名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

36協定を締結せずに残業させたら罰則があるってホント?

2017-06-18 | 労働ニュース
残業するのは当たり前、と思っている方も多いと思いますが、実は労働基準法では法定労働時間は「1日8時間・週40時間」と定められており、原則としてこれを超えることはできません。
残業を命じることができるのは、雇用契約書などに定めがある場合に加えて、「時間外・休日労働に関する協定届」(通称36協定)を締結する必要があります。
では、この36協定を締結せずに会社が従業員に残業を命じていた場合、どのような罰則が科せられるのでしょうか?・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育教師「首から汗だくだく... | トップ | 「解雇の金銭解決」が労働者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。