アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

ヨーロッパの身分の断絶

2017-04-25 01:03:33 | キリスト者の秘蹟
◎キリスト教が形成した社会

『肉食の思想(中公文庫) ヨーロッパ精神の再発見 鯖田 豊之/著 中央公論新社』のp98に、15世紀以降のことだろうと思われるヨーロッパ社会の階層形成模型図というのが出ている。これは、おそらく著者オリジナルのものなのだろうが、これを見るといろいろなことが、はたと手を打って思い当たるような図である。

これによると、ヨーロッパ社会の最上層から下に向かって、
1.僧侶
2.貴族
3.市民
4.農民
5.ユダヤ人
6.非ヨーロッパ人
7.動物

アラブ人とかアフリカ人とか中国人、インド人、日本人は、ユダヤ人より下であり、動物よりは上。これに対し、江戸時代は士農工商といえども実質は士と農工商と二分割だった大雑把さに比べると、ヨーロッパは厳しい横割り階層社会だった。

さらにヨーロッパは、近代になって、社会制度としてこうした階層区分がなくなった後も、こうした階層意識身分意識が抜けない。それは、イギリス貴族数の増加にも見られ、1830年頃には400家だったのが、700家にも増えていることからも察せられる。

ヨーロッパは、キリスト教を社会の頂点に置く厳しい横割り社会であるからこそ、無神論の疑似ユートピアとしての共産主義社会が出てきたのは、歴史の必然だったかもしれない。

今かの地は、英国とフランスのEU離脱の可能性に揺れているが、階層分断意識の厳しさは、個人における意固地さにも通じるところであり、欧州人の共通の気質としてわりと指摘されているところである。

そして中東からの難民流入は、今の階層意識のバックボーンであるキリスト教を脅かすものであるからこそ、深刻な問題なのだろうと思う。そしてそのことは表立って議論することはできない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリスト教と転生

2017-04-24 05:46:07 | キリスト者の秘蹟
◎肉食とペット

キリスト教では、人は輪廻転生せず、一回地獄に落ちたら、救済のチャンスなく、最後の審判の時に釜の蓋が開いて出てくるのが最後のチャンスみたいなものである。

この点は、地獄に落ちても弥陀の本願にすがれば救済されると説く仏教に比べて、キリスト教は、ひとたび道を誤ればノーチャンスである、極めて過酷な宗教であると安土桃山時代の民衆が感じたのはもっともなことである。

キリスト教は慈悲の教えと自称しながら、その実人に優しくない教えと16世紀の日本人には感じ取られたのだ。輪廻転生のない宗教は、信徒がより絶望に陥りやすいのだが、それはキリスト教はそういう風に作ってある(悟りに向かうために)ということなのだろう。

キリスト教では、人が輪廻しないのだから、動物も輪廻しない。人は死んで動物に転生することもないから人は死後動物になることもない。

だから、動物を殺して食べる肉食にキリスト教徒は抵抗がない。という風に論理は展開していく。

日本では、ペットは家族であり、ペットが病気やケガをしたからといって殺して食う人はまずいない。飼えなくなったら保健所に持っていく人は多いが、自分で殺す人はいない。

日本では人間と動物の間に断絶なく、キリスト教国では人と動物は断絶している。日本は、脱亜入欧でもそこまでは入れなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の民族性

2017-04-23 05:45:06 | 時代のおわり
◎情緒的で血の気が多く

日本人は、感情的な民族である、その上血の気が多く、同じ日本人同士でもすぐ殺し合いを始めることがある。

すぐかっとする情的な部分には一つの傾向があり、社会的あるいは精神的大義、つまり錦の御旗を与えた瞬間にその情的エネルギーは容易に糾合され得る。

ついこの間、戊辰戦争をやったことなど皆忘れているし、禁門の変で京都が丸焼けになったことも情緒的には忘れ去られている。

太平洋戦争では、東京、大阪、名古屋をはじめ全国の県庁所在地以下の都市が隈なく空襲され焼け跡となった。それは
夷狄たる米国の仕業であったが、すでに日本精神のうちに取り込み、尖鋭な反米民族になるのではなく、日本が日本をして国土を荒廃せしめたみたいに心理的な合理化を遂げて、日本人の心の中に取り込んでしまった。

