ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

普天間基地はグアムに移転するようだ

2009年12月04日 23時25分25秒 | 沖縄
メールで情報がいろいろ来てますね。
相模補給廠で爆発があったようです。
明日の新聞にでるでしょう。



ブログ 反戦な家づくり
普天間基地はグアムに移転するようだ
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/

以下転載させて頂きます。


以下転載__________________


こんなことが、報道されていないなんて・・・

GO@あるみさんのコメントで、宜野湾市のホームページに海兵隊が全部グアムに移転することが書いてあると紹介してもらい、超特急で宜野湾市に飛んでいったら(もちろんWEB上で)、これがあった。

普天間基地のグアム移転の可能性について

もっと詳しい説明は

市長説明資料

要点はひとつ

1996年の「SACO合意」から2005年10月の「日米同盟:未来のための変革と再編」までは、たしかに辺野古への移転が検討されていた。
しかし、2006年5月の「再編実施のための日米ロードマップ」で米軍の方針が変わり、沖縄の海兵隊が一体としてグアムに移転することになった。
ということ。

つまり、レジュメの冒頭に書いてあるように、

海兵隊のグアム移転が司令部中心というのは間違い。
沖縄海兵隊の主要な部隊が一体的にグアムへ移転する。
普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊も含まれる。


2006年以降、その方針通りにすべてが進行していることが、上記の資料で詳しく検証されている。
米軍にいてもらいたい自公政権と防衛省は、2006年から3年間、ひたすらこのことを隠し続けてきたのだ。

アメリカも、最後の最後にグアムに撤退するときに、最大限の「恩」を着せるために、徹底的に日本にプレッシャーをかけ続けてきた。

それにしても、こんなにも明確な事実が積み上がっているにもかかわらず、マトモに検討することすらされず、国民にも沖縄県民にもちゃんと知らされることもなかったとは!

心あるブロガーの皆さん
ぜひ、上記の宜野湾市の資料を、どんどん宣伝しよう
マスコミも無視できないくらい、広めよう

______以上転載_______________

沖縄・宜野湾市のホームページ
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/

「普天間基地のグァム移転の可能性について」_平成21年11月26日
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html


ニフティコム
「海兵隊は辺野古ではなくグアムへ返せる!」

普天間基地返還~在日米軍撤退のシナリオ~
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20091202-02/1.htm



人気ブログランキングへ←環境ランキングに参加しています。
戦争こそ、環境破壊です。クリックで応援、よろしくお願いします。  
いつも、ありがとうございます!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぴょん吉のバナーができない... | トップ | 相模総合補給廠の工事現場で... »
最近の画像もっと見る

沖縄」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事