アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

列聖の御製

2006-01-09 06:15:51 | 古神道の手振り
◎神事がまず先

第84代順徳天皇は、「禁秘御抄」を著された(13世紀)。これは、皇室においてはまず神事を先にすることが伝統であることをお示しになったもので、その後重用されるノートとなっていく。禁秘御抄の冒頭に、「凡(およ)そ禁中の作法まず神事、後に他事」とあるので、皇室におかせられては、神事を先として、他の事を後にするという大原則があることがわかります。

そこで、そらみつ大和の国の天皇陛下の御製を拝し、恐れ多いことですが、どのようにその神事に向かわれるお気持を歌われたかを拝察してみたいと思います。カッコ内は、恐れながら大意つけました。

まずは、神道修行における御自らの心得を表明した歌。いずれも修行者としての真摯なお気持が述べられています。

後柏原天皇御製
神祇
ますかがみ影のうちにも忘るなよ心を照らす神にむかひて
(気持に影のあるときでも心を照らす神を忘れてはならない)

後桜町天皇御製

朝な朝な心のかがみみがきそへて 祈るまことは神やしるらむ 
(毎朝心の鏡を磨き添えて 祈るまことを 神は知るだろう)

次に御自らの中に神の鏡があると語られた歌。

長慶天皇御製
冬の御歌
星うたふ声にもしるしちはやぶる神の鏡はただここにます
(星を歌う声にもはっきりしている 神の鏡は自分のところにある。)

最後に民草が神の道をまた開くと述べられている歌。これについては、この解釈のとおりであれば、かなり画期的な御製であるように思います。というのは、それまでは、神事の第一人者は勿論天皇であったが、これからは民草も神事の道を開くのであるという、ひとつ違った展開が仄かに見えるからです。アクアリアン・エイジの始まりですね。

明治天皇御製

ちはやぶる神のひらきし道をまたひらくは人の力なりけり
(神の開いた道をまた開くのは人の力であったことだ)

人気blogランキング精神世界 ランキング目次
    1日1善。1日1クリ。



【御製でTB/リンクさせていただきました。】
こおろ、こおろ)() (antenna maker)() (RMK☆BLOG)()すたすた)()天野 翔のうた日記)()レイキヒーリング雅子)()ともっちのぶらり日記)()SOHO's blog)()よしなしごとをそこはかとなく)()ユメノ☆アリカ Rascal's running diary)()(★Berrychocolat★)()萬葉の言の葉)()ほうのしはい)()
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理想的自我モデルのない時代 | トップ | チャネラー達-1 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明治天皇の御製 (RASCAL)
2006-01-09 22:19:51
トラバどうもありがとうございました。

ただし、私のブログは、基本的に中年マラソンランナーのブログなので、読んでみてびっくりではなかったですか。

明治神宮には高校時代から初詣に行ってました。

当時初めて引いたおみくじの御歌が、

「あさみどりすみわたりたる大空のひろきをおのがこころともがな」でした。

単に、「大吉」とか、占いみたいなつまらないものと違って、当時の気持ちにど真ん中のストライクの御歌で、それ以降は毎年このおみくじを楽しみにするようになりました。
ありがとうございます! (masako Fuchimoto)
2006-01-09 22:24:09
コメント、TBありがとうございます。

書かれていることがとても参考になります。



改めて、臼井先生がレイキヒーラーとしての心構えとして大切だとお考えになっていたこと、いろいろの御製との共通点を感じました。

それゆえに明治天皇の御製を教えとされていたのですね。





RASCAL殿へ (湖南)
2006-01-10 05:21:58
コメントありがとうございました。



ランナーにもランナーズ・ハイがあり、メンタルコントロールがあるので、びっくりすることはありませんでした。いずれも精神世界です。



明治神宮もなかなか粋な御神籤を出すものですね。
masako Fuchimoto殿 (湖南)
2006-01-10 05:27:55
コメントありがとうございました。



臼井先生は存じあげませんが、恐れながら明治天皇のことは、前から興味を持っていました。

山岡鉄舟は明治天皇の侍従となってから修行が進んだという事実もあるし・・・。

御歌 (みなみな)
2006-01-13 09:22:55
初めまして

お宅の顔は、自らは見えないものです。

神のみぞ知るところでしょう。

ご安心ください

怪しいものではありません

みなみな殿 (湖南)
2006-01-13 21:47:20
自らの顔が見えていれば、オタクのままではありません。心ならずもオタクです。
教えてください 長慶天皇御製について (鈴木)
2008-11-18 14:49:14
ブログ拝見、ありがとうございます。

下記のすばらしい御製の出典をご教示賜れば幸いです。ご多用の中申し訳ありません。

長慶天皇御製
冬の御歌
星うたふ声にもしるしちはやぶる神の鏡はただここにます
(星を歌う声にもはっきりしている 神の鏡は自分のところにある。)

鈴木殿へ (湖南)
2008-11-19 06:02:40
これは、さる本の和歌を孫引きしたものと記憶しておりますが、その本にも出典の記載はなかったと記憶しております。というわけで、「さる本」については見つかりましたら、お伝えしたいと思います。
鈴木殿へ (湖南)
2008-11-30 08:09:01
長慶天皇には、長慶天皇千首があり、新葉和歌集にはこのうち52首がはいっているようです。

岩波文庫に新葉和歌集があり、今度調べてみましょう。

http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tyoukei.html#SP
お世話をおかけします。 (鈴木)
2008-11-30 16:47:48
ご多用の中、いろいろご足労をお掛け致し
感謝しています。なにとぞよろしくお願いします。
鈴木殿へ (湖南)
2008-12-06 19:04:22
判明しました。

出典は、五百番歌合(天授元年1375年)でした。

ではでは。
お世話をお掛けしました (鈴木)
2008-12-06 22:03:10
湖南様

お世話をお掛けし
有難うございました。
今後とも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
御歌 (お馬鹿さん!凸凹日記)