日本人が真に理性の勝っていた民族ならば、今頃反米組織は大きなうねりになっていたはずだが、全然そうなってはない。それは、単純にアメリカの組織的洗脳が成功したということではなく、日本人の情の勝った気質が大きく影響していると見ざるを得ない。

戦時中は、鬼畜米英、八紘一宇のスローガンの下、天皇を現人神とする非科学的国家神道を国を挙げて護持し、仏教や各宗教各派に戦争協力をさせ、古釘に至るまで軍に供出させたまとまりの根源は、日本人の底流に流れる情のパワーの成せる業である。

出口王仁三郎はそういうところを見て取って、太平洋戦争は「外国人の手による祓い清め」などと、敗戦は日本は敗れるべくして負けたと見る。

欧米人は、よく他人と頭に血が上るほど論争しても、直後に感情的なしこりを残さないそうだが、そういうところは全く日本人と違う。日本人なら議論に勝てば相手の気持ちを気にするし、議論に負ければ不愉快なものである。

その辺が、欧米人から見たら、日本人は情的、情緒的と言われる所以なのだろうと思う。

既成の組織宗教は、妻帯の蔓延と僧自身の求道心の低下喪失により、日々地盤沈下し、戦後の無神論教育により、国民はほぼ無神論者となった。終戦直後の宗教者たちは、禅やカトリックでは生涯独身で過ごした者ばかりだったがそんなことさえ忘れ去られている。

悟りに至るパワーの一つのアングルとして、間違いなく情、感情は一つの雄である。禅のアプローチは情に訴えないので、日本はやはり土着の氏神、国津神、天津神から始めて、天御中主神に至るようなタイプのクンダリーニ・ヨーガでないとダメなのだろうと思う。

今回の北朝鮮ミサイル騒ぎは、江戸末期で黒船を騒ぐ気分もこういうものなのかというところがある。国民全体で気分を昂揚させれば、平和憲法も何のその、自衛の名のもとに、(今はだれも夢想もしていないが)軍人内閣が成立すれば世の立替立直しだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の人々

2017-04-22 06:43:30 | 時代のおわり
◎泰平の夢醒める

日本にいて、私は北朝鮮の人ですと名乗る人に会うことはまずない。中国で何十年も前に北朝鮮の人を見かけたことはある。

さて、今話題の北朝鮮の人の暮らしぶり。
2010年の「朝鮮総督府・封印された証言 趙甲済 洋泉社」を読むと、

・1995年からの5年で北朝鮮では数百万人の人が餓死した。

・戦後より日韓併合時代のほうが北朝鮮の人々の暮らしぶりは豊かだった。

・第二次世界大戦後、ずっと食糧不足の半飢餓が続き、1996年には1日500グラムの食糧消費に落ちたという。この結果、北朝鮮の人は韓国の人の身長より平均7から10cm低く、体重は15~20キロ少ない小人みたいな感じだという。

・日韓併合時代には強制収容所はなかったが、戦後強制収容所が作られた。


こうした生活環境で核開発してきたのだ。
北朝鮮の成人男性で身長160cmある人は少なかったようだが、その状況は今も変わらないのだろう。

有事となれば、ゲリラにも気をつけないと。

なんでも、日本は防衛も脆弱で、反撃してこないのがわかっているから真っ先に攻撃されるのだそうだ。

千年王国の時代になっても軍備はあるというのに、戦後70年の平和憲法下の泰平も、遂に曲がり角に来たのだろう。

なお北朝鮮の日本侵攻予言は見たことはありません。

内閣官房国民保護ポータルサイトのミサイル対策(弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A)を見て詠める

ミサイルは10分で着弾するのに電車でゲームに興じる人の多さよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久松真一の悟りの定義

2017-04-21 05:39:50 | 丹田禅(冥想法8)
◎内に向かってさえも求むるな

久松真一の悟りの定義
『さとり―― 悟あるいは覚――とは何かと問われるならば、仏教学者はそれを仏教古来の典籍の中に、禅学者は過去の文献の中に、おそらく対象知的に求めようとし、禅道家は打坐により、あるいは既往の禅の機縁により、主体的に求めようとするでもあろう。

しかしながら、さとりは過去の文献や機縁など、他に求められるものではなくして、即今、当処で直下(じきげ)に、人間そのものの本来の在りかたにおいて、自然法爾(じねんほうに)に自覚せらるべきものである。禅で、不立文字、教外別伝、直指人心、見性成仏といわれ、また、さとりは真の自己であり、他に向かって馳求するなかれといわれるのみならず、内に向かってさえも求むるな、求むればかえってそむくといわれるゆえんである。』
(無神論 久松真一/著 法蔵館P86から引用)

久松真一は禅家でありながら、自然法爾(じねんほうに)などと念仏家の用語も引いて悟りを定義してみせる。自然法爾をとあるポジティブな傾向の見方、あり方と安直にとらえれば、その時にそれはさとりではないだろう。

それを見ただけで語るのが十牛図第三図、そのものになったということでもなく、なにもかもなしが第八図、そして人間に回帰するのが第十図

それにしても見性、見仏、見神だけでは修行途上であり、本来危ういはずなのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歎異抄から念仏を始める気持ち

2017-04-20 05:32:09 | マントラ禅(冥想法7)
◎光明のうちに摂(おさ)めとられる

歎異抄のその1から念仏を始める気持ちの部分。

『あらゆるものを救わねばおかぬと御誓いなされた弥陀の本願の不思議な御はからいに助けられて、

浄土へ参らせていただけると信じて、御念仏を申そうというこころざしの起きたとき、

そのときこそ、もはや光明のうちに摂(おさ)めとって、捨てたまわぬ恵みにあずかっているのである。』
(親鸞全集 第1集 現代語訳 語録 親鸞/著 講談社P26から引用)

これは悪人は悪のままに、弥陀の本願にて既に救われているとは、時間のない世界のこと。ラーマクリシュナはすべての悪人の中にも神性を見たが、それと同様に、悪人であってもなべて仏性を有している。

すべてが救われている弥陀の本願に摂めとられるためには、この日常たる時間のある世界から、時間のない世界である弥陀の本願に入らねばならぬ。

その契機を念仏というマントラ・ヨーガが与えてくれるというもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本文化を破壊しようと狙う国

2017-04-19 05:43:55 | 時代のおわり
◎日中友好と後の祭り

半年くらい前に福島県内の仏像を多数破壊しまくった朝鮮人が逮捕されたというニュースが流れた。

そして今回は二人の中国人女性が、全国の有名神社仏閣を回って油のようなものを付けて回って全国に指名手配された。その対象となったのは、明治神宮、長谷寺、二条城、金峯山寺、橿原神宮、春日大社、唐招提寺、八坂神社、東寺、金刀比羅宮、永平寺、清水寺などなど軒並みにやられている。

これは、明らかに組織犯罪であって、中国が日本の宗教・文化・精神を「教科書問題」に引き続いて破壊しようと本格的に乗り出したものだと、人の好い平和愛好日本人でも気がついたことだろう。

相手は、他国の宗教を破壊するのには全く躊躇はない。なんとなれば、共産主義革命と文化大革命で、自国の宗教を徹底破壊したのに続いて、チベット密教を壊滅せしめた国だからである。チベット侵攻により、チベットで破壊された寺院堂宇は3千余と言われ、ダライラマは、約60年にもわたる亡命生活を余儀なくされている。

油をまいたら次は火をつけるのが定番。

出口王仁三郎が随筆集玉鏡で、「なづな七草 唐土の鳥が 渡らぬさきに」という古謡を挙げ、中国軍機が日本を空襲し、毒ガス爆弾を投下することを警告している。唐土の鳥とは中国軍機かミサイルのこと。その他にも中国軍機が大編隊で京都空襲というのもほのめかしている。

中国はその精神は虎狼の如しとは、戦前の右翼内田良平も見ていたところだし、旧ソ連もそう見ていた。

日中友好は結構だが、日本人も日本も、自国領土を侵される危険に気がついた頃は後の祭りになるのではないか、と今は、誰もが夢想と思うことを心配する。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

