SMILE FOR MY LIFE

夢のシベリア鉄道に乗ってユーラシア大陸横断の旅
74日間

第二子誕生

2017-06-13 13:53:05 | 日記
こんにちはなほやんです!!

随分とお久しぶりになってしまいました、、、

札幌に里帰りして早2ヶ月にもう少しでなろうとしています。

色々ありましたが、、、

2017年5月31日水曜日
午前8時29分
天使病院にて
無事男の子を出産しました〜!!

高田伊吹たかだいぶきです!
なんと3746グラムのビッグベイビーでした!!

里帰りした当初、
34週の時点で初めて病院に検診にかかった際先生から、

「あれ、、、?赤ちゃんがかなり下がっている。
緊急入院レベルです。
とりあえず来週まで絶対自宅安静を」

と言われてしまい、頭の中が真っ白に。

友達との約束も全てキャンセルし、なるべく自宅安静を心がけていました。

確かにお腹の張りも尋常ではないし、

薬に頼らないと今にも陣痛がきそうな感じでした

が、結局予定日の2日前にやっとでてきてくれま

した。

病院が歩いて2分のところにあってめちゃくちゃ近いので、とても心強かったです。

因みに私も同じ病院で産まれました!


31日の朝の四時くらいにいつもと違う定期的なお腹の痛みがあったので、間隔を測ってから病院に電話。

5時前には病院に着いて、母に付き添ってもらって陣痛室へ。

自分でいうのもあれですが、私は神のような落ち着きでもうそれはすごかったです。

そんな中、清乃を父に預けてきたのが気がかりだった母は苦しんでる私より娘を心配。

そのまま母の謎の世間話が炸裂。

呼吸法でいきみのがしを必死に試みる私。

午前6時半に軽快に退室していく母。

最後にかけられた言葉は薄さ100パーセントの「じゃあね〜」でした。

順調に子宮口も開き、7時半過ぎには分娩台へ。

今回は陣痛の痛さにも耐えられ、
比較的まだ余裕がありましたが、

中々破水しない、、、

そして、、、

遂に最後のいきみの場面!

足の位置や手の位置など指示がある中、
やっと破水!

助産婦さんから
「さぁ!思い切りふんばって!」

のサインで思い切りふんばると
今まで余裕があったのが嘘のように

「やばい!!!
死ぬほど痛い!!!
やばい!
死ぬ!!!」


心の中でアーメン!!

「そう!上手!硬いうんちを出すように!さぁ!!」

とにかく死ぬ!!痛い!!

「よーしもう一回!!」

「無理無理無理ー」

「オギャーオギャー!!」

「おめでとーございまーす!!」


い、い、いたい、、、
最後なまら痛かった、、、

でもよかったぁ〜
無事産まれてくれたぁ〜

ん、ん、ん、、、?
まだ痛い、、、産み終わったのにまだ痛い、、、


これって、、、後陣痛、、、??

産み終わった直後ですけど!!!


そして、、、我が子を胸に抱く。

清乃そっくりなんですけど!!でん!

胸に抱いている中

「はーい、胎盤でまーす!!」

お腹おされながらの後陣痛引き継ぎなまら痛い〜

抱いて感動どころじゃない〜

そこへお母様と清乃到着〜

清乃〜まま頑張ったよ〜

10ヶ月の間お腹にいた息子にやっとあえて、

頑張ってお姉ちゃんになろうとしてくれてる清乃を見て、同時に涙が溢れました。


検診では3200グラム程だった息子は、
3700グラムオーバーの超ビッグベイビーでした。
そりゃ痛いよね〜


六日間の入院期間に沢山の方がお見舞いにきてくれました。
本当にありがとうございました!!

同室だったゆきちゃんとゆうこちゃんも仲良くなれて嬉しかった。

東京はこれからかなり暑くなるので、
9月くらいに帰ります。

札幌楽しむぞー!!

これからも家族が増えた高田家を宜しくお願いします!









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご報告 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。