名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

よりよい職を求める労働者と設備投資に大きな動きが見え始めた

2017-06-30 | 労働ニュース
シンカー:政府の働き方改革の推進もあり、企業は賃金の引き上げや待遇の改善に取り組み、既に職を持っている労働者のよりよい条件の職を求める動きが活発になっている。5月の失業率のリバウンドはよりよい職を求める労働者が増加したテクニカルなものであり、新規求人倍率が急上昇していることからみても労働需給がかなり引き締まっている状態に変化はなく、6月の失業率は低下する可能性がかなり高いだろう。失業率が異次元である2%台に再び低下し、正社員の有効求人倍率が1倍を越えた段階で、企業の人材争奪戦が明確になり、賃金上昇は加速していくとみられる。よりよい職を求める動きによる失業率の一時的な上昇は・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「同一労働・同一賃金」の実... | トップ | 倒産やリストラも…東京ビッグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。