釈迦の争闘観

2017-04-18 05:48:31 | 究極というものの可能性
◎諸々の欲望を究めつくして、自己の安らぎを学べ

朝鮮半島有事前夜ということで、釈迦の争闘観を見る。

この中村元訳では、恐怖を感じたとしているが、ぞっとしていやな感じはするかもしれないが、釈迦が今さら恐怖を感じるほど我の立ち位置を失うことはあるまいと思う。

だが、釈迦は覚者らしく、自分が寄る辺ないことも述べている。世界が不定でないことも見ている。

そこで、彼は、その原因たる煩悩を解くには、欲望を捨てるのではなく、諸々の欲望を極めつくせと説く。

ものすごく迫力あるアドバイスである。

『一五、武器を執ること

九三五
殺そうと争闘する人々を見よ。武器を執って打とうとしたことから恐怖が生じたのである。わたくしがぞっとしてそれを厭い離れたその衝撃を宣べよう。

九三六
水の少いところにいる魚のように、人々が慄えているのを見て、また人々が相互に抗争しているのを見て、わたくしに恐怖が起った。

九三七
世界はどこも堅実ではない。どの方角でもすべて動揺している。わたくしは自分のよるべき住所を求めたのであるが、すでに(死や苦しみなどに)とりつかれていないところを見つけなかった。

九三八
(生きとし生けるものは)終極においては違逆に会うのを見て、わたくしは不快になった。
またわたくしはその(生けるものどもの)心の中に見がたき煩悩の矢が潜んでいるのを見た。

九三九
この(煩悩の)矢に貫かれた者は、あらゆる方角をかけめぐる。この矢を引き抜いたならば、(あちこちを)駆けめぐることもなく、沈むこともない。

九四〇 そこで次に実践のしかたが順次に述べられる。―――世間における諸々の束縛の絆にほだされてはならない。諸々の欲望を究めつくして、自己の安らぎを学べ。』
(ブッダの言葉/中村元訳/岩波文庫P203から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見神、見仏、見性の限界

2017-04-17 05:27:31 | ザ・ジャンプ・アウト
◎見性だけでは不徹底

昨日記事では、イエスは見神体験は有していたが、神人合一を得たのは十字架上だったという話を出した。

見神、見仏、見性とは、禅の十牛図でいえば、第三図見牛であり、全然最初のほうであり、その後の人生の送り方によっては、悪に陥ることすらある。

イレーヌ・マキネスという修道女が禅をやる話で、「禅入門 -カトリック修道女の歩んだ道/岩波書店」という本の中で彼女が、山田耕雲という在家の僧について禅修行をする。彼女は見性したのだが、それでは山田耕雲という人の悟境はどうかとネットを探すと出てきた。それによれば、いかにも白隠のそれに似たところがある。

江戸時代の白隠は、多数の出家・在家の弟子を見性せしめ世間的には評価の高いところであるが、なぜかダンテス・ダイジは、白隠を不徹底であるとして評価していないところがあった。

それはなぜか。見神、見仏、見性だけでは、いわゆる最終解脱ではないからである。禅の十牛図でいえば第八図の円相までいって届く。筆で円を描いたからといってその人が人牛倶忘であるということではない。

第三図の境涯しか持たぬのに人を指導してよいのかというところすらある。

ただし世間的には、見性した人すら極めて少なく、見性すれば悟った人と称して差し支えはあるまい。

そんな中、同じ禅僧でも至道無難は、見性だけの人の危険性を指摘しており、わかっている禅僧であると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター復活祭

2017-04-16 06:12:38 | キリスト者の秘蹟
◎イエスはいつ大悟したか

今日は、イースター。イエス・キリストの復活の祝い。肉体でなく、アストラル体での復活っぽいが、例によって現代科学で検証するすべはない。現代科学はそもそもアストラル体など認めていないので。

イースターと言えば、卵型のチョコがスーパーなど店先に並ぶのがキリスト教国の習いだが、日本ではまずあまりみかけない。

さてイエスはいつ悟ったかというのは問題である。超能力がばんばん使えたからといってそれは覚醒の証拠とはならない。

小学生の頃、旧約聖書を読んでいて、イエスが十字架上で、「わが神、わが神、なんぞ我を見捨てたまいしか」とつぶやくのを読んで、あれ、イエスは神の子なのに何を言っているのと不審に思ったものだ。

