マンガ家 高橋陽子の「がんばりましたね、 タカハシさん!」要潤にそう言われるのが夢なのです。熱血100チャレブログです

イラストレーター高橋陽子の熱血マンガブログ。お仕事依頼の連絡はtakayoko04☆yahoo.co.jpの☆を@に!

本郷会議「いけない企画の件」

2016-10-16 | ●東大野球部ボール投げの件

勉強とスポーツと両立している東大学生さんに、
どうやって今まで時間を使ってきたのかとか聞きたいなあ。
勉強と運動って、どちらも脳も体力も時間も使うし
どうやって、こなしてきたのかな〜?
東大に入れるほど勉強してきたのに
大学に入って野球ができる筋肉と体力残してきたんだからなぁ。

家事と仕事とか、
趣味と仕事とか、
時間をどうやって使おうか、
体力はどう分けようか、
みんな工夫してると思うんだけど
東大の野球部の人は
どうやって、ここまでやってきたんだろうね。

ボール投げを習いながら、
いろいろ聞いてみたいね。

私が本に書いた筋トレの話で
私は
懸垂したりベンチプレスとかできるになっていくけど、
その本の中に書いてある1番大事な事は、
筋トレの方法とかじゃないもんね。
(私の本は、二枚底だからね。
1回見ただけだとわからないかもしれないけど
ちゃんと読むと、いろいろ書いてありますぞよ)

ボール投げを教えてくれって言ったら
どう教えるんだろうなぁ?
どう組み立てていくんだろうなぁ?
そういう本が読みたいなー。

知りたいなあ〜。
想像がつかないけど、
面白い事言ってくれたらいいんだけどなぁ。

でも今は6大学野球大会期間中だし、
私もスイミング練習あるからね。

小学館とかどこかの編集部が本出してくれるって話なら
野球部に正式に相談に行けるけど、
どう考えても迷惑だよね。

東大野球部の人の
タイムマネージメント力と、
体力マネージメント力は、
知りたいなあ。

タイムマネージメント力を気にする人は多いけど
実際時間は24時間しかないから、
本当に必要なのは、(伸びしろあるのは)
体力マネージメント力よね。

あーそれにしても、
無理と言えば無理な話かー?

でも私が1番読みたい話を
私が書くのは、普通だしね。
キャッチボールができるって楽しいと思うんだな。
面白いことが起きないかなー。

⭐︎東京大学野球部関係者の方、
お兄さんが東大野球部に入っているとか、
息子が東大野球部だとか、
彼氏が東大野球部だとか、
自分が東大野球部だとか、
家庭教師代ぐらいの支払いで
ボール投げの
家庭教師してください。

私の本を読んだことがない人は
二枚底をぜひ読み解いてくださいね!
まあ一回読んでも ただの筋トレの本と思う人少ないと思うけど。
お時間あったら楽しく読んでくださいね。

☆☆
⬇︎この下に紹介してあるのは私の本です。


アマゾンでの注文は予約はここからね携帯用

アマゾンでのご注文はこちらから

50代からのお仕事探し
アタフタ日記


アマゾンでも買えます。リンクつなげました
近所の本屋さんとかでも予約してみたりしてね。


 
50歳前からのココカラ手帖

ホームページの表紙の封筒のマークをクリックすると
メール送れます!
高橋陽子のホームページ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーメイドと休憩! | トップ | 東大野球部の人にボール投げ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL