名塩御坊教行寺

西宮市の真宗寺院 教行寺のブログ

〒669-1147 兵庫県西宮市名塩1丁目20番16号

知識帰命の異安心

2017年02月13日 22時21分46秒 | 昔の記事

 浄土真宗には、「知識帰命の異安心(ちしききみょうのいあんじん)」という言葉がある。知識というのは指導者、帰命というのは帰依すること、誤った真宗教義を異安心(いあんじん)と呼ぶ。つまり、「知識帰命の異安心」とは、阿弥陀仏ではなく、指導者に帰依することを求める誤った教義という意味である。

 知識帰命の異安心は、すでに、親鸞の弟子である唯円が著した歎異抄(たんにしょう)なる書物にも記述されている。歎異抄とは、その名の通り、真宗教義の異(誤り)を嘆くという意味である。我々、後代の者は、親鸞を開祖と仰ぐが、親鸞自身は、「親鸞は弟子一人ももたず候ふ。(歎異抄 六)。」と、自らに帰依することを嫌った。

 特定の指導者への帰依を過度に強調することは、浄土真宗に限らず、あらゆる宗教が陥りやすい誤りである。生身の人間は、生身の人間ゆえに、過ちを犯す。なればこそ、真の宗教指導者たるもの、自らへの過度の帰依が危険であることを、承知せぬはずがない。言い換えれば、自らへの過度の帰依が危険であると語らぬ指導者は、怪しいと考えて良い。

 仏教は、釈尊(お釈迦様)への帰依を基本とするが、釈尊自身は、「私の悟った法は、過去にも、悟る者があったし、未来にも、悟る者があるだろう」と、語っている。仏伝は、釈尊が産まれたとき、天地を指差して、「天上天下唯我独尊」と語ったと言う。しかし、同時に、釈尊は、最後の旅で、弟子を相手に、「私は、四十年間、善なるものを求め続けてきた」とも語っている。そして、末期の説法では、「自らを灯火(ともしび)として生きよ。法を灯火として活きよ」と、弟子達に言い残している。

 ここで、今日、マスコミを賑わしている新興宗教を思い出すが良い。
  統一協会     文鮮明
  オウム真理教  麻原彰晃
  法の華三法行  福永法源
などは、皆、異常なまでに、代表者への帰依を求める。文鮮明は、汚れなき神の子であると自称し、麻原彰晃は、自らを唯一人の最終解脱者と称した。福永法源は、自分だけが、天の声を伝え得る者だという。
 坊主の我田引水を覚悟で言えば、彼等は、皆、自分の能力を吹聴し、自分への帰依を強要する点で、釈尊や親鸞より、卑しく浅ましい。知識帰命を強調する宗教は、やはり、怪しいのである。

 この点、微妙なのが創価学会である。創価学会は、元来、日蓮正宗信者の任意団体であった。一般的に、仏教各派では、このような団体を、講と呼び慣わしてきた。浄土真宗にも、摂津十三日講など、講組織は存在する。
 よって、創価学会の会長は、日蓮正宗の一講の代表であり、講組織の運営については、一定の権限を有するが、それ以上の権限はなかった。しかるに、今日、創価学会は、日蓮正宗と袂を分ち、独自の道を歩み始めた。

 もとより、日蓮正宗と創価学会の泥仕合に興味はない。そのようなもの、表に出ぬだけで、本願寺教団で、いくらでも見られる(特にお東)。問題は、創価学会が、今後、池田大作教へ移行するか否かである。
 池田大作が、会長職を退いた今も、創価学会に対して多大の影響力を持つことは、学会外部から見ても明白である。しかも、池田大作の子供が、副会長の要職を務めている。もし、このまま、創価学会が、池田大作を宗教指導者とする団体に移行するなら、それは、創価学会が、知識帰命を強調する危険な宗教に変貌することを意味する。

 このように見てくれば、知識帰命の程度は、その宗教の健全性を推し量る尺度であると言えまいか。文鮮明は、ただのスケベオヤジであり、髭面の豚が空中に浮遊するはずがない。福永法源に至っては、私でも、明日から化けられる程度の教祖である。尤も、私なら、足の裏占いよりはオッパイ占いを提唱するだろうが。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水トミカと空腹の科学 | トップ | 翁長知事はカツラか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昔の記事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。