要するに、このつぶやきの時点で、人と神は別であり、神人合一は未だ成らなかったのだ。その後神と人との境目がなくなったと見るのが穏当な推理なのだと思う。

逆にイエスは、神の側の立場でなく、無力な一個の大工として、その愛のゆえに十字架にかかることから逃げなかった無私と勇気こそ、人として驚異的な生き様であったと思う。

釈迦成道では、最初四禅から入ったなどと実況中継よろしく解説する神秘家がいたが、イエスの場合は、西洋人向けには神秘主義からの解説は良しとされなかったのか、十字架上でのプロセスを解説するものは出ていない。

それにしても、イエスは、あれだけこの21世紀の危機の時代のことを「終わりの時代には・・・」とその生涯で語ったからには、その昇天による影響のターゲットは現代人に向けられていると考えるのが素直だろう。

彼は本当によくやったし、成功した。けれども一人の大工の影響力には限界があった。今一人ひとりが自分に向き合わないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えらまれし人のみ住める神の世

2017-04-15 05:50:39 | 古神道の手振り
◎古神道の至福千年

出口王仁三郎のいろは歌では、地上天国を描写する。

まず選ばれた人だけが生き残り、その人たちだけで社会を構成する。火の雨をくぐり抜けてきた人たちばかりだ。

戦いもなく、闇もなく、苦しみ迷うこともなく、飢え凍える人もない。

天は明るく地は豊かに、見る人毎に神心。
その時代に生きる人は、すべての人に神心が宿っている。

その神心はその時代に生き残っただけで、突然宿ったのか、相当期間の準備や冥想修業があってそうなったのかは議論のあるところである。

ともあれ現世がこのようであれば、あの世も澄み渡る。

『えらまれし人のみ住める神の世は、
戦ひも無く暗みも無く、
苦しみ迷ふ人も無く、
饑え凍えたる人も無き、
天明けく地豊に、
見る人毎に神心、
曲津の潜む蔭も無し。
齢も長く病無く、
眼涼しく顔清く、
現世幽界隔て無く、
澄み渡りたる世の中に、
残る身魂の楽しけれ。』
(瑞能神歌/出口王仁三郎/天声社P40から引用)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本文化は麻で成る

2017-04-14 05:45:04 | ソーマ・ヨーガ(冥想法5)
◎衣(ぬの)としての大麻

海外で大麻の規制が緩いせいか、日本でも大麻解禁を意図した本が時々出版される。

しかしどうも議論が、ためにする議論が多いように思う。

スピリチュアリストとしては、大麻と言えば伊勢神宮の「神宮大麻」というお札。大麻は日本文化の中核なのだ。

そもそも古代日本で衣類の素材は基本は麻(大麻)だった。絹と木綿はあるにはあったが、とても貴重な品である時代が続いた。庸や調で収めた布は麻だった。

木綿は大量生産が可能になった戦国時代頃から普及していった。

人間の生活は衣食住と信仰だが、15世紀以前は、日本の衣料の素材の大半は大麻だったのだ。貴重な衣服の材料だからこそ喫煙するなどという伝統は起こらなかった。

古神道は、チャネリングとクンダリーニ・ヨーガで成り、ソーマに類する物は用いないし、仏教に薬物冥想はない。

もし大麻喫煙の非社会性から大麻がタブー化されたなら、日本の意匠文化には大麻がなかったはず、布地のデザインでも木工芸でも「麻の葉」は最も多用されるモチーフなのだ。

戦後米軍がそうした文化への理解浅く、大麻を規制したのは、何も知らない寝た子を起こすようなものだったのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣伝、洗脳の賞味期限切れ

2017-04-13 05:37:09 | 冥想アヴァンギャルド
◎頭の中、心の中のロハス

情報宣伝あるいは洗脳の本質的な問題点は、一見納得させられた、了解させられた、思い込ませたことに成功したかに見えても時間がたつと、その植え付けられた認識は、当人の自然な状態に反するものだと元に戻ってしまうことである。

