名塩御坊教行寺

西宮市の真宗寺院 教行寺のブログ

〒669-1147 兵庫県西宮市名塩1丁目20番16号

池の泥搔き

2017年06月17日 10時13分22秒 | 日記

 竹藪の手入れが一段落したので、今度は、池の掃除を始めています。正直に言うと、竹を伐るのに飽きたのです。へへへ

 当寺境内には、池が5つあります。別に、道楽や酔狂で池を掘ったのではありません。当寺は、低いとは言え山の中腹にあるので、境内のあちらこちらから、少量の水が浸み出ています。湧き水と言うほどの水量ではありませんが、放置しておくといつも地面が湿気ていることになります。

 そこで、池を作って水を貯め、池の容量を超えた分を排水路に流すようにしています。私が掘ったのでは無く、私の祖母の時代から、いや、それより遙か昔から、そういうふうにしているのです。

 一番小さな池の泥掻きが終わって、現在、2番目の池を綺麗にしています。向かって右手のポンプで水を汲み出して、左手の鋤簾(じょれん)で溜まった泥と落ち葉を掻き出し、土嚢用の袋に入れていきます。

 鋤簾というのは、水を逃がす穴のあいた鍬のようなものです。鋤簾には、大きく分けて、2種類あります。砂浜で貝を捕るための漁具と、溝や水路を掃除するための農具です。グーグルで検索すると、様々な鋤簾の写真を観ることができます。漁具の鋤簾には、先に爪の付いたものが多いようです。

 最近の土嚢用の袋は、化繊の紐を編んだものがほとんどですが、それでも小さな穴があいているので、水を切るのに便利です。水を切って軽くなった土嚢は、土が流れた畑の法面(のりめん)に並べていきます。

梅雨入りしたので、雨を期待して始めた泥掻きですが、雨が降らないので、なかなか池に水が溜まりません。雨の降らない分、土嚢の水分が早く抜けてくれますが。

境内の紫陽花が満開です。雨が降らないので、水遣りをしています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西宮神社 | トップ | 孤独のグルメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。