マンガ家 高橋陽子の「がんばりましたね、 タカハシさん!」要潤にそう言われるのが夢なのです。高橋陽子の秘密基地です

イラストレーター高橋陽子の秘密基地イラストブログ。お仕事依頼はtakayoko04☆yahoo.co.jpの☆を@に!

水泳大会まであと39日!闘志を持ってみる

2017-06-14 | ☆ビリ・ババ。水泳の話

水泳のレッスンは、1つのコースを何人かで泳ぐとき
後ろの人が前の人より速いと追いついてしまうので
スムーズに泳げるように速い人順に泳ぎます。
この並び順は皆「どうぞどうぞ」とか言って決めるのに時間がかかるんだけど
1番最初泳ぐ人はたいていすぐ決まります。
班長とかクラス委員みたいな感じです。
今日は3つのコースのサークルタイムはどれも同じだと言うので
どのコースにもレベルに差があったわけではないのだけど、
でも大体うまい人と中位の人と初心者の人となんとなくコースが分かれます。
これは自分で自分のレベルを決めて並ぶのでどこに並んでも構わないのです。
今日は1番初めに泳ぐ人だったから速く泳いでも前の人がいるわけではないので構わないので
1番速いと思っているだろうなって人に勝つように泳ぎました。
始めは私に気がついていなかったから簡単に勝てたけど、
最後は本気出されて負けてしまいました。
私は疲れて速く泳げなくなってしまって
あー、やっぱ松コースのトップは凄いなぁと思いました。
初心者コースでの戦いなので、すごいレベルのことでは無いのだけど
日頃グループレッスンで習っていない私なので
誰かと一緒に泳いで頑張りあうのは楽しかったです。
隣のコースの人の事を
隣で泳ぎながら見ていたら、
25メートルの競争するならプールの壁を蹴ってスタートしたらすぐ泳ぎ始めるのね。
私は蹴伸びをしてそれから泳ぎ始めるから
遅れちゃうんだなってわかって
そうしてみたら25メートルは速く泳げるようになりました。
ザッパがみたら、なんでそんな荒っぽいことやってるんだ!って言いそうだけど
隣のコースとその隣のコースのトップの人が私に気がついて
スタートをする時の雰囲気がだんだん本気になってきたので
ちょっと荒っぽかったけど頑張って泳げて楽しかったです。

今日はずっとクロールしか泳いでいなかったから、
大丈夫なのです。
バタフライと背泳ぎが問題なのです。

Twitterのアカウント
@takayoko04

☆↓私の本です



アマゾンでの注文は予約はここからね携帯用

アマゾンでのご注文はこちらから。パソコン用


↓ココカラ手帳もよろしくお願いします。
50歳前からのココカラ手帖

ホームページの表紙の封筒のマークをクリックすると
メール送れます!
高橋陽子のホームページ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだか何やっとんじゃその2 | トップ | 6月14日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL