名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

家賃補助・住宅手当か、交通費負担か 従業員ファーストなのはどの手段?

2017-05-05 | 労働ニュース
福利厚生には法で定められたものから、会社独自のものまでさまざまです。当然、従業員の福利を目的としたものですが、手当の場合、支給方法によっては従業員の税負担の増加などデメリットとなる場合もあります。

家賃補助や住宅手当と交通費の負担、従業員にとってどちらが得なのか、それぞれの制度についてメリットやデメリットなどを考えていきます。

■さまざまな福利厚生があるなかで、金銭的な補助になるもの

福利厚生は、従業員の就業意欲や愛社精神を培っていくことも目的としています。例えば、スポーツ施設と法人契約を行い、従業員に割引料金で使用させることができるもの、従業員の自己啓発のための講座受講料金を一部負担するもの、休暇を充実させるためにリゾート地の保養所を提供するもの、旅行代金を一部負担するものなど多岐にわたります。

賃貸住宅の家賃の一部を会社側が補助する住宅手当や、遠方に自宅がある従業員が自宅から職場に通勤できるように高額な交通費支給も福利厚生となります。なかでも、交通費や住宅手当などは従業員に対する金銭的な補助にあたります。

■住宅関連か交通費か?どちらを優先すべきか

通勤ラッシュなどにより従業員が疲弊することを防ぐための福利厚生を実施している会社があります。例えば、会社の近隣に住めば住宅手当を加算するなどの措置です。会社は大都市の中心にあることが多く、家賃相場も高・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大量定年 九州で教員争奪戦 | トップ | 笑いごとじゃない「ロボット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。