名塩御坊教行寺

西宮市の真宗寺院 教行寺のブログ

〒669-1147 兵庫県西宮市名塩1丁目20番16号

自動撞木(しゅもく)

2017年02月09日 01時10分20秒 | 日記

 当寺の梵鐘(ぼんしょう)=(大鐘おおがね)は、第二次大戦中に供出され、2000年に新しく鋳造されました。その時、自動撞木(自動的に鐘を撞いてくれる機械)も導入しました。

 もちろん、役員諸氏の抵抗に遭いました。そこで、週の内、5日は役員が持ち回りで撞き、残る2日は私が撞くことを提案しました。昔は、在家の人が持ち回りで、朝の4時に大鐘を撞いて仕事始めの合図にしていたそうですから、正午と午後5時に撞くなら、それ程無理な話ではありません。しかし、この提案は容れられず、自動撞木の導入は承認されました。まあ、人間というのはそういうものです。

 自動撞木の仕掛けは、下の写真と図をご覧下さい。日本で唯一、上田技研産業という奈良の会社が製造販売しています。先日、とうとう壊れましたので、再び導入しようと考えています。

 死んだ弟は、生前、よく、大鐘を釣りたいと語っていました。その弟が残した貯金に幾ばくかの追加をして、鋳造した大鐘です。

 鐘を釣る前、自動撞木の話を、毎朝お参りに来てくれていた「おさださん」にしたことがあります。その時、おさださんは、

「体の弱い私は、農家へ嫁いでしんどかったから、電気洗濯機を買いましてん。名塩でも一番早かったと思います。買うた当時は、女の敵、怠け者やと、ボロクソに言われましたで。せやけど、御前さん、今、見てみなはれ。電気洗濯機のない家なんかおまへんで。新しいことでも古いことでも、ええと思うたらやったらよろしいねや。」

と言って、笑っていました。

 大鐘の音を聞く度に、今は亡き「おさださん」と弟のことを思い出します。

 

 追記:

 上田技研産業から、同社のパンフレットの画像使用につき快諾を得ました。

 今、ちょっと計算してみたら、17年間、毎日20回撞いていたので、約12,4000回ほどで壊れたことになります。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 展覧会のお知らせ | トップ | 聞法大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。