ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

「再審請求中の死刑執行、許されない」人権団体が抗議(アワプラTV)

2017年07月14日 15時42分42秒 | 政治・選挙・憲法・平和
アワプラTVから転載します。

「再審請求中の死刑執行、許されない」人権団体が抗議

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2149

金田勝年法務大臣が13日、死刑囚2人の死刑を執行したと公表したことを受け、人権団体3団体が記者会見をし抗議した。安倍政権下では、第1次安倍内閣で10人、第2次、第3次安倍内閣で19人となり、通算29人となった。会見を行ったのは、死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90と監獄人権センター、「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの3団体。
 
監獄人権センターの海渡雄一弁護士は、岡山地裁で裁判員裁判による死刑判決後、自ら控訴を取り下げた住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=について、死刑をめぐる国際的な潮流は一審だけで確定するのではなく、上級裁判所で審査する、義務的上訴制度の導入が広がっており、国連からも勧告されていると批判。
2013年以来、裁判員裁判による死刑判決3件が、東京高等裁判所によって破棄され、その判断が最高裁判所によって維持されているが、住田死刑囚の事件は同じような判断となった可能性もあり、問題性が多いと批判した。
 
また京都、兵庫、島根の3府県で飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=については、「再審請求中であり、政府が死刑を執行することは許されない」と指摘し、再審請求中の死刑囚に対する死刑執行は、1999年12月の小野照男死刑囚に対する執行以来であり、大きな問題だと批判した。
 
死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90の深田卓さんは、死刑の判決が確定してから執行するまでの期間が、不公平だという議論出ていることについて、「とんでもない間違いだ。死刑そのものが不平等で、判決が出ている。不平等なものの上に乗っかった上で、執行自体を平等化してどうするんだ」と指摘した。
 
「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの柳川朋毅さんは、 九州豪雨で未だ多くの人が苦しんでいる中での死刑執行であり、「あの災害によって、日本の多くの人が人の死に思いをはせている。普通だったらこの時期に国家は人を殺さない。国家は人の命を助けるためにある」と憤った。

__________

以上転載


金田大臣が2人の死刑執行 再審請求中は異例(17/07/13)

https://www.youtube.com/watch?v=cRm5mY_l8Uo



ひどい!
ひどすぎる!



『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の思い出〜去年の6月の辺... | トップ | 沖縄・辺野古埋め立て:土砂... »
最近の画像もっと見る

政治・選挙・憲法・平和」カテゴリの最新記事