名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

職場うつの一因…“クラッシャー上司”の正しい対処法

2017-05-11 | 書籍コーナー
ビジネスマンのうつ。その一因となっている “クラッシャー上司”という存在をご存じだろうか? 自分の行いを善であると信じ込み、部下のミスを執拗に責め、暴言を吐き、うつや休職に追い込む上司のことだ。

もし、自分の職場にクラッシャー上司が現れたら…? そんな時のために、クラッシャー上司の実態や逃げ方をきちんと学んでおこう。

「クラッシャー上司は、悪気があって厳しくしているわけではない」。そう話すのは、『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(PHP新書)の著者で、“クラッシャー上司”という言葉の名付け親のひとりでもある、筑波大学大学院 医学医療系教授の松崎一葉さん。

※もうひとりの名付け親は、元・東京慈恵会医科大学精神科教授の牛島定信氏
クラッシュされる側の部下にも問題アリ?パワハラやクラッシャー上司が減らない理由
そもそもなぜ、クラッシャー上司が現れるのだろうか?

「クラッシャー上司になるような人は、実際、業績も上げているし、能力もある場合がほとんど。そのため、『俺の言う通りにしろ』と、強気になります。若者がアイデアを出しても、耳を貸さず、自分と同じやり方を強要するのです」(松崎さん、以下同)

先述のように、クラッシャー上司本人は・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下請けへの支払い不当に減額... | トップ | 「スタッフサービス」個人情... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書籍コーナー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。