ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

「辺野古に代わる選択」米国に提言へ シンクタンク、米首都で7月12日シンポ

2017年07月12日 09時15分26秒 | 沖縄
沖縄には11月に行こうと思っていたのに、7月に行く事に・・・。
毎朝のようにツイキャスを見て、座り込み排除されるのを見ていると、
暑いけれど行かなければと思うし、カヌーの応援もしたいし。
羽田からANAで、7月24日から27日まで行く事にしました〜

7月24日は那覇のホテル泊、25日は名護の上の写真のホテルですが、
7月は予約がいっぱいなのか、海が見える部屋はありませんでした・・・。
しかも高い!もう行かれませんねえ・・やっぱり夏は避けたほうがいいですよん〜

今、石垣島や座間味島にも行きたいと思っています。久米島にもね〜
今年行かれるといいのですが、体力次第です・・・
辺野古に代わる選択です(笑)



以下転載_______


「辺野古に代わる選択」米国に提言へ シンクタンク、米首都で7月12日シンポ

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/110398

シンクタンク「新外交イニシアティブ」(ND)は12日、沖縄県の米軍普天間飛行場返還問題を考えるシンポジウムを米ワシントンで開く。NDがまとめた、米軍再編計画の見直し案や名護市辺野古の新基地建設不要論などを米国で紹介し、米政府・議会関係者、専門家らに政策提言する。シンポジウムで登壇するジャーナリストの屋良朝博氏が7日、沖縄県庁で会見し「日米交渉に影響力のある人に提言を届けたい」と話した。



NDは2月、「今こそ辺野古に代わる選択を」と題した提言をまとめ発表した。現行の米軍再編完了後に残る第31海兵遠征隊(31MEU)の拠点を沖縄以外に移すことで新基地建設は不要とした。一方、31MEUの任務の一つである人道支援に自衛隊が協力し、海兵隊に高速輸送船を提供することなどを提案、「現実的な解決をすべきだ」と強調している。

 12日のシンポジウムには、屋良氏のほか、東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏、弁護士でND事務局長の猿田佐世氏らが登壇する。猿田氏は「普天間飛行場の代替地探しではなく、米軍の運用に着目していることに(米側の関心を)引き付けたい。米国を通し日本政府に働きかけたい」と述べた。

__________

以上転載

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.07.09 アベヤメロ緊急集... | トップ | 勝手に、にくきゅう新党さが... »
最近の画像もっと見る

沖縄」カテゴリの最新記事