名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

「政権べったり」読売新聞が――二大業界団体のトップに就任(選択出版)~パワハラ

2017-07-16 | 労働ニュース
 新聞の業界団体、日本新聞協会の事務局でのパワハラ問題が明るみに出た。告発された事務局長は「以前から問題があったがうやむやにされていた」(業界関係者)というから、国内有数のメディアが参集する組織としては極めてお寒い。協会のゴタゴタと同時に、もう一つの業界団体、日本記者クラブも注目を集める。
 五月に新理事長として選任されたのは、読売新聞グループ本社の取締役論説主幹である小田尚氏だ。問題は、新聞協会の会長も同じ読売の白石興二郎氏が続投することが決定しており、両団体のトップが読売で占められることだ。一九九〇年代以降をみると、読売、毎日、朝日新聞に日本経済新聞の出身者を加え、新聞協会長と記者クラブ理事長の出身媒体は異なるのが常だった。唯一、二〇一一~一三年に両者とも朝日出身者になった時期があったが、これは同年春に「読売の内山斉氏が突如として新聞協会長を辞任するというアクシデントがあったための、やむを得ない処置だった」(前出業界関係者)。今回も、読売の白石氏が異例の続投となったことが原因といえるが、「そうであれば記者クラブ理事長は他社に回すべきだった・・・・続きはこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「上司に毎日怒鳴られた」 ... | トップ | 「パワハラ」の証拠、録音で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。