ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

沖縄・辺野古訴訟、国が異例の意見書 最高裁に上告棄却要求(琉球新報)

2016年10月29日 10時55分18秒 | 沖縄
辺野古訴訟、国が異例の意見書 最高裁に上告棄却要求

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-384248.html

翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡り、国が県を相手に起こした不作為の違法確認訴訟で国は27日までに、県の上告を退けるよう求める意見書を最高裁に提出した。21日付。最高裁が弁論を開くか審理している段階で、意見書が提出されるのは極めて異例だ。

 国が提出したのは「上告理由書に対する意見書」と「上告受理申立理由書に対する意見書」。関係者によると、両意見書とも従来の国の主張でまとめられ、県敗訴を言い渡した福岡高裁那覇支部の判決の正当性を主張する内容だという。

 上告事件では通常、弁論実施が決まり答弁書の提出が求められるまで、上告された側が書類提出などをすることはない。

 県関係者は「求められていないものまで勝手に出して、国は相当焦っているのではないか」と述べた。

__________

以上転載


この国の異常さが伝わる記事でした。
そもそも、国が県を裁判に訴えて
さらに、最高裁に意見書を出すって意味不明なんですけど・・・


ジャンル:
植物
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北公園の散歩写真10枚 | トップ | 10月29日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

沖縄」カテゴリの最新記事