名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

<パワハラ>19歳自殺 会社と上司に7260万円賠償命令

2014-11-28 | 労働ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000087-mai-soci

◇福井地裁が父親の主張を大筋で認め、上司は1人に

 福井市の消防設備会社に勤務していた男性(当時19歳)が自殺したのは上司による暴言などパワーハラスメントが原因だとして、男性の父親が会社や当時の上司2人に約1億1000万円の賠償を求めた訴訟の判決が28日、福井地裁であった。樋口英明裁判官は、父親の主張を大筋で認め、会社と上司1人に計約7260万円の支払いを命じた。原告側の弁護士によると、未成年者へのパワハラと自殺との因果関係を認めた判決は全国初という。

 判決によると、男性は高校卒業後の2010年4月、消防設備会社に入社した。直属の上司だった男性社員(31)から「辞めればいい」「死んでしまえばいい」などと繰り返し言われ、うつ病を発症。12月6日朝に自宅で首をつって自殺した。

 男性は上司に指示され、「まずは直してみれば?その腐った考え方を」などの上司の発言をノートや手帳に記録していた。樋口裁判官はこのうち23の発言について「男性の人格を否定し、威迫するもの。典型的なパワハラといわざるを得ない」と指摘。会社に対しては使用者責任を負うとした。

 男性の父親は「判決は息子の名誉に関わる当然の結果。人殺しされたに等しい」とのコメントを発表した。

 会社側の弁護士は「上司が仕事の失敗などで叱っていたのは事実だが、パワハラには該当しない」と話し、控訴する意向を示した。【竹内望】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「死に損ないのブタ」「盗っ人」…凄まじき職場のモラハラの実態

2014-11-24 | 労働ニュース
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/141124/evt14112415100020-n1.html

「死に損ないのブタ」「盗っ人」…。職場で同僚女性から2年間にわたり暴言や暴力を受けたとして、大阪市内の衣料関係会社に勤務する50代女性が、同僚の60代女性に損害賠償を求めた訴訟の判決が11月、大阪地裁であった。暴言や暴力の一部は録音・録画の証拠もあったことから、地裁は請求の大半を認め、60代女性に165万円の支払いを命じた。言葉や態度による精神的暴力は「モラル・ハラスメント(モラハラ)」と呼ばれる。特に職場での同僚間のモラハラは、近年問題視されるセクハラやパワハラとは違って認知度も低く、企業側も対応を重視していないのが実情のようだ。

■誕生日祝う仲から一変

 判決によると、原告が大阪市内の衣料関係会社に入社したのは平成19年10月。きっかけは、少し前から同社に在籍していた60代女性が、社長に口添えしてくれたからだった。

 実は原告と60代女性は以前、別の会社でも一緒に勤務したことがある仲。60代女性は別にもう一人の女性も同社に引き入れ、3人でお互いの誕生日を祝い合うなど、しばらくは良好な関係が続いた。

 ところが、もう一人の女性が21年12月に退社。原告はそれまで60代女性の隣の席で仕事をしていたが、辞めた女性の穴を埋めるために別室に席を移した。それ以降、2人の関係は急速に悪化し始めた。

 「くさいの自覚してないんか、ボケ」

 「ほんまに臭いわ!何食べて毎日くさいねん」

 「死に損ないのブタ」

 原告は次第に女性から口汚い暴言を浴びるようになった。23年1月以降、勤務時間中はICレコーダーを懐に忍ばせ、トラブルがあるごとに携帯電話に内容をメモするようになった。当然、嫌がる素振りや抵抗もしたが、暴言が収まる気配はみじんもなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「こんなに仕事が多くては死んでしまうよ」夫の言葉が現実に・・・遺族が語る「過労死」

2014-11-16 | 労働ニュース
http://blogos.com/article/98807/

過労死や過労自殺を防止することは国の責務だとする「過労死防止法」が、11月1日に施行された。これを受けて11月14日、厚生労働省(東京・霞が関)の講堂でシンポジウムが開催された。


過労死問題に取り組む弁護士や、働き過ぎによって夫や子どもを亡くした遺族が登壇し、過労死の悲惨さを訴えた。


●勤務先ではなく「あの世」に行ってしまった


東京過労死を考える家族の会の中野淑子さんは、1987年の冬、公立中学校の教員だった夫をくも膜下出血で失った。夫は52歳だった。


「夫は、新しく赴任した学校で、3年生の進路指導資料や学期末の成績処理などを、自宅に持ち帰ってやっていました。英語の教科担当のほか、校務主任などの活動もとても多く、『こんなに仕事が多くては、死んでしまうよ。でも1年間は我慢するか』と、困惑した様子で話していました」


夫の「死んでしまうよ」という言葉は、9カ月後、現実になった。


「くも膜下出血を発症する直前は、疲れ果てて、娘に手を引っ張られてやっと起きる有様でした。ふだん愚痴など言わない夫が『登校拒否の生徒の気持ちがわかるなあ』と言い、ぐったり椅子に崩れこむことが多くなりました。


そして12月22日の朝、『あと2日頑張れば冬休みだ。自分を励まして行くかー』と言って家を出て、学校ではなく『あの世』に行ってしまったのです」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知北FM パワハラ事件 第1回口頭弁論の期日が決まりました。

2014-11-13 | 活動日誌

先日、当ユニオン組合員の大薮豊数さんが、提訴をしたことをお伝えしたかと思います。

http://blog.goo.ne.jp/nagoyahokubuseinen-union/d/20141015


その第一回口頭弁論の期日が決まりましたので、お知らせいたします。

12月18日 10:00~

名古屋地方裁判所一宮支部302号法廷です。

地図はこちら。http://www.courts.go.jp/nagoya/about/syozai1/itinomiyasibu/index.html


沢山の方の傍聴をおねがい致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長時間労働減らす改革を 過労死防止法施行受け遺族ら京都でつどい

2014-11-12 | 労働ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141109-00000044-san-l26

過労死・過労自殺を国の責務で防ぐ「過労死等防止対策推進法」の施行を受け、法律の制定を求めてきた遺族や弁護士らが8日、京都市中京区の京都弁護士会館で「過労死を考える京都のつどい」を開いた。

 過労死防止法は今月1日に施行。対策を進める大綱の策定を国に義務づけたほか、11月を過労死等防止啓発月間と定めた。月間に合わせて全国28カ所で順次、シンポジウムが行われる予定で、京都のつどいは関西最初の開催となった。

 つどいでは「全国過労死を考える家族の会」代表、寺西笑子(えみこ)さん(65)=京都市伏見区=が講演。過労自殺した夫の無念を晴らすために10年間続けた活動を振り返り「過労死は、まじめで責任感の強い人ほど被災する理不尽な死だ」と指摘した。

 また、過労死防止法の制定に至った経緯を紹介。「長時間労働を減らす改革をすることが私たちの責任。働く人も意識を変えてほしい」と訴えた。

 続いて古川拓弁護士(京都弁護士会)が法律の内容を解説。「過労死の実態は必ずしも十分に把握されていない。法律の中でそうした現状を認め、国と地方自治体の主体的な責務を明記したことが特徴といえる」と述べた。

産経新聞
コメント
この記事をはてなブックマークに追加