安心してください!中村です。~股関節でお困りの方へ~

股関節痛に悩む方々に、皆さんが安心できる情報を書いていきます。

椅子と畳と股関節

2017-06-09 19:34:11 | 日記
一昨日の出勤前、松本深圧院の近くの交差点の信号が故障して大変でした。渡れない川のようでした。ふだん当たり前のことなだけに交差点にいた車も人も戸惑っていました。


タイトルは仰々しいですが、今日は何というか呟きです。


いつも日常生活における姿勢が気になるのです。


僕はふだん日常生活で取り続ける姿勢、歩き方が股関節(もしくは膝とか腰など)に影響しているって常に考えています。


戦後から経済成長期にかけて日本人は畳から椅子の文化に移行しました。とはいえ、今でもお茶の間の畳で座って過ごすかたも多いのではないでしょうか?


戦前戦後世代に比べると我々の姿勢は変化してきています。要因のひとつは和装から洋服の文化に変遷したことじゃないかと思います。


明治時代から背もたれ付きの椅子は導入されていたようでしたが、和装は背もたれにもたれかかるのに適していなかったため戦後まであまり普及しなかったのだとか。


もちろんそれに加えて戦前のように厳しく背を正して構える必要が無くなったこともあるのでしょう。


また畳はしゃがみ込む動作が欠かせません。しゃがみ込みは股関節をよく使います。現代はしゃがむ必要が無くなったのも影響するのかもしれません。


股関節症や腰痛が増えているのはそういった背景があるからじゃないかな?と考えています。


こういった背景を考慮した上で股関節症の改善に取り組む日々でございます。


松本深圧院福岡
中村雄也
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講演会 | トップ | 寝たきりになる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL