブログだったか、忘れたけど

アースソングの歌詞表記でラストのとこを

ポォ×12 と表記してる方がいて…
(;゚∀゚)

ポォ×12…


コンサート中に
それを中川さんがしたら…

私の邪念が大変なことになる!!!!とヒヤヒヤしましたが




歌っている中川さんの素敵さと
歌声に集中してたら
そのことをちょっと忘れてた

ラストが近づいて
思い出した時は、大変だったけど 笑


でも
この邪念も虚しく、ポォ×12なんてなく
普通に歌い上げ


素敵なアースソングでした。
それほど予習で聴いていたわけでも
和訳で世界観を理解したわけでもないので
中川さんが伝えたかった想いが伝わっているわけじゃないと思うけど


歌声は素敵だった


第1部のラストがこの1曲でよかった


この1曲がなかったら暴動を起こしかねない 笑←うそうそ

そんなことをできないし
思ってませんでしたよ




休憩20分


トイレの列にも並ばず
壁にもたれかかり
第1部の復習



なんてことはできず
モンモンとしてました…



意外に自分の闇がかなり深刻でびっくりしてました。





第2部開始!


ステージには
カルテット&ピアノ

で、中川さん登場

「第2部はラブをテーマにお届けしたいと思います。ラブ ラブ ラーブ!今日はホワイトデーですね。ホワイトデーは日本だけの風習なんです。バレンタインに好きな人にプレゼントを渡す。そのお返しにホワイトデーにプレゼントを、というわけですね。デパートの策略とも 笑。バレンタインはみなさんのことを考えてた過ごしていました。」


本当に?!
取って付けたように言わなくてもよいよ 笑


うそうそ
オベンチャラでも
そう言っていただけて幸せです


ラブ ラブ ラーブの言い方も
文字では表せないほど
いろんな表現でいっていましたよ
身体をクネクネと動かしながら 笑
さすが中川さん!笑


「ラブがテーマなので、次の曲もラブをお届けしたいと思います。1曲目はI'm gonna stay with you 続いて終わりのない愛 です。では聴いてください。」




✳︎I'm gonna stay with you✳︎
カルテットとピアノのみの演奏で始まった第2部

この曲から始まるとは思っていませんでした。
個人的に大好きな1曲

いつか結婚式で使いたいな〜とファンになりたての時に思ってた 笑
結婚式をする予定が皆無 笑

夢が所詮 夢で終わる
でも夢を持つことは嫌いじゃない




ラストの

That's the special power of love

のところの
♪らぁーーーーーーーーーーー………←ここ!!

好き♡
音になっていない音
こえになってない音
でも聴こえてくる音

サラサラと、耳に届いてくる音がホント好き

あと間奏中に
オペラ越しに目が合い
ニヤっと(そんな見んなよ的なニヤ)

勘違い&思い込みだけど
それにキュンと


キュンキュンではないけど
キュンとした 笑




そんな感じでキュンとしていた第2部1曲目

すると
突如
口をめっちゃさわる中川さん
中川さんって
考えごとをする時によく口元を触ってるじゃないですか
その時と同じように口元を触っていて…


終わりのない愛の前奏が始まっているだけに

何を考えていたのか
気になる!!



✳︎終わりのない愛✳︎

この曲は
カルテット&ピアノにオーボエがプラスされての1曲でした。

今日の中川さんの声は
本当に優しい
優しいというかマイルド


ツンツンしていなくて
なめらか…という表記ではないけど
穏やかな声だったように思う


物足りなさを感じるぐらいの穏やかさ


客席をあおることも
オケと音がズレることもなく

穏やかだった


「カルテットとピアノ。2曲目はオーボエもプラスで曲をお届けしました。音楽は1人では作れませんよね。子どもの頃、1人で遊びますよね。レゴだったり…ブロックのレゴね。あとピアノを弾いたり、1番ひどいのが…笑」


