アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

朝鮮の予言

2017-03-19 05:43:55 | 時代のおわり
◎胡兵(東北地帯)の中国兵がやってくる

朝鮮の予言といえば、これ。

姜甑山の預言:
『将来日清戦争が二度あるだろう。初めは清国が敗れるだろう、二度目に起こる戦いは10年かかり、その結果日本は追われて本国へ戻るだろう。

また胡兵(東北地帯)の中国兵がやってくるだろうが、漢江以南は犯せないだろう。その時疾兵(病)が猛襲するが、米国は一指も動かさなくても容易に引き上げるであろう。』
(回天の聖者/姜甑山先生顕彰会刊から引用)』

出口王仁三郎は、海外の宗教と提携することが多かったが、その中でも特筆すべきは、中国の紅卍会と朝鮮の普天教の姜甑山。普天教は、霊界物語別巻入蒙記第四章微燈の影でも言及されている。

姜甑山は一流のクンダリーニ・ヨーギであって、その予言集は、水準に達している。

日清戦争は、明治に起こり、二度目の日清戦争は、昭和の初めの日中戦争を指す。この結果日本軍は、故国に退却した。

1950年の朝鮮戦争には、中共軍が北朝鮮の友軍として参加したが、この予言はそのことを言っているのではない。
中国軍の朝鮮侵攻を語っている。

朝鮮戦争の時には北朝鮮軍は、一時釜山目前にまで迫ったが、この予言では、ソウルを分断して流れる川である漢江以南を中国軍(東北部が主体)が侵すことはないとする。

要するに北朝鮮領内が戦場となるとみている。そうなると自国領内で核は使用しずらいので、生物化学兵器が使用されるだろうから、『その時疾兵(病)が猛襲』するとは、猛烈な生物化学兵器戦のことか。米軍は当然参戦するが、ほとんど戦闘らしい戦闘もなく、引き上げるということになろうか。

時しも3月の草木の芽吹く頃。日本の最終戦については、出口ナオ、出口王仁三郎には別の予言があるが、『3、4月』『8、9月』

朝鮮の動乱が日本に連動するかどうかは神のみぞ知る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を愛で慈くしむとも天地(... | トップ | 最澄の籠山 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時代のおわり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。