アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

ケン・ウィルバーの日本の友人向けメッセージ

2011-03-26 07:55:08 | 究極というものの可能性
◎よりあなたを傷つけるが、より悩ませることはない

東北関東大震災を意識して、現代の覚者の一人ケン・ウィルバーが、日本の友人向けにメッセージを出している。

これは私の拙訳。
『人が悟りへの修行(Integral Life)を送ろうとすると、そのプロセスには常にアップ・ダウンがあるものです。統合的な認識があるということは、あなたには、より高い、より広い、より深い認識があって、それには、更なる展望、更なる注意、更なる関心、更なる愛(love)が付随している。そこで、大変な困難な時期にあってさえも、心を開いて、広く構えて、受け容れることが重要なことです。

このやりかたは、福島県でのトラブルにも求められる。この問題の潜在的な破壊的な性質には、その人の目を閉じさせ、その人の認識を狭くして、心から全てのことを押しだす傾向があります。このことがまさに我々がしてはならないことです。

閉じこもってしまう代りに、この強烈な恐怖の状況の下でさえ、心を大きく開いておくために、我々はオープンである必要があります。混乱の最中で、安定して穏やかに見つめることは、人を直接スピリットに関係づけさせ続け、本当に重要であることと究極の真実において人を固定します。

そのように、表面の現象は単に行ったり来たりし続けるでしょう。しかし、あなたは、すべての変わることのない根源と基盤と本当の自分に根ざしているままです。

表面の現象に対して、あなたが手伝うことができるものは何でもしてください、けれどもそれを見つめたままでいなさい(目撃者)、そうすれば、日々の現実である「よりあなたを傷つけるが、より悩ませることはない。」となります。

「よりあなたを傷つける」というのは、あなたがより感じやすく、そのことにより注意を払っていて、それで気持ちが一杯だからで、あなたはそれに背を向けたり隠れたりすることはできません。

しかし、「より悩ませることはない」とは、あなたが、それにとらわれることをやめたからです。つまり、「neti、neti(※ヨーガ・スートラ:想念が浮かぶつど、そうではないそうではないと否定を繰り返すこと)」または「これでもない、あれでもない」という状態にいることをやめ、全体的を見つめるもの(目撃者)であり続けるからです。

私の考えと祈りは、これらの困難な時期の間にあなた方全員とあります。あなた方が真の統合された自己に安らぎ、できる限り前進せんことを祈ります。

愛と光をこめて 

ケン・ウィルバー』

原文
Ken Wilber's Message to Japan
March 18, 2011 17:05

Hello to my friends in Japan,

As one attempts to live an Integral Life, there are always ups and downs in the process. To have an Integral awareness means that you have a higher, wider, deeper awareness, with more perspectives and more care and more concern and more love. So even when difficult times arise, it's important to keep the heart and mind open and wide and embracing.

This goes for the troubles in Fukushima prefecture. The potentially devastating nature of these problems has a tendency to make one close one's eyes, narrow one's awareness, push the whole thing out of mind. But that's exactly what we shouldn't do. Instead of closing down, we need to open up, to keep heart and mind wide open even under these frightening circumstances. A steady, calm Witnessing in the midst of turmoil keeps one directly related to Spirit, as Spirit, and anchors one in what really matters and what is ultimately Real. That way, the surface phenomena can continue to simply come and go as they will, but you remain anchored in the unchanging Source and Ground and real Self of it all.

Do whatever you can to help with the surface phenomena, but remain anchored in their Witness, so that day-to-day realities "hurt you more, but bother you less." "Hurt more," because you are more sensitive, more aware of them and let them all in, you don't turn away or hide from them. But "bother you less" because you have ceased to identify with them, remaining "neti, neti," or "not this, not that" but the impartial Witness of them all.

My thoughts and prayers are with you all during these difficult times. May you rest in the real and integral Self and move forward as best you can!

Sending much love and light, Ken Wilber



大災害にあって、人はそのあまりの悲惨さに、心をふさいだり、目を閉じたりしがちなものだが、そんな時こそ心をオープンにして、すべてを受け入れなさいと、ケン・ウィルバーは言う。

すべてを見つめる者、あらゆる惨禍の平静な目撃者になるのである。そこにしか人間の苦悩の突破口はない。

最愛の人をガンで失ったケン・ウィルバーだからこそ説得力がある。

「よりあなたを傷つけるが、より悩ませることはない。」とは、ケン・ウィルバーの平常心是道


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選り好みをしない-2 | トップ | 続瑞能神歌の真偽 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ファブレガス)
2011-03-26 12:15:25
悩み迷って生きているわけですから…

無明を照らす知慧、慈悲の言葉です。

ありがとうございます。
こんにちは。 (AZU)
2011-03-26 13:06:35
湖南さんこんにちは。
転載させていただいていいですか?
AZ殿へ (湖南)
2011-03-27 07:42:09
いつもありがとうございます。

恥ずかしながら転載OKです。
Unknown (AZU)
2011-03-27 10:59:37
ありがとうございます。いつも本当に感謝しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。