名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

弁護士の懲戒歴を調べよう ---

2017-04-21 | 労働ニュース
昨今は、ネット上で過去に懲戒処分を受けた弁護士を調べることができます。「弁護士 懲戒」で検索したサイトで弁護士名を入れると懲戒内容まで出てきます。

仕事柄、私はよく「弁護士の〇〇さんってご存知ですか?大丈夫でしょうか?」と知人に尋ねられることがあります。全く知らない弁護士の場合、「サイトで懲戒歴があるかどうかお調べになってはいかがですか?懲戒内容まで書かれているので、それを見て判断してください」と答えるようにしています。

これはあくまで私個人の経験の範囲内ですが、依頼者や顧問先の信頼を裏切って懲戒処分を受けた弁護士は、同じことを繰り返すことがとても多いのです。先般も、7回目の懲戒処分を受けた弁護士がいました。元判事で私が修習生だった頃に家庭裁判所の上席判事だった人です。

なぜ同じことを繰り返すかというと、懲戒処分を受けたことがわかると顧問契約がほとんど解除され、新しい依頼者が激減します。それだけでは済まず、過去の事件の相手方が過去の依頼者に「あの悪い弁護士を雇ってズルをしたんだろう!今でも俺は納得していない!」というようなクレームを付けにいくこともあるのです。

会社をリストラされた従業員が当時の会社の顧問弁護士が懲戒処分を受けたと知って「会社はやっぱり悪徳弁護士とグルになっていた。今から会社に文句を言いに行く」と息巻いていました。リストラは10年以上前のことなのに、人間の恨みや屈辱感は決して消えることがないのです。

こうやって、弁護士は懲戒処分を受けると、現在だけでなく過去の依頼者にまで迷惑をかけることがあるので、ますます・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「転勤なしで高給料」の会社... | トップ | 客の口座から300万円引き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。