そんな本日の私

那覇&バンコク経由、ココロはいつも南向き!

6月17日 念願の「茶凡」さんへ

2017-06-17 23:07:41 | 美味しい話・食べに行く編

 

 早々と仕事に出かける夫を見送り

せっせと後片付けして自分も身支度。

早くから予約して、今日の日を

楽しみにしておりました。

お友達が車を出してくれて

福岡空港でピックしてもらい

高速に乗って約1時間、

みやま市に到着です。

 

 

走り出すお友達。

 

 

ここみたいよ、

「茶凡」さんです。

 

 

無機質な建物に寄り添う

緑やメダカの鉢が素敵。

 

 

青く輝くのは「みゆき」という

名前のメダカだそうですよ。

 

 

 

モノトーンと木の

シンプルなインテリア。

男前な中に

しなやかな感性。

 


                                                  (撮影:Mさん、ありがとう!)

 

緑を望む窓の景色が

絵のようで、素敵です。

 


                          (撮影:Lさん、ありがとう!)

 

そこに置かれたものも

素敵なものばかり

 


                                                 (撮影:Lさん、ありがとう!)

 

お料理への期待が

ますます膨らみます。

 

 

ゆったりとした大きなテーブル

に案内していただきました。

 

 

木工作家のご主人様の作品

が、いろいろ使われています。

 

 

スターターから

お野菜全開!

 

 

丸ごとトマトに胡瓜に

びわ、黄色いミニトマト、

すももが、新玉ねぎの

ドレッシングで爽やかなひと皿に。

 

 

あしらいの山帰来の

葉っぱが、盆栽の風情。

 

 

お野菜の味が

濃いのに驚きます。

 

 

茶器でサーブされたのは

南瓜とヨーグルトのスープ

アクセントはエゴマの実。

 

 

お次は焼き野菜の

カレーソース

 

 

ご飯かパン下さ~い、なお味。

 

 

キャベツと玉子のコロッケ

 


                    (撮影:Mさん、ありがとう!)

 

白いお皿に落ちる

影が愛らしい。

 

 

キャベツとゆで玉子

とほくほくおじゃが。

 

 

シメのようです。

 

 

煮物椀は牛蒡餅!

お出汁と大葉の

いい香り!

やさしいお味と思いきや

どれも意外にしっかり強め。

つるむらさきの葉

で包まれた玄米の

おむすびも添え

られています。

 

 

鉄瓶でお湯が運ばれ、ちほさんが

テーブルでお茶を淹れて下さいます。

 


                                                   (撮影:Lさん、ありがとう!)

 

八女茶の美しい水色と

ゆたかな香り。

 

 

ほうじ茶のチーズケーキ

と一緒にいただきます。

 

 

器も盛り付けもハイセンス。

 


                                                   (撮影:Lさん、ありがとう!)

 

お隣はご兄弟のお蕎麦のお店

で、こちらも人気らしく満席との事。

12月のご主人様の木工作品展

に合わせて、今度はお蕎麦のお店

「なな草」 さんの予約をしてきました。

 


                           (撮影:Lさん、ありがとう!)

 

余談ですが、待ち合わせ場所

まで乗って行った地下鉄の

車両の床にQRコード発見。

 

 

もしや、と思ってトライ

しましたが、読み込み

は出来ませんでした。

 

 

 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日その1 フラに行... | トップ | 6月18日その3 酸っぱい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。