ここで会場がクスクス


私もクスクス

ひどいという意識があるんだ 笑

「家の近くにこれくらいの高さの壁があって、」

手で高さを表してた

中川さんの身長より ちょっと高いくらいかな


「その壁に向かって『黒魔道士!!』とか言いながら1人ドッチボールしてた 笑。ファイナルファンタジーの全キャラになりきって 笑。ひどいでしょ 笑」

ほんとひどいwwww

この1人ドッチボールは
何かの雑誌で村井くんとトークしてたね

村井くんは友人とバイオハザードごっこだった気が

あっきーがその雑誌で1人ドッチボールと答えている文章を読んだときの
辛さ&笑い


中川さんっぽい

保育士をしていると

見えない敵と戦っている男の子をよく見かけます
それ効果音付きで 笑

この場合、そういう男の子は村井くんの方なのよね


中川さんのケースは稀…
というか気になるレベルです私…


中川さんの幼少期の話を聞いていると
気になることが多々ある私です 笑


それでも立派に育ってくれているのだから良いか 笑


「1人でも音楽を作ることはできる。でもみんなで音楽を作ると…」


というタイミングで
オケのみなさんのがゾロゾロと登場 笑

すかさず中川さんが
「ナイスなタイミングですね 笑」と 笑

本当にナイス
藤原さんも入場




「こうやってMCをしている方がドキドキハクハクする。ん?ハラハラですね 笑。友人に話すと、共感してもらえないのだけど、食べる物、聴こえるもの、側にあるものが全て音楽だったらいいのに!と思うことはありませんか??」

………な客席…


「やっぱり僕だけですね 笑」


チューニングをしたいオケ

でもずっとしゃべってる中川さん


それに気づいたようで
中川さんが

「どうぞ」

と言うので
コンマスさんが
チューニング開始


そんな中 中川さんは
藤原さんに

「見事な金髪ですね。でも髪が傷んだりしませんか?僕も金髪だったので…仲間意識が 笑 金髪に悪い人がいませんから 笑」


そんな感じに言う中川さんに
藤原さんは

「地肌に優しいのでカラーしてる」
とか、ケアの話をしていたように思う

チューニングが始まっちゃったので聞き取りづらい…


それでも話続けようとしていた中川さんだけど
無謀だとわかったのか
藤原さんとのトークをやめ
自分の給水タイム


給水タイム中は
客席に背中を向けて、飲んでいるところを見せない中川さん
背中が素敵


オケのチューニングが終わり
静かになると

「話続けようと思ったにだけど、無理でした 笑」

藤原さんとにっこり 笑

微笑ましい♡




✳︎My heart calling you✳︎

この1曲を聴きながら
自分だな〜と勝手にこの曲とリンクしてた私です

これだ…と。
なぜかウルウル…

これだって…


この曲のあとだったか、ラブネバーダイの後だったか…
めっちゃ個人に向けて投げキッスをされていた 笑




✳︎LOVE NEVER DIES✳︎

今回のコンサートで1番のヒット!
ラブネバーダイ

丁寧に言葉が心に降りてくる1曲でした。
こういう雰囲気の曲ではないイメージだったので新鮮

好きな曲ではあるけど
解釈が難しい1曲だからな〜という印象なのだけど
素敵なアレンジでした。
あなたは?あなたは?あなたは?と問いかけられる時も優しかった





「突然汗が…藤原さん、このタオル借りてもいいですか??」


ん!?な藤原さん




たしかに藤原さんの横にあるが、
それきっと中川さんのだよ…と会場にいる人のほとんどが思ったんじゃないだろうか…笑
そして、藤原さんも

「中川さんのですよ」って 笑


「え!?ぼくのなの?」

と言いながら
自分のと分かり安心して顔の拭いてた



「My heart calling youは徳間時代に出したミニアルバムのオアシスってCDに収録されているので作ったのは2004年とかかな??ラブネバーダイは2009年とかだったかな??」




「次の曲はlisten!listen listen りーっすん!」

✳︎Listen✳︎

まさかオケでListenが聴けるとは!!
かっこいい仕上がりでした
それでもオケの方の優しい音は健在




「最後の曲です。」


という前に
MCで色々と語っていたのにーーー
記憶がない…


思い出したら書きますね…
それかコメントをくださっても可
よろしくお願いします




✳︎I will Get Your Kiss✳︎


本当に優しい音に溢れていた
オケのみなさんは始終ニコニコだし
藤原さんもニコニコだし
温かさ満載の穏やかな音と歌声

優しい気持ちになる人が多かったんじゃないかな〜



そして
はけていく中川さん

オケの方も藤原さんも客席と一緒に拍手

ずーーーーと拍手

本当に優しいオケのみなさんと藤原さん


アンコールの一曲目は!!
もちろんあの曲!

