名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

「心身に支障をきたす」と感じる1か月の残業時間は平均46時間 "過労死ライン"を大きく下回る結果に

2017-07-11 | 労働ニュース
日本労働組合総連合会は7月7日、働き方に関する「36協定に関する調査2017」の結果を発表した。調査は6月6~8日、20~65歳で働いている男女1000人(自営業・自由業・パート・アルバイトを除く)を対象にインターネットで行った。
残業が最も多い業種は「運輸業」「金融・保険業」
働く人の62.5%が「残業を命じられることがある」と回答している。特に20代男性では80.6%に上るという結果が出ている。
「自身の心身の健康に支障をきたすと感じる1か月の残業時間」を聞くと、最も多かったのは「30時間未満」(38.2%)と過労死ラインの80時間を大きく下回っている。「80~100時間」(7.9%)、「100時間以上」(7.1%)という人は合計15%で、平均時間は46.2時間となる。
実際の1か月の平均残業時間は22.5時間。1日約1時間程度の残業だ。「10時間未満」(40.2%)が最多ではあるが、「60時間以上」という長時間勤務も6.9%いるようだ。・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原告女性「彼を注意する上司... | トップ | 政府が目指す「最低賃金1000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。