アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

坐禅成就時

2017-05-16 05:08:27 | 丹田禅(冥想法8)
◎心身なきとき、たしかに知る、色即是空


江戸時代の禅僧至道無難は、白隠の先々代の師匠に当たる(至道無難→正受→白隠)。白隠と違ってその徹底ぶりは、見事なものがある。

至道無難の自性記から。

『六祖大師坐禅の次第。言句に及ばず有りがたきことなれども、童女の聞くには、及びがたき所あり。
予、御心を請けて、

坐禅

色々妄想起る時、つよく禅定にはいるべし。
清浄になる。
禅定の功徳なり。

坐禅成就時

心身なきとき、たしかに知る、色即是空、空即是色におちつく時、諸悪莫作、衆善奉行、疑い無し。』

六祖大師は、禅の六祖慧能のこと。彼の説は女子供にはわかりにくいところがあるという信者の話を請けて、無難が説明している。

クリティカルなのは、坐禅成就とは心身ないとしているところ。臨済系でありながら、道元の身心脱落を認めている。

その境地は、色即是空、空即是色であり、そうなれば善いことばかりを行い悪いことを一切しなくなる。

ここは俗人に対しては証明不可能なことだが、至道無難は太鼓判を押している。

冥想が社会を善くするというのは、まずはこの一点にある。まずはそれを本当だと思うかどうかにかかる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥義中の大奥義-1 | トップ | 天下に死霊ありて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。