アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

白隠禅師坐禅和讃-3

2017-08-14 05:23:51 | 丹田禅(冥想法8)
◎自性すなわち無性にて

白隠禅師坐禅和讃の続き

『一座の功をなす人も 
積し無量の罪ほろぶ
悪趣何処にありぬべき
浄土即ち遠からず

かたじけなくもこの法を
一たび耳にふるる時
讃歎随喜する人は
福を得る事限りなし

いわんや自ら回向して
直に自性を証すれば
自性即ち無性にて
既に戯論を離れたり』

線香一本分の坐禅をする人であってすら、それまで積んだ無量の罪が滅ぶ。地獄、餓鬼などどこにあろうか、浄土はたちまちにして現前す。

かたじけなくも、こういうメカニズムを一度耳にして讃嘆随喜する人の、福を得ることは限りない。

ましてや、自分を振り返って、本来の自己を確認し得たならば、自性すなわち無性であって、もはや空理空論を脱却したのである。

十牛図でいえば、牛が本来の自己である牛。これが第八図では人も牛もない。

自性すなわち無性とは、アートマンとブラフマンの一如をいうが、ウパニシャッドでは、区別しているし、十牛図では、単純に一如とは言わない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラケルススの腐敗の意義 | トップ | 秘儀と偽パワー・スポット »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

丹田禅(冥想法8)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。