✳︎Can't take my eyes off you✳︎

日本語でくるかな?と思いきや英語ver!
日本語でも聴きたかったな〜という私のわがままは置いといて

会場の雰囲気は
ウキウキでした

頭が身体が自然と動いている人も多かった!
嬉しいね


「ありがとうございます。僭越ながら…ん?
僭越??いや…でも…僭越!!この度、私事で僭越ながら、読売演劇大賞を受賞しました。」


会場から
ヒューヒューの声だったり大きな拍手だったり
お祝いムードでした


「この曲はドラムがある曲なんですが、今日はオケなのでドラムがいない。ドラムはみなさんの中で動いてるものだったり、手拍子だったり、エアー手拍子だったり 笑 それを感じていました。」


あ…手拍子した方がよかったかしら…
ちょっと躊躇してしまって
オケだし
響くホールだし
手拍子でオケの方々が辛いのはいやだし…で
じっくり聴いてたよ

この1曲を歌うときだけ
マイクの持ち方がグー持ちに変わる中川さん♡

無意識かな〜
どうかな〜
質問してみたい


MCをしながら早口に
いろいろしゃべってたように思う


ビューティフルトークしてたね

ビューティフルの役名が出てこず 笑
地味にもがく中川さん

客席のほとんどが
"バリーマンだよ"と思っていたにちがいない 笑

そして客席から
小声で「バリーマン」と助太刀がはいり
ちゃんと宣伝ができた中川さん 笑


何かの動画で
フランキーヴァリとバリーマンのバリーが似てるって話してたじゃん 笑
運命感じます!みたいな感じでトークしてた印象なのにー笑

今は絶賛スヌーピーの稽古だもんね 笑
忘れちゃうね

「そういえばみなさん、藤原さんは大のスヌーピーファンなんですよ。そんな藤原さん何か一言をどうぞ!」


とマイクを渡す 笑
無茶振り好きだよね 笑


たしか…
中川さんのことを言ってくださってたんだけど…
記憶が…



あーーー記憶よカムバック…


「最後の1曲。もうすぐこの季節が来ますね。春」



✳︎春✳︎

優しく温かいオケの音
中川さんの声

そして選曲は 春


素敵でした。
本当に優しくて

ラストの
♪ありがとう♪の優しさがたまらない
素敵だった












歌い終わり
会場の投げキッスを振りまきまくる中川さん

一旦帰り

再び登場




終焉




オケのみなさんと藤原さんにも拍手を


オケのみなさんが全員はけるまで続いた拍手

追い立てるようで
申し訳ない気分にもちょっとなった…






今回の中川さんは
まぁーーー
よくジャケットのボタンをいじる いじる

不安な時に見せることが多い印象の仕草


それに好物の手の動きが少なかったような気が〜
だからってポッケインとかはなかった気がする


今回は手より
動きまくる足!!だった



優しい音と声なのに
その激しい足の動きは何なんだーーーぐらい激しい 笑

そんなとこが
好きですけどね



「カンペ見ます」と言って喋る中川さんの棒読み加減がおもしろい








このコンサートを一言で言うなら
「言葉」
だったように思う


すごく丁寧に言葉が優しく届いてる気がした


あとMIRAIさんたちの温かさが素敵だった
もうちょっと音には
緩急とか静と動とか欲しい気もするけど

人間の温かさが素敵だった


こんなにも
中川さんのMCを微笑ましく聞いてくれている人たちはいただろうか…
コンマスさんも奏者の方々も本当に笑顔いっぱいだった


その笑顔が嬉しい










私の闇は
とりあえず放置…
それ決定しました!!
以上


では!!


何か思い出せば
追記します!!


ダバーーーと思い出して書いたので
誤字脱字も絶対あるし
記憶違いもあると思うけど

とりあえず
書いてスッキリ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤田さんがピーターパンの演出 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL