gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

貧女の一灯お照の墓2

2017-07-16 17:48:43 | 日記
天野の里のホームページによると下記の様な内容です。

高野山の奥の院に千年近くの間、光輝いている「貧女の一燈」と言われる
燈籠があります。
お照という少女が、自分の髪を売った金で養父母の菩提を弔うために献じた一燈です。
お照はその後、ここに庵を結び養父母の菩提を弔いつつ生涯を終えたと伝えられています。
天和二年(1682年)妙春尼により供養塔が建てられ、貞亨五年(1688年)天野の郷供僧、淨意が女人の苦しみを救うために、代受苦の行を十年間勤め、ここに碑が建てられました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧女の一灯お照の墓 | トップ | 西行妻娘宝篋印塔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL