アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

久松真一の悟りの定義

2017-04-21 05:39:50 | 丹田禅(冥想法8)
◎内に向かってさえも求むるな

久松真一の悟りの定義
『さとり―― 悟あるいは覚――とは何かと問われるならば、仏教学者はそれを仏教古来の典籍の中に、禅学者は過去の文献の中に、おそらく対象知的に求めようとし、禅道家は打坐により、あるいは既往の禅の機縁により、主体的に求めようとするでもあろう。

しかしながら、さとりは過去の文献や機縁など、他に求められるものではなくして、即今、当処で直下(じきげ)に、人間そのものの本来の在りかたにおいて、自然法爾(じねんほうに)に自覚せらるべきものである。禅で、不立文字、教外別伝、直指人心、見性成仏といわれ、また、さとりは真の自己であり、他に向かって馳求するなかれといわれるのみならず、内に向かってさえも求むるな、求むればかえってそむくといわれるゆえんである。』
(無神論 久松真一/著 法蔵館P86から引用)

久松真一は禅家でありながら、自然法爾(じねんほうに)などと念仏家の用語も引いて悟りを定義してみせる。自然法爾をとあるポジティブな傾向の見方、あり方と安直にとらえれば、その時にそれはさとりではないだろう。

それを見ただけで語るのが十牛図第三図、そのものになったということでもなく、なにもかもなしが第八図、そして人間に回帰するのが第十図

それにしても見性、見仏、見神だけでは修行途上であり、本来危ういはずなのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歎異抄から念仏を始める気持ち | トップ | 北朝鮮の人々 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。