アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

空海の十住心論-1

2014-11-21 03:39:26 | ザ・ジャンプ・アウト
◎空海の十住心論-1
 
空海は、人間の意識の発展段階として、十住心論を掲げている。
住心とは、心のあり場所や精神のおきどころの思想・哲学ではなく、人間の意識レベルと存在レベルの発展体系のこと。冥想の縦軸、横軸という議論からは、十住心論は歴史的な社会の発展段階説でもあるので、縦軸のステップであるという見方も否定できない。

ここでは仏教十界説と並べて、人間の意識レベルと存在レベルの発展体系の特徴と狙いを考えてみたい。空海の十住心論は密教の世界観の伝統に従ったものであり、その中にアートマンも顕れる。

十住心論の10ステップは、十界説と1段階ずつパラレルの一対一の対応になっているのではなく、第一住心に、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の下位4界がまとめられていたり、更に菩薩段階から上が細かく分類されている、ちょっとデフォルメの効いた十ステップになっているところが特徴と言える。

デフォルメした狙いは、この論が、830年淳和天皇に命じられて編纂されたものであり、また真言密教が国家的にオーソライズされるために、真言密教が諸宗の冠たることを強調できるものに仕上げたということが考えられる。

しかし現代人にとっての課題を見るとすれば、第六住心以降の菩薩に相当する部分が最も必要性が高いので、その意味で十住心論の10ステップはとてもモダンな分類だと思う。

第一住心 
異生羝羊住心
牡羊のように性と食のみにとらわれ、本能の赴くままに生きているレベル
修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界に相当。いきなり、下位の4レベルがまとめられていて、十住心論は、上位に力点があることがわかる。

第二住心
愚童持斎住心
愚かな子供ではあるが、生活の規則に目覚め、人への施しに目覚めるレベル。
人間界に相当

第三住心
嬰童無畏住心
いまだ輪廻の世界にいるが、来世の生があることを知って幼子のように一時的に安らいでいるレベル
天界に相当

第四住心
唯蘊無我住心
ただ物のみが実在することを知って、実体として個人が存在することを否定する。声聞の教えは自分一人のための小乗のレベル。
声聞界に相当

第五住心
抜業因種住心
一切のことは因縁によってなることを自覚して、無知の元を取り除いて、ただ一人悟りを得る。縁覚のレベルに相当。

【チャクラと七つの身体-336】
◎アートマン-40
6.仏教 ◎空海の十住心論-1
(ザ・ジャンプ・アウト390)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身口意 | トップ | 空海の十住心論-2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ザ・ジャンプ・アウト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。