名栗さわらび隊の募集・案内と活動報告

森林整備等の活動への募集・案内と活動報告を掲載しています。
あなたも参加してみませんか?

名栗さわらび隊通信 山と緑の自主活動グループ 170708-09定例活動日の報告

2017年08月10日 20時08分48秒 | 活動報告

170708-09定例活動日の報告

★参加者数

 

男 性

女 性

初日

1

             0

1

2日目

2

0

2

 

 

 

★施主  「緑の募金交付金による事業」

★地権者 石井 早苗様

★活動場所・内容  飯能市上名栗 正覚寺山林

              植樹準備 坪刈り

★雑記

初日活動

 

 

写真1 初日の参加者

 曇天の朝。真夏日の猛暑になるとは、予想すらしていませんでした。明日の飯能市長選挙の投票所となる名栗地区行政センター分館ふるさと会館から植樹現場を望見し、これからの作業を構想しました。9時、中腹の歩行路が、ススキで覆われていましたので、移動しやすくするために刈り進めました。3年前、歩行路を作った頃に比べてススキの背丈が高くなったように感じられました。斜面の土壌が、肥えていることが想像できました。但し 植樹するときには、ススキの根が苗木を枯らしてしまわないように 注意しなければなりません。木陰を見つけては、涼を取りつつ歩きやすい歩行路とすることが出来ました。作業を終えてから「がりがりくん*」を、口にしました。こんなおいしいものを作ってくださったメーカーに 強い感謝の念を抱きました。(*赤城乳業製造 氷菓子 ¥75)

2日目>  

 8時、田中氏と合流し、リョウビの刈り払機を持って、現場に向かいました。昨日に続き今日も真夏日となりました。おやつに用意したチョコボールは、昼ごろには、板チョコに変わってしまいました。仕方ないので、冷蔵庫で板チョコにして、食べる結果となりました。田中氏には、歩行路の草刈をお願いしました。スロットルを微妙に調整しながら刈り進められていたので、一定の回転速度で、進めても良いと助言しました。12時、「がりがり君」を食べて作業を終了しました。

写真2 2日目の参加者

 

写真3 刈払機を操る田中氏

ヒヤリハット・にやりほっと

 ありません

 

道具の手入れ

 刈り払機の清掃

「事務局から」

 ・国土緑化推進機構から事業承認通知書が、届きました。

 ・緑の募金による捕植・名郷(上名栗)植樹プロジェクト」の参加費は、無料とします。

 次回のご案内

2017年(平成29年)8月19(土)~20日(日)

場所:上名栗 名郷 正覚寺裏山 

作業内容:植樹準備 坪刈り

全体リーダー:池西 治

参加費:無料


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170819-20宿泊を伴う森林整... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。