アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

スマホを見ながら前を注意しないで歩く人達

2013-05-17 06:02:31 | 時代のおわり
◎現代人と自己催眠性トランス予備軍

人間が意識レベルを低下させる手法は明治時代でも多数あって、催眠性トランスみたいなものを引き起こす手段はいくらでもあった。出口王仁三郎のいう帰神は、深いトランスに持っていったところで、幽の幽=天御中主神を憑依させようというものであるが、類似した催眠術や降神術、降霊術などでは決してうまくいかないことを述べている。

まず容れものである対象の人物の適性、審神者のレベル、踏んで執り行うところのプロセス、手順(神界御制定の御規律)こうしたものが妥当であって、更に神界の御許しがないとダメと言っているので、簡単に考えてはならない。

いわんやいろいろな要因で、自己流の催眠性トランス(無意識に落ち込んで、目の前のものが見えていなかったり、ある人物の声にしか反応しなかったり、トランスで起こったことを記憶していなかったり)にはまっているようなケースでは、喜ばしからぬリアクションがあるのだろうと思う。幼児期から成長期でのテレビ・ゲームのやり過ぎでボディの臍付近に穴が開いている人が多いとも聞くが、そうしたことも誘因になっているかもしれない。

結局、無意識に引き入れるためのメソッドそのものには色がついていないこと、人間の悪意というものを今の文明では社会通念としてあまり問題だとは考えていないこと、テレビ・マスコミなど様々なレベルでの洗脳手法の氾濫など、そうしたいろいろなことが相まって、偶発的な自己催眠性トランスを多発させているのではないか。
最近多くなったスマホを見つめつつ人ごみを前に注意しないで歩く人達というのは、既にそうした催眠性トランス予備軍であるように思う。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダニエル書の予言 | トップ | メディテーション・コンプレックス »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TuTi)
2013-05-17 12:56:51
同感です
Unknown (千春)
2013-05-18 14:56:23
ここ15年近く思いますが、
都会を歩いている人びとの 視線は、回りをちゃんと見て歩いていないと感じるのですよね。携帯を持ちだしたらますます何も見ていないと感じるようになりました。
携帯の画面を見ている(主観?)のでしょうが、客観意識が全く働かないのでしょうと思います。自然の一部として存在感が実感できず、孤立しているように思うのです。
千春殿へ (湖南)
2013-05-26 06:31:07
若いとき、田舎に一か月くらい帰省して東京に戻って電車に乗ると人が多すぎて、誰に視線を向ければよいのかとまどうことがありました。都会は人が多いというのはまずあると思います。それの進化系が今でしょう。
初めまして☆ ̄(>。☆) (カミルレ)
2013-05-28 12:26:25
スマホしながら自転車こいで走っている人もいます。

スマホは便利でいまはスマホなしの仕事は考えられなくなりましたが...。しかしパソコンやスマホばかりみていると、確実に目は悪くなりますね。


カミルレ殿へ (湖南)
2013-05-29 03:35:22
初めまして
コメントありがとうございました。

そうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。