名塩御坊教行寺

西宮市の真宗寺院 教行寺のブログ

〒669-1147 兵庫県西宮市名塩1丁目20番16号

西宮神社

2017年06月14日 23時53分59秒 | 日記

 5年ほど前に咽頭癌の手術を受けました。幸い、咽頭上部だったのと発見が早かったので、声帯まで切除する必要は無く、今もお参りに出ています。

 手術後、最初の1年は1ヶ月に一度、2年目は2ヶ月に一度といった具合に術後検診を受けてきましたが、5年が経過してからは、半年に一度の検診で済むようになっています。14日は、その半年に一度の検診の日でした。片道1時間かけて病院へ行き、30分ほど待って受診。PETなどの検査は1年に1度で、今日は、問診と触診だけでした。

 診察後、西宮神社まで足を伸ばしました。商売敵ですから、ここを訪ねるのは本当に久し振りです。

大きな木が多くて良い雰囲気です。

 こちらが本殿。浄土真宗は、弥陀一仏が宗旨ですから、親鸞聖人は、それ以外のものを拝むべきではないと考えておられました。しかし、同時に、聖人の手紙(御消息 ごしょうそく)には、「よろづの神祇・冥道をあなづりすてたてまつると申すこと、この事ゆめゆめなきことなり」ともあります。聖人は、神様をコケにすることも良くないと考えておられたと思います。

 私は、境内に無料で車を駐めさせていただき、穏やかな時間を過ごさせていただいたことに感謝して、相当額のお賽銭を投じて一礼してきました。

 綺麗な境内図があります。当寺にも、こういうのが欲しいですねえ。

 神社の由緒書です。

 今日14日は、御輿屋(おこしや)祭という祭りだったようです。詳細は、西宮神社の公式サイト(年中行事)を参照して下さい。これは、その祭りに用いられる御輿です。私が神社の人に、無知丸出しで、

「これ、子供用ですか」

と尋ねたというのは、ここだけの秘密です。

 境内を散策した後、近くの中華料理屋で昼食を摂って帰山しました。昭和の雰囲気たっぷりのお店でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝灯奉告法要終了 | トップ | 池の泥搔き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事