アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

キリスト教の天網恢恢

2016-10-18 05:04:18 | キリスト者の秘蹟
◎神に謙虚な心

これは、黄金伝説にある聖アントニオスの話。聖アントニオスは、泰西名画の題材として“聖アントニウスの誘惑”として盛んに取り上げられている人物であって、3世紀の砂漠の苦行者。

『ある時彼は幻視の状態に陥り、全世界が互いに網の目のようにつながった沢山のロープでおおわれているのを見た。

そこで彼が『おお主よ、このロープからのがれられる者があるでしょうか』と叫ぶと、「神に謙譲な心」という声が聞こえた』
(黄金伝説 1/ヤコブス・デ・ウォラギネ/人文書院P246から引用)

老子第73章の天網恢恢 疎にして漏らさずとは、禅の公案である因果は昧(くら)まずのこと。そこに対して、「神に謙譲な心」と応対するのは老婆親切である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孤独な鳥は至高へと飛ぶ | トップ | 自分の判断を疑わずに幸福感... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。