アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

天下道あれば

2017-08-09 05:26:34 | 道教
◎荘子外篇天地篇から

荘子外篇天地篇から。
『天下道あれば、万物と共に各々安んじてその生を得、
天下道なければ、徳を修めて隠退し、

千歳の後、現世を厭えば、
やがて天に上り、
かの白雲に乗じて上帝の在ますところに往くならば、病老死などの災患もなくして常に幸福である。』

荘子は、プラトンの言うところのイデア界で遊ぶことを至上として、この文でイメージしている。只管打坐なら絶対にそんなことは言わないし、白雲に乗って天上に往くなどというのは、密教的ありかたである。好んで白雲に乗って移動するのは出口王仁三郎も有名。

だが、人間である以上は、常に幸福であるなどということはあり得ないので、「天上に往く」などと洒落てみせる。

荘子で冥想といえば坐忘しかないが、このように世俗の会話にまぜて伝承させるしかなかったのは、中国社会で生き抜くことがいかに困難かの反証でもある。

現世を厭うとあるが、深山幽谷に隠退して、冥想修行したのは、好んで
行ったわけではあるまい。北魏や唐代などで何度か繰り返された破仏の時代には、真剣な求道者であればあるほど、山に隠れざるを得なかった。

宗教の自由を認めない現代中国も天下に道のない国。昨夜世界遺産・九寨溝でM7地震だそうだ。2008年の四川大地震(M7・9)では、テレビに道教のメッカ青城山が大きく揺れる様が見られ、ややショックだった。

四川は、道教の故地。山に隠れている人もいるかもしれないが、多くはあるまい。九寨溝の段々湖よりもそちらの方が心配だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甘くとろける「安い食べ物」 | トップ | 北朝鮮とアメリカの恫喝合戦 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。