PR(パブリック・リレーションズ)という言葉を作ったのは、心理学者ジークムント・フロイトの甥エドワード・バーネイズというアメリカ人。彼は、1950年代に、グアテマラの左派政権下で、共産主義の恐怖を煽る宣伝工作を展開し、1954年の親米派クーデターの成功に一役かった。

『アメリカはパブリック・デイプロマシー (広報外交)の一環として、ハリウッド映画などを使った「ソフトパワー外交」を重視している。これは、アメリカの独善的な外交政策への批判をそらすための側面が強い。だが、アラブ諸国ではこのやり方はあまり巧くいっていない。やはり、本質的に批判されるべきものを覆い隠すことは一時的にしかできない。』
(プロパガンダ教本 エドワード・バーネイズ/著 成甲書房P244の訳者解説から引用)

偏った情報提供を的確に与え続けることにより、心理上にとある状況を作りさえすれば、人は世界の現状や国家の現状などについて、与えられた状況の文脈に沿ってしか判断しなくなる。これがPRの効果というもの。

PRあるいは洗脳は、その後継続的にそうした情報が与えられることがなければ、せいぜい3、4年でその効果は解けるものだと思う。

ところがあらゆるアングルからのPR情報があらゆるチャネルから入ってくる現代生活において、求道生活をするとすれば、そうした情報を遮断する心がけの他に、自分の気持ちを本来ある『大自然に憩わしめる』努力が必要である。

これが冥想ということになる。あらゆる洗脳が解ける3、4年は今のライフ・スタイルではいつまでたっても来ないし、衣食住だけロハスでも、頭の中、心の中がロハスでなければ、効果は半減である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菩提樹

2017-04-12 05:38:45 | 究極というものの可能性
◎至福のバイブレーション

釈迦は、菩提樹の下で成道した。

だがインドのバラモン達の、釈迦への嫉妬心はすさまじく、後にバラモン達は、その菩提樹を焼いた。だから今ブッダガヤにある菩提樹は、もともとの菩提樹ではないそうだ。

略2千年間、バラモン達にとって釈迦は商売仇にすぎず、人間苦からの解放とか輪廻からの解脱とか永遠の至福とかは問題にせず、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いで、聖なるバイブレーションを湛えた菩提樹は簡単に焼け落ちた。

さて、釈迦の菩提樹が焼かれる前に、菩提樹の運命を惜しんだアショーカ王は、その枝を一本剪り、娘のサンガミトラに託してスリランカに植樹させた。

インド解放後の20世紀になって、ネール首相はスリランカに頼んでその枝を一本返してもらって、インドに植樹したという。

釈迦には、舎利があり、それで仏塔が世界中に建てられているが、当の故郷であるインドでは仏教が滅亡して久しい。ただインドでは、精神的なものに価値があることを国民の一人ひとりが認めている世界でも稀な国。

悟りそのものは色も形もないが、覚者のバイブレーションは感じることができる。それを感じ取る人のための舎利であり、菩提樹である。そうした形はきっかけになるからこそ求められるものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心を観照する

2017-04-11 05:50:01 | 丹田禅(冥想法8)
◎心の外に出る

心を観照する場合、観照している自分をなくするのが、最後のテーマとなる。禅の十牛図でも最後は自分が消える。

西洋では、心を分析して理解しようとするが、分析する自分が残るなどということはお構いなしで分析する。どんどん玉ねぎの皮を剥くようなもので、分析の結果何も起こらない。だから西洋では覚者も狂人も等しく精神病院に入れられる。

東洋では気づきを大切にするので、覚者も狂人もおのずと違いを感得している。

発狂も心の外に出る。発狂とは心の崩壊であって、心が過度の緊張、耐えうる以上の緊張にさらされた人なら誰でも起こり得るし、人を動物の段階まで落とす。

一方覚醒は心の外側に出るが、究極の光明に居るところが狂人とは違う。

この時代全体が、徐々に感受性が深まっており、ストレス耐性が低くなっているので、発狂が起こりやすいのがこの時代の特徴だが、無限の光明は、漫然と暮らしていては来るまい。準備が必要なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加